初期型はイマイチでも改良で劇的改善!? 名誉挽回したクルマたち 5選

 本企画は、自動車評論家たちが「初期型は酷評し、後に改良でよくなったんだけど、ソレを伝える機会がなかった」というクルマを紹介していく。

 やはり第一印象というのは大きいもので、初期がダメだとずっと「ダメ」なイメージが離れないものなのだ。しかし、その後地道な改良を重ね、あるいは大胆な方針転換を果たし、そのイメージを実質的に払拭しているクルマたちもある。

 今回はそんなクルマたちの名誉を挽回させるべく5人の評論家が立ち上がった。じっくり読んでいただきたい企画だ。

●ラインナップ
・トヨタ アクア
・フェラーリ488GTB
・日産 スカイラインV37
・ホンダ フィット(先代)
・BMW2アクティブツアラー
・【番外コラム】マイナーチェンジで名誉挽回できるクルマの条件

【画像ギャラリー】名誉挽回は見た目も大事…!? ピックアップされたクルマたちを画像で見る

※本稿は2020年11月のものです
文/渡辺陽一郎、清水草一、片岡英明、岡本幸一郎、松田秀士、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、BMW、Ferrari
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■トヨタ アクア

 2011年に登場したアクアに初めて試乗した時は驚いた。

 車内に入るとインパネがプラスチック素材丸出しだ。ハイブリッドだから、モーターのみの駆動で発進した後にエンジンを始動させるが、この時はノイズが一気に増大した。

 遮音材が省かれ、エンジン音が直接車内に入る感覚だ。乗り心地は粗く、路上のデコボコも伝えやすかった。

 逆に動力性能には余裕があり、操舵感もダイレクトでスポーティカーのような走りを味わえたが、内装、ノイズ、乗り心地の質は低かった。

 この後、アクアは改良を頻繁に行った。遮音材の追加、サスペンション設定の見直し、内装の質感向上、さらにボディについてはスポット溶接の増し打ちまで行った。

 足まわりの設定を見直すなら調整の範囲だが、スポット溶接の増し打ちは根本的な改善だ。「どれだけ安く作っていたの!?」と改めて驚いた。

キャラが被るヤリスが出たあとでも一定数売れているアクア。これも改良をかさねた成果か?

 今でもアクアは上質とはいえないが、初期の不満はかなり改善された。質を下げた一番の原因は、2008年の終盤に発生したリーマンショックによる世界的な不況だ。

 2010年に発売された最終型のヴィッツや先代パッソを含めて、この時期に登場した低価格のコンパクトな車種には駄作が多い。

 トヨタに限らず、2010年に登場したマーチ、2012年のミラージュなども質が低かった。ミドルサイズ以上の車種は、もともと価格が高いので品質を保てるが、コンパクトカーは吸収できずに下げてしまうのだ。

 ところが同じ低価格車でも軽自動車は、競争が激しいこともあり、この時期にも我慢して質を下げなかった。新車の販売総数に占める軽自動車の比率も、2012年以降にN-BOXの登場もあって増え始めた。

 この時に生まれた市場環境が、今に繋がっている。

(TEXT/渡辺陽一郎)

■フェラーリ488GTB

 488GTBは、458イタリアのあとを継いで登場したフェラーリのV8ミドシップモデル。

 現在はF8トリビュートに切り替わって旧型になったけど、なにせフェラーリはV8ミドシップが一番売れるし、一番スポーティだし、とにかくメインストリームだ。ところがこの488GTB、登場当初は非常にガッカリさせられた。

 ルックスも458の改悪版だったけど、なによりもターボ化されたエンジンフィールに刺激がなかった。

「自然吸気のようなフィーリングを実現したターボ」という触れ込みだったけど、458イタリアの宇宙まで突き抜けるような回転フィールは失われ、ただ速いだけ。

フェラーリでも初期がダメなクルマってあるんですねぇ……。488GTB、中古価格は大体2400万円くらいだ

 ハンドリングに関しても、458の曲がりすぎるほど曲がるUFOのような操縦性に比べると、はるかに穏やかかつ常識的で、フェラーリらしいビリビリしたヤバい感覚がなかった。

 今後のフェラーリがみんなこんな風になるならば、フェラーリは終わった……とすら思った。

 ところが今年、その488GTBの最後期モデルに乗る機会があってビックリ。まるでフィーリングが変わっていた!

 エンジンはギュイーンと突き抜けるし、ハンドリングも458のUFO感が復活! 絶対性能はともかく、乗った感じは初期モデルとはまったくの別物になっていた!

 モデル途中での仕様変更は、メーカーからのアナウンスがなければわからない。フェラーリは、車名が変わらない限りそういうアナウンスをまずやらない。

 そんなに乗る機会もないから、どうしても初期モデルのイメージが固定されてしまう。でも488GTBは、最後にはしっかり刺激的になっていたんだね! 見直しました。

(TEXT/清水草一)

■日産 スカイラインV37

 スカイラインは11代目のV35系からプレミアムスポーツセダンを目指し、コンセプトを大きく変えた。

 それまでは日本のファンをターゲットにしていたが、この11代目からは世界に飛び出したのである。

 新世代のFMプラットフォームを採用し、エンジンは伝統の直列6気筒ではなくコンパクト設計のV型6気筒DOHCだ。ターボもない。

 この大英断は裏目に出て、スカイラインのファンは離れていった。12代目のV36系スカイラインもV35系の延長だったから、販売は伸び悩んでいる。

 13代目のV37系スカイラインは2013年秋にベールを脱いだ。ボディサイズはひと回り大きくなり、全幅は1.8mを超えた。

 だが、先進的なメカニズムを積極的に盛り込み、スカイライン初のハイブリッド車を主役に据えている。また、遅れて2Lの直列4気筒DOHCターボも送り込んだ。スポーティ路線に回帰したが、それでも人気は上向かない。

 だが、2019年秋に大がかりなマイナーチェンジを断行し、一気に風向きが変わるのである。

当初は日産のバッジすら付けられていなかったV37スカイライン。確かに名誉挽回したクルマではあろうが、往年の人気を考えるとまだまだ!

 日本車で初めて同一車線内でハンズオフ、手放し運転が可能な「プロパイロット2.0」を搭載し、フロントには久しぶりに日産エンブレムが付けられた。

 また、リアランプも伝統の丸型2連タイプだ。それだけではない。ハイパフォーマンスを誇る硬派の400Rも投入したのである。

 パワフルなエンジンと切れ味鋭いハンドリングを取り戻し、独特のオーラを放つ最新のスカイラインは、往年のファンとマニアを再び振り向かせた。

 そういえば、ハコスカも最初は今一歩の人気だったが、2000GTやハードトップを加えたら大ブレイクしたのである。スカイラインは伝統的に後期モデルのほうが人気者になる図式のようだ。

(TEXT/片岡英明)

■ホンダ フィット(先代)

 先代のフィット3が出た時、いくつかのメディアでガソリンはよしとして、ハイブリッドはダメだと率直な思いを書いた。まだ新車だから、みんな忖度して好意的な記事を書いていた頃だ。

 でも僕は、まずテストコースでプロトタイプに乗って頭のなかが「?」だらけになり、さらに公道で市販版に乗って、ハイブリッドは全然未完成であることを確信した。

 となると、フィット2のハイブリッドに乗っていた人が、同じように乗れると思ってフィット3を買うとまずい。買った人にとってもホンダにとっても不幸だ。

 そこで僕は、警鐘を鳴らす意味も込めて率直な印象をありのまま書いた。

フィット3を苦しめたi-DCD。フィット3後期型ではかなり改善されたのだが、フィット4ではi-DCDを捨ててe:HEVを採用。もったいない

 ある編集部からは、このまま掲載するのはいかがなものかと確認されたけど、僕はぜひそのまま載せてほしいと伝えた。その後の顛末はご存知のとおり。

 まさかあれほどまでにリコールが続くとは思ってなかったけど、結果的にハイブリッドがよろしくなかったことが証明された格好になった。

 すると過去記事がネット民から掘り返され称賛されたこともあったようだが、その後フィット3についてたまたまメディアで書く機会に恵まれなかった(苦笑)。

 でもまあ折にふれてフィット3に乗る機会はあったので、やがてi-DCDの制御が劇的に改善されたり、直進性が格段によくなったり、乗り味が洗練されたことは確認していた。

 ホンダの関係者にはその旨を伝えることはできたけれど、もっと世のなかにもちゃんと知らせる機会を積極的に作るべきだったように思っている。

 かたや新しくなったフィット4の完成度は出ていきなりかなりのもの。今度はそのよさをしっかり読者のみなさまに伝えていかなければ!

(TEXT/岡本幸一郎)

■BMW2アクティブツアラー

 BMWはコンパクト系にもハンドリングを重視してFRというコンセプトを貫いていた。その代表的モデルが1シリーズだったわけ。

 M140iなんて直6エンジンをあの狭いエンジンルームに縦置き。覗くとギッシリ感満点のエンジンルームだった。

 縦置きでエンジンルーム長いからキャビンは狭い。エンジン横置きのFFが主流のこのクラスで「ハンドリングが大事だ!」とひとりFRにこだわっていたのでした。

 ところがある日突然2シリーズ・アクティブツアラーなんてモデルをリリースしてFFを発売したのです。BMWお前もか! と叫びたくなったものでした。というのも初期モデルにボクはそれほど感動しなかったから。

 BMW製MINIはFFなのだから同じプラットフォームを使えばそれほど難しくなくBMWらしいハンドリングの味つけが可能だろうと踏んで試乗したのだが、ステアリングフィールやサスペンションの動きにも素直さが見られず、ちょっとガッカリしたのを覚えている。

 当時はメルセデスもFFとなったAクラス(BMWよりもずっと前からFF)に手こずっているように見えたので、BMWも仕方がないか? だったのだ。

 しかし、そのガッカリから半年くらいして試乗会に出向きステアリングを握って驚いた。初期モデルの悪印象が払しょくされて、驚くほどハンドリングも乗り心地も改善していた。

 さらにPHEVモデルはリアモーターのみのFRモードも設定されている。やっぱり! とメーカーの意気込みを感じたのだ。そして現行モデルにはグランクーペが追加デビューして、FFでもアジリティー豊かなBMWらしい味つけになっている。

 BMWコンパクトFF系名誉挽回の思い出でした。

(TEXT/松田秀士)

BMWはやっぱFRっしょ! という人にも納得のレベルに進化した2シリーズ。まさに名誉挽回である(写真はグランクーペ)

【番外コラム】マイナーチェンジで名誉挽回できるクルマの条件

 マイナーチェンジで名誉を挽回できるクルマには条件がある。アクアやヴィッツは、経済不況と重なって質感やデザインに不満が生じたので改善は可能だった。

 ステップワゴンスパーダのように、派手さが重要なエアロミニバンのフロントマスクを地味にデザインして、案の定売れず、怒り顔に改めた車種もある。現行プリウスも不評とされた外観と内装を変えた。

 CX-3はディーゼルのみで発売したら売れず、2Lと1.5Lのガソリンを順次割安な価格で投入して名誉挽回に努めた。エンジンの種類、グレード構成、価格を改めて名誉挽回を目指すこともある。

 ただし車内が狭い、ボディが大きすぎるなど、根本的な問題を抱えていると名誉を挽回できない。挽回できる車種は意外に限られるのである。

(TEXT/渡辺陽一郎)

見た目変更が一番手っ取り早く名誉挽回できることを証明したのがアルファード。オラオラ顔はみんな大好き

【画像ギャラリー】名誉挽回は見た目も大事…!? ピックアップされたクルマたちを画像で見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ