【次期クラウンはマツダと共同開発!??】トヨタFR戦略に地殻変動あり!!

 BMWとの協業で誕生したトヨタスープラ。しかし、その一方で、トヨタはマツダとの協業で次期クラウンやマークX後継FRセダンにマツダが開発したFRプラットフォーム、直6を搭載するという情報が入ってきている。

 こうした状況のなか、スープラ開発で生まれたBMWとの蜜月関係は微妙に暗雲が立ち込めているという。トヨタはBMWとの提携を解消するのか?

 それともスポーツモデルはBMWとの協業で継続して、セダン系はマツダとの協業で開発を進めていくのか? 今後のトヨタFR戦略の行方を追う!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年2月20日号

【画像ギャラリー】大幅なパワーアップをはたした新型スープラRZの詳細写真


スープラ開発で蜜月のBMWとの関係が微妙に暗雲が立ち込めているという情報

トヨタとBMWの提携によって生まれたトヨタスープラ
プラットフォーム、パワートレインなどデザイン以外はスープラと共用するBMW Z4

 2019年5月、トヨタがスープラを復活させた。この背景にはBMWとの協業があったことはトヨタからも公表されているので周知のことである。

 このトヨタとBMWの関係性は、事実関係が明らかにされるまでは、「BMWが新型Z4を開発し、それに途中からトヨタが参画して、Z4とプラットフォームを共用する形で新型スープラの開発に漕ぎ着けた」と外部では考えられていた。

 しかし事実は違っていた。

 トヨタがBMWと接触した時点で、新型Z4の開発はスタートしてはいなかった。いや、それどころかトヨタ側は新型スープラ(となる)を開発するためにBMWとの協業をスタートさせたわけではなかった。

 スープラの開発を指揮した多田哲哉チーフエンジニアは、一番最初、「なにもないところから、双方の話し合いというか、探り合いのなかからスポーツカーを新たに開発して行くことが企画として決まっていった」と言っていた。

 BMWとしても、単独でZ4のようなスポーツモデルを開発することは難しい状況だったということだ。

 たしかに事実として出来上がったスープラとZ4は基本となるシャシー、プラットフォーム、パワートレーンを共用している。

 だが、特にプラットフォームは「どちらかのために開発された」ものではなく、BMWとトヨタがそれぞれ必要とする要件を出しあって、その中での最適値を求めていった結果のものなのだ。

 エンジン、トランスミッションなど基本となるハード部分はBMWが開発、設計したものである。しかし、制御部分はトヨタがオリジナルに開発したものだ。BMW Z4とは出力特性は明確に異なる。

 「トヨタ側とBMWはまったく別々に開発を行っていました。BMW側からアレはダメだとか、ここはこうしろなどといった口出しなどはいっさいありません。もちろん、雑談程度に開発状況を相互に話すことはありましたが、お互いがお互いの開発に専念する体制でした」と多田CEは開発過程を説明する。

 こうして出来上がったのが現在市販されているトヨタスープラであり、BMW Z4なのだ。多田CEは「スープラはバージョンアップしていくので楽しみにしてほしい」と明言している。

次ページは : 約48ps/約0.3kgmアップの改良版スープラRZを発表!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ