カローラ クラウン プリウス… トヨタ/レクサス殿堂入り名車ランキング2020


 実質的創業者 豊田佐吉が創業した豊田自動織機製作所。1933年、その製作所内に設立された「自動車部」がトヨタ自動車の起源だ。

 1936年にトヨダAA型乗用車、1955年にトヨペットクラウンを発売。長い歳月を経て2005年に日本でレクサスブランドをスタート(海外では1989年から)。

 無数のクルマを世に送り続けてきたトヨタ(&レクサス)。「常勝」「死角なし」のイメージが強いが、その礎には決して褪せない「挑戦」の2文字があった。

 そんなトヨタおよびレクサス87年の歴史のなかで、「殿堂入り」を果たすべき20台を選ぶならどれか? これが本企画の趣旨だ。

 まずは総合ランキング(1位〜10位)、ついで総合ランキングの元となった、松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎4人の評論家による総評とランキングとを見ていこう。総合11位〜20位については、車名含め画像ギャラリーを御覧いただきたい。

 1990年代終わり頃、「クルマが未来になってゆく」というコーポレートコピーがあったが、クルマによって未来を築いてきたトヨタの歴史にふさわしいランキング結果になったのではないだろうか。

【画像ギャラリー】日本人の「走りの楽しみ」と「生活」を見つめた87年!!! 1位から20位の「殿堂入り」トヨタ車をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです。4氏の選んだ10車をF1ポイント方式(1位25点、2位18点、3位15点、4位12点、5位10点、6位8点、7位6点、8位4点、9位2点、10位1点)で採点。同点、同順位車が出た場合は、編集部がそのなかでの順位を決定した。
選出・文:松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎、ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■1位 初代プリウス(1997年)

●クルマの枠を超えた歴史的発明品

1位 初代プリウス(1997年)

 有名な「21世紀に間に合いました」のキャッチコピーで登場した世界初の量産型ハイブリッド車。デザインは米国の「CALTY」が担当した。当時としては驚異的な28.0km/L(10・15モード)の燃費性能を発揮し、価格は破格の215万円で、売るほど赤字になると言われた。2000年のマイチェンで大きく進化させ、2003年に2代目に引き継いだ。

■2位 トヨタ2000GT(1967年)

2位 トヨタ2000GT(1967年)

 ヤマハとの共同開発で誕生した国産初のスーパーカー。2L DOHCエンジンは150psを発揮した。新車価格は238万円で、現在では約2000万円換算だ。

次ページは : ■3位 初代セルシオ(1989年)