テスラ時価総額はトヨタ超え!? 新興メーカーがブランドを早期確立できた理由


 自動車メーカーの再編の動きは激しくなり、最も新しいところでは、フィアット・クライスラー・オートモービルズとPSAグループが合併し、2021年からステランティスという新会社としてスタートを切ることが発表されている。

 そのほか、昔から存在したメーカーが消滅、吸収されるケースも珍しくない。

 そんな激動の自動車界にあって、単なるアメリカのベンチャー企業と思われていたテスラが大躍進中だ。

 年間販売台数では30分の1程度ながら、2020年7月にはトヨタの時価総額を抜いたことも明らかになった。

 いち早くEVに特化したのは事実だが、並みいる競合自動車メーカーを相手に、早々とブランドイメージを確立することに成功している、その理由について桃田健史氏が考察する。

文:桃田健史/写真:TESLAR、TOYOTA、NISSAN、PORSCHE

【画像ギャラリー】プレミアムEVの先鞭をつけたテスラの歴代モデルとこれから発売されるモデル


ついにマスマーケット参入か!?

テスラの現行ラインナップで最も価格が安いのはモデル3で、日本では511万~717万3000円。大幅に生産が遅れていたが、現在は安定

「3年以内に、2万5000ドル(約265万円)のEVを発売したい」。

 2020年9月にテスラ株主総会でイーロン・マスクCEOが明らかにした。

 現行「モデル3」より廉価なエントリーモデルを設定することで、ついに自動車市場の中核であるマスマーケットに参入することになるのか?

 その翌日、テスラが本社を置く米カリフォルニア州のニューサム知事が会見した。

「2035年までに州内でインターナル・コンバッション・エンジン車(=ガソリン・ディーゼル車)の新車販売を禁止する」という。

 ただし、同州と米連邦政府は、燃費規制に対する考え方で対立しており、2020年11月の大統領選挙を控えて、アメリカでの電動車市場が今後どう変化するのか、現時点でははっきりと見通せない状況だ。

 とはいえ、欧州や中国などでCO2総量規制やEVなどゼロエミッション車の販売総数規制などがさらに強化されるのは確実な情勢だ。

 そうなるとテスラの存在感も益々固まり、テスラの株もさらに上がり、GM、フォード、そしてトヨタとの時価総額の差も広がっていくのだろうか?

テスラは年間販売台数ではトヨタの約30分の1ながら、時価総額でトヨタを抜いて自動車メーカーでは世界一。このは将来性が加味された結果だろう

混迷したテスラ第一期

 テスラの今後を占うために、まずはテスラの歴史を振り返ってみたい。

 大きく第一期と第二期の二つに分かれる。

 第一期は、2003年から2008年、マーティン・エバーハードCEO時代だ。電気エンジニアだったエバーハード氏がベンチャーキャピタルなどから資金調達しながらテスラを運営し、イーロン・マスク氏は投資家という立場にあった。

 テスラの量産型第一号「ロードスター」は事実上、英国ロータス「エリーゼ」のEVコンバージョンだ。シャーシをロータスから調達し、ボディはフランス国内で加工してアメリカへ輸入していた。

テスラの量産型第一号はロータスエリーゼのEVコンバージョンというべきロードスター。日本では2010年から販売を開始し、価格は約1500万円だった

 電動化技術について1990年にGMが量産した「EV1」の基礎開発を主導した、アラン・コッコーニ氏のACプロパルジョン社に委託していた。

 だが、技術開発は予定より大幅に遅れ販売も停滞し、エバーハード氏は事実上、テスラを追放されてしまう。

 この時点で、それまでテスラを見てきたメディア関係者の多くが「テスラは夢半ばで終わった」という印象を持った。

次ページは : 大化けした第二期はトヨタ効果がきっかけか?