日産の伝説の名車 R32GT-Rの皮を被ったR35に会いにいく!!

 今年1月の東京オートサロン。そこで世界に衝撃が走らせた1台がチューニングショップの名門「トップシークレット」の製作した「VR32」だろう。

 R32スカイラインGT-Rの外観はそのままに、メカをすべてR35にスワップした1台。そんなぶっとびマシンを自動車評論家が見たらどう映るのか? 

 無類のメカ好きジャーナリスト鈴木直也氏が実車をトップシークレットで見てきた。

文:鈴木直也/写真:中里慎一郎


脳内混乱から始まったR32との初接近

 トップシークレットという伝説的なチューニングショップをご存じだろうか? 

 チューニング業界では最高速ひと筋の、スモーキー永田こと代表の永田和彦氏の存在は有名だ。そんなトップシークレットが凄いマシンを作った。

 そこでメカにはうるさい自動車評論家、鈴木直也氏に実物を見にいってもらった(編集部)。


 チューニング業界ではエンジンスワップは珍しくないけど、トップシークレットのR32GT-Rには正直ぶったまげた。

 一見すると、ちょっとだけフェンダーがワイドに加工されてるくらいで「お、程度のいいR32ですなぁ」って印象なんだけど、どーも雰囲気がタダモノではない。

 なんといいますか、ボディのなかに詰まってるメカニズムの”密度感”とでも申しましょうか。

 ノーマルR32GT-Rが持っている「ある種の軽快感」ではなく、なにかヤバイものをぎゅっと凝縮した「凄みのある質量」を感じるわけです。

 その危険な雰囲気はディテールにもちらほら見え隠れしていて、たとえばボンネット上のNACAスクープや、18インチのOZホイールから覗くブレンボのキャリパーなんかに、その正体をあばくヒントが与えられている。

 「なんかこのR32GT-R、ヘンじゃない?」

 勘のいいクルマ好きなら、もうたまらず近くに寄ってあちこちチェックするだろうね。すると、ますますアタマが大混乱する。

 ドアを開けてみると、シートはR32なのにインパネはR35? もはや自分が何をいってるのかぜんぜんワカリマセン。

 外見はどこから見てもR32なのに、なんだかR35の匂いがプンプン漂ってくる。

 これはクルマ好きなら誰でも感じるところなんだけど、そのいっぽうで「まさか、R35のV6ツインターボをこのボンネットの下に突っ込むのは無理だよね」という”常識”もアタマから離れない。

 けっきょく「ボンネット開けて中を見せてください!」ってお願いして、正解を教えてもらうこととなったわけです。

外観を見る限り、R32のチューニングカーにしか見えないのだが……

R35をまるまる飲み込んだR32

 そしたら案の定というべきか、出たよVR38DETT。マサカとは思っていたけど、R35の心臓が鎮座ましましてる。いやー、これね、実物見るまではちょっと信じ難いですよ。

 そんな簡単に直6からV6にスワップできるわけねぇと思って、取材対応をしてくれたトップシークレットの中荒井さんに「でも、ストラットタワーの板金加工とか必要なんでしょ?」と水を向けると、「いや、エンジンだけなら意外とすんなり入ります」と事もなげ。

 そういえば、ボンネッット内はほとんど「量産車か?」と見まがうほどスッキリ整理されていて、インタークーラーもR35純正が「まるで最初からそこにあったかのように」バンパー裏におさまってる。

 もちろん、これはトップシークレットのプロフェッショナリズムの成せる技なんだけれど、じつに見事な仕上がりなのだ。

 しかし、本当にこのクルマの改造スキルがすごいのは、ここから先だ。

 中荒井さんの「エンジンだけなら意外にカンタン」という言葉の裏には、「でもパワートレーンをそっくり移植しようと思ったらタイヘンよ」という含みがあるはずだ。

 デフとミッションを一体化してリアにマウントする”トランスアクスル”はR35の技術的なキモ。

 だから、このトランスアクスルと4WDシステム抜きにエンジンだけ換装しても、そりゃもはやGT-Rじゃなくて単にパワフルなだけのクルマ。ぜんぜん面白くない。

 このあたりのメカニズムは、クルマをリフトに載せて下から見るしかないんだけど、正直いって「エンジンよりこっちの方が大変だったのでは?」と思わせる大工事だ。

 基本的にはR35のリアサブフレームを移植して、そこにトランスアクスルやサスペンションを組みつけてるのだが、本来R32にはそんな部品が入るスペースはどこにもない。

 結果として、リアシート下の床を大切開して新しいフロアパネルを造り、そこにパーツを取り付けることになる。

 結果的に後席は撤去されて2シーター化。ついでに、新設したリアフロアにはトランスアクスルが見える窓を開けて透明パネルをはめ込んで遊んでる。

 フェラーリをはじめリアウインドーからエンジンが見える演出は珍しくないけど、トランスアクスルを見せる演出は世界初だろうね、たぶん。

自然にR32に鎮座するVR38DETT。名機RB26DETTの代替エンジンとしてはこれしかない!? 元々全長が長い直6エンジン用のスペースだけに前後方向はかなり余裕がある
今回は特別にリフトアップしてフロア下から見学をさせてもらった。その加工技術たるや相当なものだ
後部座席スペースからはトランスアクスルが見える。メカ好きの鈴木直也氏は大興奮だった

チューナーの”こだわり”が生んだ1台

 ここまでやるだけでも、気が遠くなるほどの手間とコストがかかってるハズなんだけど、ボスの永田和彦さん(通称:スモーキー永田氏)の凝り性はとどまることを知らない。

 「パワートレーンがR35なんだから、電子制御システムはもちろん、ナビやエアコンなどの快適装備もR35レベルにしないとダメでしょ? そもそも、ただのショーカーじゃなくてナンバー取って公道を走るつもりなんだし」

 この鬼のような自身への要求には恐れいった。この結果が、先に書いた「ドアを開けたらR35のインパネ…」というサプライズにつながるわけだけど、これもメチャメチャ手間とコストがかかる大仕事。

 ここまでやると、もはやまったく新しいコンプリートカーを1台仕立てるのと変わらないんじゃないかと思う。

 ちなみに、中荒井さんは「いくらかかったかと言えば5000万円くらいにはなるのでしょうが、だからといって5000万円でもう一台造ってくれと言われてもぜったい断りますね」だそうである。

 それにしても、このR35の心臓を持ったR32である「VR32 GT-R」。ひさびさに夢のある改造車に出会えたって感動しました。今年のオートサロンでチューニングカー部門最優秀賞に輝いた理由がよくわかる。

 今回は足回りの仕様変更中だったため試乗はできなかったが、次回、チャンスがあったらぜひコイツを公道で試乗させてもらいたいものであります。

750psを発揮している現状ではノーマルマフラーでは容量不足。そこでサイド管を設置して、高負荷時には排気を逃がしている
メカ好きの評論家も唸るVR32GT-R。今回は仕様変更の最中とのことで試乗は叶わなかったが、ご覧のとおり車検もとっているクルマだけに公道試乗できるチャンスが待ち遠しい!!

【トップシークレットへのアクセスはこちらから】
住所:千葉県千葉市花見川三角町759-1
TEL:043-216-8808

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ