空気は読まない! でもそこがいい!!! 愛すべき暴れん坊グルマ列伝


 暴れん坊。字面からして厄介なオーラを放ちまくっているものの、「この人いないと物事動かない局面もあるよな〜…」なんて部分があるのも事実。クルマも然り。

 どう考えても採算取れないでしょ? とか、どうしてこんなにステータス極振りしましたか? などと正座させて三時間ほど問い詰めたくなるような暴れん坊なグルマたちが時々でてきては(大体の予想通りに)消えてゆく。だが、不思議とそんなクルマに限って記憶に残り、愛されてきたのもまた事実なのだ。

 空気は読まない! 品行方正とはまったく無縁!! でもそこがいい(あくまでクルマのハナシ)!!! 「攻めダルマ」と化し時代を突っ走った愛すべき暴れん坊たちを特集する!

【画像ギャラリー】エンジン、コンセプト、デザイン…暴れまくって一時代を築いたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです/文・写真:ベストカー編集部、述懐:鈴木直也・渡辺陽一郎/初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■エンジンが暴れん坊

 暴れん坊グルマの華といえばエンジン。鈴木直也氏の記憶に残っている暴れん坊エンジン車がここに挙げた3台だ。

「初の国産ターボ、430セドリック/グロリアは凄かった。典型的なドッカンターボで完全にシャシーがエンジンに負けていて操縦性もハチャメチャ(笑)。ターボ初体験だったから、本当にスゲーと思ったよ。

【日産 セドリック/グロリア】1979年に国産車初のターボを搭載して登場。パワフルさでお父さんたちのド肝を抜いた

また、初めてVTECエンジンを搭載したインテグラも凄かったね。レーシングエンジンがそのまま市販車に載ったようだった。

【ホンダ インテグラ】初のVTECエンジンを搭載して1989年登場。NAの常識をひっくり返すとんでもないエンジンだった

アンバランス系ではコスモの3ローターの暴れん坊っぷりは今も語り草。あんなクルマ二度と出ないだろうね」

【マツダ ユーノスコスモ】1990年登場。3ローターターボは280ps/41.0kgmで実用燃費は2~3km/Lだったというバケモノ

■ハンドリングが暴れん坊

 ハンドリングの暴れん坊も鈴木直也氏の述懐。

「アンダーステアなクルマばかりだった1970年代後半に登場した初代RX-7、特に最初期型はそれまで市販車では経験したことがないテールハッピーの暴れん坊だった。

【マツダ RX-7】1978年登場。排ガス規制で骨抜きにされたスポーツカーばかりだった当時、彗星のごとくデビュー。一世を風靡した!

タイヤのグリップも低かったから首都高をちょっと攻めただけでカウンター当てまくりになったりして。

でも、そのずっとあと、1992年に出たAZ-1はもっと凄かったかも。交差点を普通に曲がるだけでオーバーステアになっちゃうんだから(笑)。

【マツダ AZ-1】1992年登場。交差点でリアが滑ったという伝説の暴れん坊

FFではまだシャシーの性能が低かった頃にターボパワーでジャジャ馬だった初代スターレットターボを思い出すね。なかなか無茶なクルマだったよ(笑)」

【トヨタ スターレットターボ】1986年登場。3バルブの1.3Lターボは105psを発生

次ページは : ■価格が暴れん坊

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ