“原点”たるスバル360に続くのは? 62年目スバルの殿堂入りモデル20車を決める


■360は文句なしのレジェンド!!(国沢光宏が選ぶ10台)

 スバルといえば360なしに歴史を語ることなどできまい。どの基準を持ってしても素晴らしいレジェンドだと思う。60年前によくぞこんな凄いクルマを作ったもんだと感心しきり。いまだにたくさんの元気な個体が残っているのだから驚く。

 悩むのが360の次であります。現代のスバルを作り出したという点で初代レガシィでしょうね。もちろんそれ以降の3モデルも推奨したい。なぜか? 初代、2代目と3代目、4代目を並べることでスバルの進化の流れがよ~くわかるからだ。違う流れの頂点にあるが、WRCで圧倒的な強さを誇ったGDBを入れておきたい。ランエボVIと並びヨーロッパにおける日本車の存在感を決定づけた。私の推奨ワクとして最後のサンバーを入れたい。スバルの歴史に残る名車です。

1位…スバル360
2位…初代レガシィ
3位…2代目インプSTI
4位…4代目レガシィ
5位…初代インプSTi
6位…2代目レガシィ
7位…ff-1
8位…最終型サンバー
9位…アルシオーネSVX
10位…3代目レガシィ

■360 レガシィ WRX系の系譜(岡本幸一郎が選ぶ10台)

「1000」~「ff-1」も入れてよかった気もするが、レガシィが出る前のスバル車って、申し訳ないけど「360」以外あまり印象に残ってない。で、単純に考えるとWRX系とレガシィのみで埋め尽くされそうなところを厳選した結果がこんな感じ。

 レガシィは記録面でも偉業を成し遂げた初代もアリだが、サイズ的にもちょうどよかった最後のモデルでもあり、スバル車として初めてCOTYを受賞した4代目のほうが記憶に残りそうな気がしている。

 WRX系はどれも存在感があるなかで、やっぱり実力とインパクトの大きさでは初代にはかなわない。宿命のライバルであるランサーエボリューションとの対比も懐かしい。

 数は売れなかったけどSVXはアリ。かたやBRZはいまのところナシかなと……。

1位…スバル360
2位…4代目レガシィ
3位…初代インプWRX
4位…インプレッサ22B
5位…アルシオーネSVX
6位…初代レガシィ
7位…2代目インプWRX
8位…初代フォレスター
9位…2代目XV
10位…3代目WRX STI

*   *   *

次ページは : ■まとめ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ