フラッグシップタイヤ『ADVAN』 はなぜ絶大な信頼を獲得したのか?【後編】


 横浜ゴムのフラッグシップブランド『ADVAN』 が世界のプレミアムカーメーカーに絶大なる信頼を獲得した背景は、本企画前編でお届けしたとおり、モータースポーツで培った確かな技術と開発能力が認められたから。さてではもういっぽうで、新車装着タイヤの開発とは、どのようなものなのか? ポルシェやメルセデスやBMWと一緒に新車開発するって…やっぱりしんどい??

 ベストカー編集部のタイヤ大好き梅木が、ADVAN Sportの開発設計者に直撃インタビューした本企画、怒涛の後編をお届けします!!【PR】

文/梅木智晴(ベストカー編集委員) 写真/YOKOHAMA、平野学

【前編はこちら】 フラッグシップタイヤ「ADVAN」はなぜ絶大な信頼を獲得したのか?【前編】

■ポルシェ911が開発能力を底上げ

 1988年にポルシェ車の新車装着タイヤとして『YOKOHAMA A-008P』が技術承認を取得したことは、横浜ゴムにとって、また『ADVAN』 ブランドにとって大きな転機となったことは間違いない。この当時のポルシェ911は930型と呼ばれるモデルで、その後の964型以前の、今となってはクラシックポルシェと呼ばれるモデルである。

 当時の開発現場の声を伝える資料では、ドライでのウルトラハイパフォーマンス面ではテスト評価当初から高い評価を得ることができたものの、耐ハイドロプレーニング性能を主としたウェット性能、ノイズ性能(低パターンノイズ、低ロードノイズ)、ZR規格に対応する高速性能を高次元でバランスさせて満たすことが非常に困難だったと記されている。

 世界を代表するスポーツカー、しかもRRという独特なレイアウトゆえに特殊な前後タイヤバランスが求められる911の新車装着技術承認に向けたタイヤ開発が、横浜ゴムの開発能力を飛躍的に底上げされたことは想像に難くない。

1988年、初めてポルシェの技術承認を取得した『YOKOHAMA A-008P』 。国内で市販されていた『ADVAN HF Type D』 の海外販売版をベースに開発されたものだ

 ADVANとポルシェの関係はその後もさらに密に継続し、89年に964型にモデルチェンジした911カレラはもちろんのこと、928S4やGTの技術承認を取得。さらには911ターボなどにも新車装着されていく。

 2000年代に入ると、2001年にその後の『ADVAN Sport』につながる『A.V.S Sport』が986ボクスターの新車装着タイヤとなり、2005年には新開発された『ADVAN  Sport V103』が997カレラ4に新車装着される。

「前編」でもお伝えしているように、現在の718ケイマン/ボクスターには『ADVAN  Sport  V105』が新車装着タイヤとして採用されている。

■ベントレー、アウディ、メルセデスに続々採用

 この『ADVAN Sport V103』は我々のようなクルマ好きにとってのADVANのイメージをガラリと変えた象徴的なタイヤだったのだ。

 そう、それまでのモータースポーツを主軸としたバリバリのスポーツタイヤとしての顔だけではない、という新しいADVANの姿である。911のみならずSUVのカイエンにも新車装着タイヤとしての技術承認を受けたということは、世界が認めるスポーツカーメーカーに認められた「究極のプレミアムスポーツタイヤ」という顔を世界にアピールできる快挙である。

ADVANといえばサーキット、モータースポーツというイメージが色濃かったし、モータースポーツから技術開発がフィードバックされたことで高いスポーツ性能を磨き上げたのだ

 ところが2005年以降、『ADVAN  Sport  V103』はベントレーコンチネンタルGT、ポルシェカイエン、アウディS8、メルセデスAMG C63などのプレミアムハイパフォーマンスサルーンやSUVの新車装着タイヤとして次々と採用されていくのだ。ポルシェ911シリーズ以上に厳しい静粛性や乗り心地性能が要求されたことは想像に難くない。

 高い操縦安定性能は“当たり前”の性能として、さらに高速でのウェット性能なども高い次元でのバランスが要求されるのが欧州プレミアムカーの新車装着タイヤだ。

 その後、現在の主力である『ADVAN Sport V105』 はポルシェの他、メルセデス・ベンツSクラスやCLSといったプレミアムサルーンに新車装着されていく。さらに2018年にはBMW X3、X4,X5といったSUVにも新車装着タイヤとして承認された。スポーツカーだけではなく、プレミアムサルーンやプレミアムSUVにも適応する性能を証明した。

現在新車装着タイヤとして承認を受けているBMW X3。前編ではX3 xDrive 30eにランフラット仕様の『ADVAN Sport V105 ★RSC Z・P・S』を履いてその性能を再確認した

 はたしてそこにはどのような開発の苦労があるのだろうか? そもそも新車装着タイヤの開発とはどのようなものなのだろうか? 現在、最新の『ADVAN  Sport  V107』の新車装着(OE)開発を担当する横浜ゴムタイヤ製品開発本部 タイヤ第二設計部の設計リーダー石黒和也氏に興味津々、話を伺った。

グループリーダーとしてADVAN Sport V107の新車装着開発を担当する横浜ゴムタイヤ製品開発本部の石黒和也氏

次ページは : ■ドイツメーカーの開発要求は厳しい!!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ