USBポートが超便利!! 家電にはコンセント型も!!! 車載充電器の賢い選び方とは


 車内でスマホを充電したり、電化製品を使ったりと近頃、車載充電器はなくてはならない装備に。

 最近は、USBポートが標準装備されている車も増えていますが、車載充電の方法はまだまだシガーソケット経由が主流です。

 そこで今回は、今では欠かせなくなった車載充電器の選び方を、元自動車ディーラー営業マンの立場から解説します。

文:佐々木亘
写真:Adobe Stock


充電する“モノ”によって最適な充電器は違う!

現在流通している車という意味では未だシガーソケットを持つ車が多数派。せっかくUSBケーブルを持っていても使えないだけに、充電器は必需品だ

 まずは、車内でどんなものを充電したいのか、考えてみましょう。

【1】スマホやカメラ、モバイルバッテリーなど、USB接続ができる機器を、複数同時に充電したい
【2】コンセントをさしてつかう電化製品を使いたい
【3】ワイヤレス充電ができるスマホを、純正装着のようにスッキリとスマートな見栄えにしたい

 このように、車で充電&給電したいモノの種類はさまざま。すべての用途に対応した万能な車載充電器はないので、必要な機能を持った車載充電器を選択しましょう。

同時利用には複数口のUSBポートを持つ車載充電器が便利!

 同乗者分の複数のスマートフォンを同時に充電したり、コネクタ形状の異なる複数のUSB製品を充電する際に活躍するのが、複数口のUSB車載充電器です。

 2個口の製品が多いですが、最大で4個口のUSBポートを持つものもあります。USBケーブルを複数本準備すれば、複数同時に充電することが可能です。

 ちなみにUSBの規格は、タイプA、タイプB、タイプCといったように、年代ごとに主流となる規格が変わっています。利用する機器のUSBのタイプに注意して、USBケーブルを選ぶようにしてください。

 こうした場合も、給電口が多い車載充電器だと、コードを差し替える手間が省け、たいへん便利です。

【これがオススメ!】hoosoome カーチャージャー/複数口USBポートとシガーソケットの併用可

USBポートを4つと3連シガーソケットを備えた万能型車載充電器。電圧測定機能や急速充電機能も備える

次ページは : 「インバーター付き給電器」は家電に使え災害時にも便利