もう試乗記は読まれない時代に!? 自動車雑誌の生命線は今後どうなる?

もう試乗記は読まれない時代に!? 自動車雑誌の生命線は今後どうなる?

 日本車から輸入車、それに新車から中古車、さらに時事ネタからクルマ以外の話まで、幅広い情報をお伝えしている自動車総合誌のベストカーが、「最近、読者の関心が薄れているなぁ」と感じているのが"新車試乗記"。 新たに登場したニューカーを評価する新車試乗記といえば、昔からクルマ雑誌にとっては定番。自動車誌の根幹ともいえるメインとなる記事だ。そんな、新車試乗記の人気が下がっているとなると、ベストカーをはじめ自動車雑誌にとっては一大事だ! この試乗記問題、自動車雑誌を読んでいる読者や執筆している評論家はどのように感じているのか? 自動車メディアの大問題に迫ります!

文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年1月26日号


■自動車評論家は「試乗記」に危機感を感じている?

 試乗記がいまいち読まれていない、人気がないという風潮に対してベストカーでもおなじみの執筆陣はこの現状をどう感じているのか。鈴木直也氏、国沢光宏氏、清水草一氏、渡辺陽一郎氏に聞いてみた。試乗記の「いま」はいかに!?

【鈴木直也】いろんな角度でクルマを語る必要がある

 正直な心境を言えば、ぼくはクルマ(特に新車)の試乗記は20世紀でほぼその役割を終えた、と思っている。ひとつは、工業製品としての自動車の完成度が高まって、一般ユーザーにおすすめできないほどダメなクルマがなくなったこと。

 もうひとつは、自動車メディアの読者が変わってきたこと。最近の若い人は、ダイナミック性能を中心に語るオーソドックスな"走りのインプレ"に、あまり興味がなさそうに感じられる。ゆえに、これからクルマを語るなら、歴史的な視点や技術的な考察、あるいはエネルギー問題に代表される社会的意義など、いろいろな角度から光を当てないと、面白く読んでもらえないんじゃないか、そういう気がしています。

大ベテランながら無茶ブリにも答えてくれる鈴木氏。まずは読んでもらうことが大事だ
大ベテランながらベストカーの無茶ブリにも答えてくれる鈴木氏。まずは読んでもらうことが大事だ

【国沢光宏】最近の皆さんが読む気にならない試乗記

 クルマと食べ物のレポートは多くの共通点がある。一度も味わってないジャンルだと的確に伝えられず、反対に日常で接しているものについちゃ誰も興味ないということ。つまり牛肉を食べたことがない人に牛肉の味は伝えられないし、近所のラーメン屋さんの評価など興味ない、ということであります。

 最近の国産車を見てると後者のケースが多く、皆さん読む気になってないと思う。私らだって平均的なパワーのエンジンで、普通のハンドリングのクルマを面白おかしく紹介することなどできない。そんなことから最近ワタシの試乗レポートって、クルマについて書いてある分量が半分以下だったりすることも。逆に、そのほうが読んでもらえたりする。おそらく小説書くような文章力を必要とする時代になったんだろう。

【清水草一】エンターテイメントじゃないとダメ!

 私は新車試乗記がメインの仕事とは言えないので、個人的には危機感はないです。というより、今のフツーの新車試乗記じゃ、読者様に読んでもらえなくなって当然じゃないかと思ってます。リーマンショックによる不況以来、新車試乗記のチョーチン記事化がとても進んだと思うのです。

 まあ今のクルマはどれもちゃんとしてるので、致命的欠点があるクルマはないと言えばないけど、もう読み手はカーマニアだけ。よって新車試乗記は、カーマニアが満足する内容にしなきゃいけない。それはもちろんどうでもいい操縦性とかの話じゃなく、そのクルマが楽しいか楽しくないか的な。いや、読んで楽しめる試乗記にしなきゃダメなんだよな。エンターテイメントじゃないとダメってことね。

ダイナミックな走行インプレッションを読む層が減ってきたともいえる
ダイナミックな走行インプレッションを読む層が減ってきたともいえる

【渡辺陽一郎】読み物として退屈になったと思う

 試乗記の需要は21世紀に入って下がった。走行安定性が全般的に高くなって危険なクルマが減り、試乗記を読まなくても安心して新車を買えるようになったからだ。走りの技術向上で背の高いミニバンや軽自動車が開発され、関心の対象が運転の楽しさから居住性、積載性などに移ったことも影響している。

 読み物としても退屈になった。昔はフルチェンジすると性能が大幅に高くなり、走りの性格が変わったが、今はサプライズが皆無だ。例えばハンドリングなら、どのクルマも後輪を確実に接地させ、微小舵角からの反応が正確で、舵角に応じて忠実に曲がる設定をめざしている。例外はない。

 従って新車の試乗記も、すべて読者諸兄が想像した内容になる。わかりきった退屈な結果報告だ。だから思わず膝を打つような分析、付加価値が重要になる。

■評論家が試乗記を書くうえで心がけていることは?

 なんとなくわかってきた事実として、そもそもの新車の完成度が高く、性格も似たクルマが増えてきていること。読む前からだいたい結末がわかっているようなクルマに関しては、おもしろく書くのがなかなか難しいというのが評論家の本音のようだ。かつてのような「ハンドリング」などにこだわる試乗記の役目が終わりつつある、なんて実感を評論家も持っているようだ。

 とはいえ、自動車雑誌から新車試乗記が消えたらそもそも媒体として大丈夫か!? というのも事実。そこでこれからの試乗記はどうあるべきか。そしていま評論家たちはなにを考えて試乗記を書いているかに迫りました。

【鈴木直也】「へぇ!」と思ってもらえるように

 原稿を書く時に心がけていることはいろいろあるが、本誌ベストカーに代表されるカジュアルな中綴じ自動車雑誌の場合、与えられた行数が少ないのが思案のしどころ。こういうケースでは本当に語るべきテーマを絞らないと、けっきょく何も言えずに終わっちゃう。意外に難しいんですよ、短い原稿は。

 だから、そういう時にぼくが心がけているのは、できればひとつくらい、読者に「へぇ!」と思ってもらえる"ネタ"を盛り込むこと。その"ネタ"を見つけるのが大変なんだけど、それがまた書き手の楽しみでもあるわけでございます。

【国沢光宏】自分が読者だったらどうか? が基準

 まず文章として面白くなくちゃアカンと思っている。だって教科書みたいな文体&内容だと読んでもまったく楽しくないでしょ。サービス精神ゼロ。あれじゃお金出して買ってくれないです。よってクルマのディテールや、紹介だけ並べているようだと、職業としての自動車評論家失格である。

 「参考になった」とか「面白かった」というレベルで満足せず「社会を考えさせられた」くらいまで行けば合格点。「人生を考えた」レベルに到達すれば、きっと次々と仕事来るだろう。ワタシの場合、自分が読者だったらどうか、という点を基準に原稿を書いてます。

自動ブレーキや安全性など読者が気になるテーマでインプレすることも多い国沢氏
自動ブレーキや安全性など読者が気になるテーマでインプレすることも多い国沢氏

【清水草一】自分で面白がって、なによりも本音を書く

クルマ選びのための情報ではなく、エンターテイメントであることをなによりも優先しています。私の新車試乗記を読んでもあまり購入ガイドにはならないでしょうが、ほかの方の記事を読めばそういう情報は得られると思うので。

 私はもっと大本のところ、そのクルマがココロに刺さるか刺さらないかみたいな部分を書くように心がけてます。あとは面白おかしい娯楽になるように。つーか勝手にそうなっちゃうんだけど。だって購入ガイド書くのって、すっごくつまんないんだもん! 自分が面白がって書かなきゃ、面白くなるわけない。そのためには、なによりも本音で書くことですかね?

【渡辺陽一郎】読者に損をさせないことが信条です

 記事の執筆で最も重要なのは、読者諸兄の不利益になる事柄を正確かつ迅速に伝えて、ケガや損をさせないことだ。従って新車試乗記でも、欠点の指摘が最優先される。走行性能は全般的に向上したが、後方視界の劣悪な乗用車は昔に比べると急増して、新たな危険が生じている。

 ボディも肥大化して、市街地で運転しにくい車種が増えた。乗降性や後席の居住性が悪いクルマも多く見られる。ちなみに新車の長所に関する情報は、メーカーのウェブサイトやカタログに豊富に掲載されて、無料で手に入る。有料の雑誌で欠点の指摘が不可欠なのは当たり前だ。

走行時のインプレは読者がもっとも気にする部分。記事を参考にしている読者がいる限り損をさせない、というのが渡辺氏の
走行時のインプレは読者がもっとも気にする部分。記事を参考にしている読者がいる限り損をさせない、というのが渡辺氏の信条

■Web編集部より

 編集担当としては「試乗記」はなければならない部分であると思います。それには編集者が評論家にどんな原稿を「オーダー」するかが非常に重要という事実もあります。褒めるにしても「なぜ褒めるか」がハッキリしないとモヤモヤしてしまいますし、ダメだしするにも同じく理由が必要です。

 クルマ自体の「いい/悪い」をハッキリさせると同時に、そのクルマが読者の皆さんにとってどんなストーリーを与えてくれるかがこれからの試乗記の重要な部分かなと思います。今後とも試乗記へのお付き合いよろしくお願いします!!

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ