ついに全販売の過半数突破! 急成長するマツダ新世代SUVの魅力と課題とは?


 マツダが5月に発表した、2020年3月期の決算資料を見ると、新型コロナ禍の影響を受けて厳しい数字が並んでいる。

■グローバル販売台数:141万9000台(9%減)
売上高:3兆4303億円(4%減)
営業利益:436億円(47%減)
当期純利益:121億円(81%減)
※カッコ内は対前年同期比

■地域ごとのグローバル販売台数
日本:20万2000台(6%減)
北米:39万7000台(6%減)
欧州:26万4000台(2%減)
中国:21万2000台(14%減)
その他:34万5000台(16%減)
※カッコ内は対前年同期比

 グローバル販売が163万1000台と過去最高を記録した2018年3月期の売上高は3兆4740億円だったが、2020年3月期のグローバル販売台数は141万9000台、売上高は3兆4303億円。

 しかし、この実績を見ると、販売台数が激減した割に売上高が落ち込んでいないことがわかる。

 売上高が減っていない要因として、1台あたりの単価が高い高額車であるクロスオーバーSUVの販売比率が年々上がっていることが考えられる。

 マツダ車全体の内、クロスオーバーSUVが占める割合は、8年前の2012年3月期に全体の12%だったが、2020年3月期には52%に達しているのだ。

 そこで、本企画では、マツダ車の52%を占めるクロスオーバーSUV、CX-3、CX-30、CX-5、CX-8の4車種の魅力を、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が改めて解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWeb編集部 マツダ

【画像ギャラリー】CX-3、CX-30、CX-5、CX-8の違いを写真でチェック!


マツダ車の半数を占めるクロスオーバーSUV

2020年3月期の決算発表会で提示された資料を見ると、2020年3月期のマツダのクロスオーバーSUV比率は52%(出典/マツダ2020年3月期の決算資料)

 今の国内市場は、各メーカーともコロナ禍の影響で売れ行きを下げたが、特に伸び悩むのがマツダだ。

 コロナ禍の影響が生じる前の2019年における国内販売台数は、小型/普通車と軽自動車を合計して約20万4000台であった。2010年の約22万4000台を下まわる。

 マツダは2012年から魂動デザインとSKYACTIV技術に基づく新しい商品戦略を開始したが、日本では思ったほど販売に貢献していないもが正直な感想だ。

 そこで改めて考えたいのは販売台数の意味だ。たくさん売れるクルマは、多くのユーザーが使っている以上、優れた商品と判断できる。ダメなクルマがたくさん売れることはない。

 しかし販売が低調な車種の判断は難しい。優れた商品でも、ユーザーのメジャーな用途に合わないために、伸び悩むこともあるからだ。

 極端な例を挙げるとピックアップトラックは、北米では一般ユーザーにも好調に売れるが、日本国内の販売台数はきわめて少ない。

 2人乗りのスポーツカーも売れない。若い人達が積極的にクルマに乗らなくなった影響もあり、1990年前後に比べて車種数と販売台数が大幅に減った。

 例えば初代マツダロードスターは、1990年には約2万5000台を登録したが、2019年の現行型は約4700台だ。20%以下に落ち込んだ。

 しかしスポーツカーの商品力は、着実に進化している。現行ロードスターは、スポーツカーでは珍しくカメラを使った衝突被害軽減ブレーキを採用する。ロードスターの魅力が、約30年前の20%以下に下がったわけではない。

 つまり好調に売れるクルマは、価格などを含めて優れた商品と判断できるが、売れていないから商品力が低いとは決めつけられない。マツダには、商品力は高いのに、市場性が乏しく販売の伸びない車種が散見される。

 今のマツダは、OEM供給を受ける軽自動車などを除くと、8車種の小型/普通乗用車を用意するが、今ではマツダ車販売全体の52%を占めるようになったのがクロスオーバーSUVだ。

 そこで、今回はマツダのSUVを改めて検証、CX-3、CX-30、CX-5、CX-8の4車種それぞれの魅力を探ってみた。

CX-3の魅力とは?

■ボディサイズ:全長4275×全幅1765×全高1550mm
■価格:189万2000~316万2800円

2020年5月18日、CX-3の商品改良を発表、予約受付を開始した。2015年2月27日に発売されたが、2019年11月末までに4度の商品改良を行っている

 2019年にはCX-30が加わり、2015年に登場したサイズが同程度のCX-3は廃止するかと思われたが、2020年5月に改良を受けて安価な1.5Lガソリンエンジン車(111ps/14.7kgm)を加えた。

 従来は最も安い2Lの20Sが216万7000円だったが、追加された1.5Lの15Sは189万2000円だ。フルモデルチェンジは延期され、2021年の後半に実施すると思われる。

 CX-3に1.5Lを追加して存続させる背景には、CX-30の価格が高いことも影響した。CX-30に2Lガソリンエンジンを搭載する最も安価な2WD・20Sは239万2500円だ。

 1.8Lクリーンディーゼルターボを搭載して、実用装備を充実させた主力のCX-30 2WD・XDプロアクティブツーリングセレクションは300万8500円になる。SKYACTIV-XのCX-30 2WD・X・Lパッケージは347万7100円に達した。

 このCX-30の割高感を補う目的もあり、古くなったCX-3に割安な1.5Lエンジンを用意した。

 ちなみにライバル車のヴェゼルで、価格が最も安い1.5L、NAエンジンの2WD・Gホンダセンシングは211万3426円だ。CX-3の15Sは、これと比べても大幅に安い。

 CX-3の1.5Lをここまで安くした理由として、堅調に売れるコンパクトSUVのライズも挙げられる。

 ライズは直列3気筒1Lターボを搭載する5ナンバーサイズのコンパクトSUVで、中級に位置する2WD・Gの価格は189万5000円だ。

 CX-3の15Sは189万2000円だから、ライズGと比べても若干安く、ユーザーがコンパクトSUVを比べて選ぶ時にも目に付きやすい。

Apple CarPlay/Android Autoの搭載や先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も標準装備とし、全機種がサポカー補助金の対象

 メーカー側の話をすれば、排気量が1.5Lでも2Lでも、製造コストに大差はない。両方ともDOHC(ツインカム)の直噴式になるからだ。

 それなのに装備差を補正して1.5Lと2Lの正味価格差を割り出すと、1.5Lは2Lに比べて15万~20万円安い。

 一般的に排気量の相場は100cc当たり2万円だから、500ccなら10万円だが、CX-3の1.5Lはこの差額を大幅に上まわる。戦略的に安く抑えた。

 CX-3のセールスポイントも、今はこの割安感だ。しかもプラットフォームをマツダ2と共通化しながら、ホイールを5本のナットで支えるなど(マツダ2は4本)、足まわりの造りはCX-30やCX-5に近い。操舵感や乗り心地にも重厚感が伴う。

 装備については、CX-3の1.5Lの場合、選択肢を狭めたの残念だ。時速80km以上で衝突被害軽減ブレーキを作動させるスマートブレーキサポート、運転支援機能のレーダークルーズコントロールは、オプションでも装着できない。

 この点は2Lに比べて見劣りするが、後方の並走車両を検知するブラインドスポットモニタリング、7インチWVGAセンターディスプレイ、16インチアルミホイールなどは標準装着した。

 CX-3は走りも優れているので、これらの装備を採用した15Sが189万2000円なら割安だ。

次ページは : マツダの最新SUV、CX-30はCX-3やCX-5とどう違う?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ