テスラ時価総額はトヨタ超え!? 新興メーカーがブランドを早期確立できた理由


大化けした第二期はトヨタ効果がきっかけか?

テスラのオリジナル量産車の第一号が高級EVセダンのモデルS。日本での販売価格は989万9000~1229万9000円

 その後、複数のCEOが就任したが事業は立ち直らず、イーロン・マスク氏が事業活動の先頭に立つことになる。ここからが、テスラの第二期だ。

 第二期の冒頭に打ち出したのが、自社オリジナルモデルの投入計画。のちの「モデルS」である。

 テスラが活用したのが、オバマ政権が推進していたグリーンニューディール政策による低利子融資制度だ。

 アメリカでEVなど次世代車を開発し、その製造をアメリカ国内で行うことが条件だ。テスラの他、日産やフォードが同制度を活用し数百億から数千億規模の融資を受けた。

 こうしてテスラは、アメリカ連邦政府から「次世代車ベンチャーの星」としてお墨付きを受けたことが、部品調達先の開拓などで大きな支えとなった。

トヨタはテスラとRAV4 EVを共同開発し、2012年に正式発表。トヨタと共同開発した事実はテスラにとって非常に有益だった

 さらに、工場用地の確保については様々な候補が挙がる中、最終的には当時のアーノルド・シュワルツェネッガー知事が仲介役となり、北カリフォルニアのトヨタ工場をテスラに売却することが決まり、さらにトヨタからテスラへの投資や、同州ZEV法への対策として「RAV4 EV」開発をテスラに委託した。

 このトヨタ効果こそが、テスラ大化けのきっかけだった。

10年ほど一気に独走できた2つの側面

 では、なぜテスラは、トヨタ効果後にEV市場で独走態勢に入ることができたのか?

 筆者は、2つの側面があると考えている。

 ひとつは、自動車メーカー各社が「EVは規制ありき」と決めつけ過ぎたことだ。

斬新なドアの開き方をするモデルXはモデルSをベースに開発されたクロスオーバーSUVで、日本での価格は1069万9000~1299万9000円

 1900年代初期の自動車創世記、1970年代のオイルショック時など、一時的にEV需要が伸びる可能性があったが、性能面や価格面で本格量産にならず。

 1990年にカリフォルニア州がZEV法を施行したことで、それ以降のEV開発は「ZEVありき」と言われてきた。

「ペナルティがないなら、ガソリン車やディーゼル車と比べて動力系部品のコストが極めて高いEVは当面、量産したくない」という大手自動車メーカーの幹部は、2020年時点でも大勢いるのが実情だ。

大手自動車メーカーでは唯一日産がEV戦略を積極展開。量産EVとしては実績を残しているが、経営基盤の大幅な見直し中

 つまり、ユーザーや販売店から「EVを是非たくさん作ってほしい」という声が少ないのだ。 

 その中で、大手メーカーで唯一、EVに可能性を見出したのが日産だったが、周知の通りゴーン体制の崩壊によって経営基盤の大幅な見直し中である。

 こうして、大手メーカーのほとんどがEVを遠巻きにし「テスラもそのうち失速する」と高を括っていたが、結果的に、テスラ主導でのプレミアムEV市場が形成されてしまい、ポルシェやメルセデスベンツなどが追従せざるを得なくなった。

テスラが先鞭をつけたEVプレミアムスポーツというジャンルに、ポルシェはタイカンを送り込んで応戦

次ページは : テスラの上手さ