これは注目!! 二輪用ドラレコがトランセンドから発売、スマホで記録動画も視られる!


 カー用品のなかでとにかく売れているのがドライブレコーダー。今年度はトータルで600万台の出荷も見込まれるほど好調である。その一方、ドラレコの市場は基本四輪となっており、二輪(バイクや自転車)に乗っている人向けのドラレコはこれまでクローズアップされたことは少ない。

 そこに登場したのが今回紹介する新商品。面白い使い方も含め、その魅力を解説しよう。

文/高山正寛、写真/阿部商会

【画像ギャラリー】ライダー必見! 二輪用ドラレコはライダー目線の迫力画像も記録可能!!(10枚)画像ギャラリー

■そういえば、二輪車用のドラレコってあまり聞かない

 今回の二輪車用ドラレコはメモリーカードやSSD、そしてHDDなどの世界的メーカーである台湾の「トランセンド」製の「DrivePro20」という商品。これをサスペンションのトップブランドである「BILSTEIN(ビルシュタイン)」やシステムキャリアの「THULE(スーリー)」などを扱っている阿部商会が販売を行う。

 前述したように四輪車のドラレコは国産だけじゃなく、アジア圏などからも低価格商品が輸入、販売されているが、二輪車に関しては圧倒的に商品数が少ない。もちろん分母となる車両台数からも市場規模は少ないわけだが、それでも同じ公道を走る以上、二輪車にもドラレコを装着したほうがメリットは大きいことは言うまでもないだろう。

■コンパクトなボディに最新技術を集約

 四輪車とは違い、二輪車の場合は取り付けスペースなども制約を受けるが、「DrivePro20」は非常にコンパクトなボディが特徴だ。

 本体サイズは全長90.2mm×直径30mmの円筒形でカメラ重量は74gと軽量、実際ヘルメットへの装着を可能にする粘着パッド付きのマウンター(専用ホルダー)の重量は20gなのでトータルで100g以下、つまりスマホよりかなり軽いことになる。

これが2輪車用のドラレコ、トランセンド「DrivePro20」だ。車体に取り付けるスペースがないため、ヘルメットへ装着する仕様だ

 「DrivePro20」はヘルメットに装着することを前提としているが、円筒形にすることで空力的にも有利になる。それはこれまで二輪車に装着できるのはアクションカメラと呼ばれる類いの商品が多かったからだ。

 アクションカメラはその名のとおり、カメラをギュッとコンパクトにした形状が特徴。実際,取り付けキットも数多く販売されているが、走行速度が上がって空気抵抗が増えると脱落の心配も可能性としてはある。

 もちろん、「DrivePro20」も絶対脱落しないという保証はないが、円筒形にすることで比較的スムーズに空気を後方に流せる形状になっている。

走行時の風をもろに受けることを考慮し、円筒形にすることで空気抵抗を少なくしようとしている。また対候性や耐衝撃性もクリアしていることで実用性は充分。実売価格は2万円前後のようだ

 また、基本屋外での使用を想定していることからも耐候性などは充分考えられており、ホコリや水などの浸入に対しても国際規格であるIEC 60529(日本でいえばJIS C 0920)相当において、IP68に対応する試験を行っている。

 また、万が一の落下に際しても米軍の落下試験規格相当の耐衝撃性を確認している。動作環境温度もマイナス10℃~60℃とのことだ。

次ページは : ■今やドラレコの必需機能もしっかり搭載