アクア、フィット…初期型はイマイチでも改良で名誉挽回したクルマたち 5選


 本企画は、自動車評論家たちが「初期型は酷評し、後に改良でよくなったんだけど、ソレを伝える機会がなかった」というクルマを紹介していく。

 やはり第一印象というのは大きいもので、初期がダメだとずっと「ダメ」なイメージが離れないものなのだ。しかし、その後地道な改良を重ね、あるいは大胆な方針転換を果たし、そのイメージを実質的に払拭しているクルマたちもある。

 今回はそんなクルマたちの名誉を挽回させるべく5人の評論家が立ち上がった。じっくり読んでいただきたい企画だ。

●ラインナップ
・トヨタ アクア
・フェラーリ488GTB
・日産 スカイラインV37
・ホンダ フィット(先代)
・BMW2アクティブツアラー
・【番外コラム】マイナーチェンジで名誉挽回できるクルマの条件

【画像ギャラリー】名誉挽回は見た目も大事…!? ピックアップされたクルマたちを画像で見る

※本稿は2020年11月のものです
文/渡辺陽一郎、清水草一、片岡英明、岡本幸一郎、松田秀士、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、BMW、Ferrari
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■トヨタ アクア

 2011年に登場したアクアに初めて試乗した時は驚いた。

 車内に入るとインパネがプラスチック素材丸出しだ。ハイブリッドだから、モーターのみの駆動で発進した後にエンジンを始動させるが、この時はノイズが一気に増大した。

 遮音材が省かれ、エンジン音が直接車内に入る感覚だ。乗り心地は粗く、路上のデコボコも伝えやすかった。

 逆に動力性能には余裕があり、操舵感もダイレクトでスポーティカーのような走りを味わえたが、内装、ノイズ、乗り心地の質は低かった。

 この後、アクアは改良を頻繁に行った。遮音材の追加、サスペンション設定の見直し、内装の質感向上、さらにボディについてはスポット溶接の増し打ちまで行った。

 足まわりの設定を見直すなら調整の範囲だが、スポット溶接の増し打ちは根本的な改善だ。「どれだけ安く作っていたの!?」と改めて驚いた。

キャラが被るヤリスが出たあとでも一定数売れているアクア。これも改良をかさねた成果か?

 今でもアクアは上質とはいえないが、初期の不満はかなり改善された。質を下げた一番の原因は、2008年の終盤に発生したリーマンショックによる世界的な不況だ。

 2010年に発売された最終型のヴィッツや先代パッソを含めて、この時期に登場した低価格のコンパクトな車種には駄作が多い。

 トヨタに限らず、2010年に登場したマーチ、2012年のミラージュなども質が低かった。ミドルサイズ以上の車種は、もともと価格が高いので品質を保てるが、コンパクトカーは吸収できずに下げてしまうのだ。

 ところが同じ低価格車でも軽自動車は、競争が激しいこともあり、この時期にも我慢して質を下げなかった。新車の販売総数に占める軽自動車の比率も、2012年以降にN-BOXの登場もあって増え始めた。

 この時に生まれた市場環境が、今に繋がっている。

(TEXT/渡辺陽一郎)

■フェラーリ488GTB

 488GTBは、458イタリアのあとを継いで登場したフェラーリのV8ミドシップモデル。

 現在はF8トリビュートに切り替わって旧型になったけど、なにせフェラーリはV8ミドシップが一番売れるし、一番スポーティだし、とにかくメインストリームだ。ところがこの488GTB、登場当初は非常にガッカリさせられた。

 ルックスも458の改悪版だったけど、なによりもターボ化されたエンジンフィールに刺激がなかった。

「自然吸気のようなフィーリングを実現したターボ」という触れ込みだったけど、458イタリアの宇宙まで突き抜けるような回転フィールは失われ、ただ速いだけ。

フェラーリでも初期がダメなクルマってあるんですねぇ……。488GTB、中古価格は大体2400万円くらいだ

 ハンドリングに関しても、458の曲がりすぎるほど曲がるUFOのような操縦性に比べると、はるかに穏やかかつ常識的で、フェラーリらしいビリビリしたヤバい感覚がなかった。

 今後のフェラーリがみんなこんな風になるならば、フェラーリは終わった……とすら思った。

 ところが今年、その488GTBの最後期モデルに乗る機会があってビックリ。まるでフィーリングが変わっていた!

 エンジンはギュイーンと突き抜けるし、ハンドリングも458のUFO感が復活! 絶対性能はともかく、乗った感じは初期モデルとはまったくの別物になっていた!

 モデル途中での仕様変更は、メーカーからのアナウンスがなければわからない。フェラーリは、車名が変わらない限りそういうアナウンスをまずやらない。

 そんなに乗る機会もないから、どうしても初期モデルのイメージが固定されてしまう。でも488GTBは、最後にはしっかり刺激的になっていたんだね! 見直しました。

(TEXT/清水草一)

次ページは : ■日産 スカイラインV37

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ