【レクサス、デリカ、NSX…】月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声11選


 『うんこ漢字ドリル』227万部、「DAZN」(ダ・ゾーン)登録100万人突破、2017年9月のホンダN-BOXの月販台数は2万5173台……と今年もバカスカ売れているものは多い。

 しかしそんなご時世でも売れてないクルマは相変わらず売れてない。

 本企画では急遽「売れないクルマたち調査委員会」を立ちあげ、月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声に耳を傾けつつ、ところどころで自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に「なぜ売れないのか?」のコメントをもらいつつ、紹介してゆきたい。

 世はなべて「売れた車はすごい」「メガヒット作の秘密はこれだ!」というニュースばかりが持てはやされますが、売れてなくても言い分はあるし、もちろん魅力もあるのです。

文:ベストカー編集部、渡辺陽一郎
ベストカー2017年11月26日号
※記事初出時にはエスクード2.4の写真が誤って最新型のものが掲載されておりましたので修正いたしました。慎んで訂正いたします(2017.11.13 10:10)


■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台

CR-Z

 さっそく今年1月の月販数を見ると、ホンダCR-Zの14台が目にとまる。「2010年の発売当初、“スポーツを楽しめるハイブリッド。

 画期的だ”なんてよく自動車評論家のみなさんに褒められたけど、2~3年経つと“IMAシステムそのものがこのクルマに合わない”などとマイナス面ばかり指摘されて……。憧れのCR-X様にはなれなかったんだな、僕は。はぁ~」

とCR-Z君のため息が聞こえてくる。

 今年1月で生産中止だっただけに、最後のひと花でこの月はけっこう売れると思ったんですが……。渡辺陽一郎さん、なんで短命に終わったんスかね?

 「CR-Zがこんなに短命とは思わなかったけど、結局“すぐ欲しい人、これしか買わないという人”が少なすぎたということでしょう。

 この手のモデルを買う市場はもともと小さいので、次々と売れないとさらに小さくなり、やがてほぼなくなる……ということですね」

 と、“特殊なスポーツ市場”を構築することができなかったと指摘。肩を落とさないでね、CR-Zさん。

■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台

レクサスGS F

 CR-Zと同じ2017年1月ではレクサスGS Fの17台も目についた。

 「レクサスはそれほど売れなくても成立するんじゃないの?」と庶民の本企画担当は思ってしまうが、とはいえレクサスだって月販100台は売れないと開発費の元を取るのは難しいはず。ですよね、渡辺陽一郎さん。

 「V8エンジン搭載といっても今やあんまり魅力ないし、エンジン自体が古い。燃費も悪いしね。なにしろ価格が高い。

 1112万円ってベンツCクラスAMG(886万円からある)が出た時点で、こっちのほうがいいとなる。ベンツは値引きするけど、レクサスは値引きなしだしね」

 と語るけど、どうですかそこのところ、GS Fさん。

 「ふん、欧州車軍団を買いたければどうぞ。私はGSからの特別な走りのクルマとして誕生したまでで数は追わない主義なんだよ。17台? そんな数なんて気にしないよ。それより仲間のRC Fをごらんよ。月販9台の一桁だよ」

 うおっと、ホントだ。

次ページは : ■レクサスRC F 2017年1月販売台数9台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ