【次期クラウンはマツダと共同開発!??】トヨタFR戦略に地殻変動あり!!


 BMWとの協業で誕生したトヨタスープラ。しかし、その一方で、トヨタはマツダとの協業で次期クラウンやマークX後継FRセダンにマツダが開発したFRプラットフォーム、直6を搭載するという情報が入ってきている。

 こうした状況のなか、スープラ開発で生まれたBMWとの蜜月関係は微妙に暗雲が立ち込めているという。トヨタはBMWとの提携を解消するのか?

 それともスポーツモデルはBMWとの協業で継続して、セダン系はマツダとの協業で開発を進めていくのか? 今後のトヨタFR戦略の行方を追う!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年2月20日号

【画像ギャラリー】大幅なパワーアップをはたした新型スープラRZの詳細写真


スープラ開発で蜜月のBMWとの関係が微妙に暗雲が立ち込めているという情報

トヨタとBMWの提携によって生まれたトヨタスープラ
プラットフォーム、パワートレインなどデザイン以外はスープラと共用するBMW Z4

 2019年5月、トヨタがスープラを復活させた。この背景にはBMWとの協業があったことはトヨタからも公表されているので周知のことである。

 このトヨタとBMWの関係性は、事実関係が明らかにされるまでは、「BMWが新型Z4を開発し、それに途中からトヨタが参画して、Z4とプラットフォームを共用する形で新型スープラの開発に漕ぎ着けた」と外部では考えられていた。

 しかし事実は違っていた。

 トヨタがBMWと接触した時点で、新型Z4の開発はスタートしてはいなかった。いや、それどころかトヨタ側は新型スープラ(となる)を開発するためにBMWとの協業をスタートさせたわけではなかった。

 スープラの開発を指揮した多田哲哉チーフエンジニアは、一番最初、「なにもないところから、双方の話し合いというか、探り合いのなかからスポーツカーを新たに開発して行くことが企画として決まっていった」と言っていた。

 BMWとしても、単独でZ4のようなスポーツモデルを開発することは難しい状況だったということだ。

 たしかに事実として出来上がったスープラとZ4は基本となるシャシー、プラットフォーム、パワートレーンを共用している。

 だが、特にプラットフォームは「どちらかのために開発された」ものではなく、BMWとトヨタがそれぞれ必要とする要件を出しあって、その中での最適値を求めていった結果のものなのだ。

 エンジン、トランスミッションなど基本となるハード部分はBMWが開発、設計したものである。しかし、制御部分はトヨタがオリジナルに開発したものだ。BMW Z4とは出力特性は明確に異なる。

 「トヨタ側とBMWはまったく別々に開発を行っていました。BMW側からアレはダメだとか、ここはこうしろなどといった口出しなどはいっさいありません。もちろん、雑談程度に開発状況を相互に話すことはありましたが、お互いがお互いの開発に専念する体制でした」と多田CEは開発過程を説明する。

 こうして出来上がったのが現在市販されているトヨタスープラであり、BMW Z4なのだ。多田CEは「スープラはバージョンアップしていくので楽しみにしてほしい」と明言している。

約48ps/約0.3kgmアップの改良版スープラRZを発表!

1000台限定で発表された北米仕様のA91エディション。3Lモデルをベースに開発された限定車

 その言葉通り、トヨタは2020年2月13日、米国フロリダ州デイトナで、北米仕様のGRスープラRZ(3L、直6モデル)2021年モデルを発表した。

 今回の改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、エンジンの圧縮比を変更。

 最高出力を従来モデルの335hp(339.6ps)/5000~6500rpmから382hp(387.3ps)/5800~6500rpm(従来型比+14%)に向上させた。

 最大トルクは365lb-ft(約494.9Nm、50.495kgm)/1600~4500rpmから368lb.ft.(約498.93Nm、50.894kgm)/1800~5000rpmに向上させた。

 これは北米仕様の数値で約48ps/約0.3kgmアップしたということになるが、おそらく日本仕様でも同様の出力アップが図られるだろう。ちなみに現行スープラRZの日本仕様は340ps/51.0kgm。

 これにより、0~60mph(約96km/h)加速は3.9秒と、従来モデルより0.2秒短縮している。

サテンブラックに塗られたリアルカーボンリアリップスポイラーや19インチのマッドブラックホイールを装着するA91エディション。搭載される3Lエンジンは約48ps/約0.3kgm向上した387.3ps/50.89kgmを発生する

 またフロント部にブレースを追加してボディ剛性を強化するとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニング。コーナリング中の安定性向上を図っている。

 北米仕様2021年モデルの発表と同時に、これまで北米仕様にはラインナップされていなかった2Lモデル(255hp=258.5ps/295ib-ft=40.8kgm)と1000台限定のA91エディションも発表された。

 A91エディションは3LのRZをベースにリアルカーボンのリアリップスポイラー、カーボン製のミラーキャップ、Cピラーのグラフィックス、19インチのマッドブラック鍛造ホイール+フロント255/35ZR19、リア275/35ZR19インチタイヤ、スープラのロゴが入ったブレンボ製のレッドキャリパーなどが装着されている。

 さらにインテリアはブラックレザー&アルカンターラにブルーのステッチが入ったシートやドアトリムが装着されている。

 ボディカラーはノクターナル(ブラック)とリフレクション(ブルー)の2つが用意され、リフレクションについてはA91エディション専用色。

レザーおよびアルカンターラのシートにブルーステッチが入るA91エディションのシート

 さて、気になるのは改良を受けたスープラRZの日本仕様がどうなるかということ。日本仕様のスープラRZは2020年秋以降に発売されるとのこと。

 アメリカでは秋にイヤーモデルが切り替わるため、2021年モデルとなる。尚、A91エディションの日本発売については未定。

 このようにトヨタとBMWの関係性は良好なように感じる。しかし、必ずしもそうではない……、と懸念する声もトヨタ社内では囁かれている。

 トヨタの開発現場に近い関係者は、

 「スープラとZ4の開発では、最終的には相互理解に至ったと思いますが、BMWはドイツのトップクラスのメーカーとしてのプライドがあります。一部の開発陣からは、特にトヨタと組んでも得るものはない、という声も聞こえています。

 一方トヨタ側でも、BMWはプライドばかりでまったくトヨタ側の言うことを聞こうとはしてくれないという、あきらめにも近い声を聞きます」と言う。

 たしかにBMWとの協業が好調であれば、スープラ開発をきっかけに次なる企画が次々と立ち上がっても不思議はない。BMWの得意とするセダン系などは、トヨタとしても大きな知見を得ることになるはずだ。

北米仕様のスープラ2021年モデル。左から3.0プレミアム(アブソルートゼロというホワイトのボディカラー)、A91エディション(リフレクションと呼ばれるボディカラー)、2Lモデル(ニトロイエローというボディカラー)
トヨタが発表した北米仕様スープラの諸元表

【画像ギャラリー】大幅なパワーアップをはたした新型スープラRZの詳細写真

次ページは : マツダが開発するFR、そして直6はどうなる?