【フォレスターはスポーティ? ブラバスはポルシェ!?】 目立たないけど乗るといいクルマ 4選


 5月31日ご紹介の記事「【タイプR スイスポ A110…】 走りのよさ? 楽しさ?? 「人馬一体感」ってなんなんだッ!!?」

 この取材中、インプレッションを依頼したレーシングドライバー山野哲也氏が昼食時、カレーを食しながら「スマートブラバスがいいんだよ、乗ったことある?」と聞いてきた。しかし、である。

「…………」。

 話を振られた編集者A・B、スマートブラバス未試乗……。自動車専門誌の編集者ながら何ともお恥ずかしい……。しかし、ならばスマートブラバス含め評論家おススメのクルマに試乗してみようぜ! ということにあいなった。

 用意したクルマは下記の4台。ブラバス以外のクルマをオススメしてくれたのは自動車評論家・レーシングドライバーの松田秀士氏だ。今回の指南役もお願いした。

 気づくと新車選びの候補から外れてしまいがちな実力車を、あらためて検証してみたい。果たして編集者A・B、4台クルマの魅力をちゃんと堪能できるのか!?

●エントリーリスト
・レクサス UX 250h バージョンL
・ホンダ インサイト EX
・スバル フォレスター アドバンス
・スマートブラバス forfour Xclusive

※本稿は2019年7月のものです
文:ベストカー編集部/写真:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■「CH-Rのウィークポイントを全部埋めたのがレクサスUX」

●レクサス UX250h Version L(価格:535万円)

デビュー直後は注目されたが、現状はやや落ち着いた感あり。本企画で再加速なるか

編集部A ではまず私はレクサスUXを。

松田秀士(以降:松田) どうぞ。第一印象は?

A アレ? 思ったよりアシが硬いですね……。もっとフワフワしている印象があったんですけど。

松田 なぜかっていうと、重さだね。なんせ4人乗ってるから(笑)。ショックアブソーバーがバンプラバーに触っちゃっているんですよ。だから、ボーンと突き上げがあるわけですよ。

編集部B 底突き寸前ってことですか?

松田 大人4人の重さでかなりプリロードがかかったような状態になってる。余裕がないから、段差を超える時にバンプラバーを触っちゃう。

●乗り心地と静粛性リア周りを中心に改良が加えられたUX

TNGAプラットフォームはリアからロードノイズが入ってくるが、それを見事に抑えた。C-HRに比べて静粛性と乗り心地がよくなっている。ナビ周りも非常に秀逸だ

A じゃあ次はエンジンパワーを……。エコ、ノーマル、スポーツはあんまり違いを感じないですね。一番速いスポーツプラスは……お、レスポンスよくなりましたね。

松田 ハイブリッドでもエンジンって重要で、2Lエンジンを積んでるからC-HRとかの1.8Lと比べてもパワーに余裕がある。

エコとスポーツプラスでけっこう差があるけど、コレでイイと思うよ。僕なんか普段エコモードで走る。エコに挑戦って感じで。

A ゲーム感覚ですね!自分のクルマと比べると、快適だなぁって感想です。

B (感想薄っす)

A C-HRとの違いってほかにありますか?

松田 アシがほんとよくなったよ。静粛性もよくなって、音の質が変わった。低周波は消しきれてないけど、高周波をカットできてる。

B 後ろで聞いてても静かですよ。

松田 おっ。わかる?

●レクサスUX250h 採点表(各項目左から松田氏、B、Aの採点・5点満点)
・エンジンのパワー感…3.5/4/3
・ハンドリング…4/4/4
・ボディの剛性感…3.5/4/4
・室内の質感…4/5/4
・乗り心地…4/4/4

■「スバル フォレスターは実はスポーティなクルマ」

●スバル フォレスター(価格:309万9600円)

ターボがなくなり「華がない」と言われがちな現行型。e-BOXERの魅力を探ります

A じゃあ次、フォレスター乗っちゃいます。大きいなあ(笑)、室内も広いけど。

松田 特に後ろに乗った時に後ろのスペースが広くて、圧迫感がない。このクルマは窓面積がすごく広い。運転席もサイドミラーがドアマウントなのも評価できる。横方向の視界がAピラーマウントと比べてよくなる。スペースのありがたみを感じるクルマだね。後ろの乗り心地素晴らしい!

A スタートしますね……、ハイブリッド感ないなぁ。

B ターボなくなっちゃったしねぇ……。

松田 でもこの2.5Lエンジンは下からのトルクあるからね。e-BOXERのいいところは、多人数乗車で重くなっても極低速域でグッとトルクが出せる。これはターボにもできないことだよ。

●後ろに乗った時の心地よさが素晴らしいフォレスター

足もとのスペースを含め、後席の快適さは特筆に値する。窓面積が広く、開放感も抜群。細かいところまで使い勝手にもこだわっている。非常に真面目に作られたクルマだ

A アシ、柔らかいですね。乗り心地がいい。

松田 ちょっとクルマを左右に振ってみて。

A …アレ?

松田 わかった? 横Gが強いでしょう。実はロールが少ないクルマなんだよね。しかもちょっとハンドル切ったらすぐ曲がったでしょ。意外にもサスペンションが硬い、スポーティなクルマなんだよ。

A・B エーーーッ!?

松田 スバルって応答性を追いかけちゃうのよ。柔らかいと感じた原因は、タイヤ。扁平率が高いでしょ? タイヤで衝撃を吸収させてるわけですよ。

マツダ3もサスをスッキリ動かしたいから、最初にタイヤを潰して、その後にサスを動かす。タイヤでガラッと変わっちゃう。高いOEMを履くしかない……。

A・B キツいですね!

●スバル フォレスター アドバンス 採点表(各項目左から松田氏、B、Aの採点・5点満点)
・エンジンのパワー感…3.5/3/3
・ハンドリング…3.5/4/3.5
・ボディの剛性感…5/4/4
・室内の質感…3/3/3
・乗り心地…3.5/3/4

次ページは : ■男4人が乗っても加速俊敏。トゥインゴが「ポルシェ964」ならブラバスは「993」だ!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ