N-VANは上位?? 街の働くクルマ代表!! 2018年軽バンランキング


■3位は販売網を生かしたOEMの日産NV100クリッパー

【3位 日産NV100クリッパー(2015年2月登場) 3万2348台】

NV100はスズキエブリイのOEM供給を受ける。大きな違いはもちろんないが、OEMながらこの販売台数というあたりに日産販売網の強さがある

 日産の軽参入初期は三菱ミニキャブバンのOEMだった時期もあるが、現在はエブリイのOEMとして日産で販売される軽1BOXバン。

 2018年の販売台数では通年販売したという有利さはあるにせよ、OEMながらホンダ自社開発&生産のN-VANよりも売れたことは驚きで、軽トラックのNT100クリッパーと同様に日産の販売力の底力を痛感させられる。

 グレード体系はほぼエブリイのJOIN系に相当するGX系の存在も含め、エブリイにほぼ準じている。

■新入りN-VANは半年の販売期間で4位入賞!!

【4位 ホンダN-VAN(2018年7月登場) 2万4439台】

まさにホンダらしさを詰め込んだN-VAN。バイクの運搬もできるなどホビーユース層にも大きな関心を呼んだ

 2018年登場したN-VANは、前輪は短いノーズの下、エンジン&トランスミッションは横置きミッドシップというパッケージングのアクティバン、バモスの後継車である。

 N-VANはエンジン横置きFFのN-BOXをベースにした商用バンで、確かに前席後方の荷室長はノーズが長い分ライバル車に劣る。

 しかしフロアの低さや助手席をフラットに収納できる機能を持ち、左側のドアはセンターピラーレスとしている。

 軽商用車で多い1人乗りでの使用であればライバル車と同等の荷室スペースを確保できるというユニークなコンセプトを持つ。

 ユニークと言えばバイクも大きな柱となっているホンダ車らしくバイクのトランスポーターや車中泊にも使えるといった提案も行っている。

 グレード体系は商用車と使われるG、L系、遊びにも使える+ファン系に分かれ、NA車には6MT、ファン系にはターボ車も設定される。

 自律自動ブレーキもホンダセンシングが全グレードに標準装備され、N-VANのホンダセンシングは日本車トップクラスの性能を持つのに加え、先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールまで備えるという軽商用車用とは思えないものが付く。

助手席が完全フラットになり、さらにピラーレスにすることで長尺の壁紙や資材などを車載することが簡単になった

 N-VANは自律自動ブレーキのようにズバ抜けた部分もある代わりに、価格は安くなく、運転席以外の居住性&快適性は絶望的であるなど、得手不得手が極端なクルマである。

 それだけに軽1BOXバン業界に第三勢力として参入したN-VANが今後も売れ続けるは注目したいところだ。

 販売統計はトランスミッションと大まかな人気グレードが入手できた。

●人気グレード

G&L:60%
+ファン系:40%

●トランスミッション

CVT:90%
6MT:10%

(分析)
 N-VANは商用ユースオンリー以外にもそれなりに使われていると思われる。

次ページは : ■5~6位はトヨタと三菱がランクイン

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ