あれ? 交通覆面パトカーじゃない!?? スポーティすぎていろいろ紛らわしい捜査用覆面パトカー5選

「ウ~~!」と公道で鳴り響くパトカーのサイレン音。ルームミラーには、赤灯を点灯させながら迫りくる覆面パトカー! 違反をしていなくても、ドキっとする瞬間だろう。しかし、街中で出会う覆面パトカーは交通取り締まり用ばかりとは限らない。一見、交通取り締まり用に見えて、捜査用ということもある。

 今回は「えっ? これ、交通取り締まり用覆面パトカーじゃなかったの???」と、多くのドライバーがびっくりしたであろう、スポーティ感あふれる捜査用覆面パトカーを、新刊『平成~令和新時代 パトカー30年史』からピックアップして紹介しよう。

写真/編集部、大塚正諭、有村拓真

【画像ギャラリー】秘蔵写真大公開 こんなパトカーなら一度は乗りたい捜査系スポーツパトカー

『平成~令和新時代 パトカー30年史』は全国書店および電子書店で絶賛発売中!!

■マニアでなくとも愛車にしたくなる

 覆面パトカーは、大きく、交通取り締まり用、捜査用、警護用の3種に分けることができる。それぞれに役割は明確で、捜査用や警護用の覆面パトカーが、交通取り締まりをすることはない。当然だが運用する部署が違うし、速度違反の取り締まりに関していえば、車両にストップメーターを装備していないので、速度測定ができないからだ。

 しかしながら、捜査用パトカーのなかには、交通覆面パトカーと思ってもなんら不思議ではないほどのスポーティなモデルが導入されたことがあった。また、そのなかには交通用取り締まり用と同一車種(グレードは違うが)が導入されたこともあり、紛らわしい捜査用覆面が少なくない。

 そこで本企画では、一般ドライバーが「まさか交通パト!?」とドキっとしたであろう覆面パトカーを紹介する。いずれも「走り」を期待させる車種ばかりで、なかには愛車候補にしたいクルマがあるかも。

第1位 捜査員もきっと驚いた! SUBARUインプレッサWRX

 ボンネットに大きくあいたエアインテークに、金色のホイール! いかにも走りを予感させるこれほどスポーティなクルマが、捜査用覆面パトカーだとは、まず思わないだろう。配備されたときは、捜査員もこの車種セレクトにびっくりしたことだろう。2005年頃に千葉県警高速隊に交通取り締まり用が2台配備されていたが、捜査用は全国に大量配備された。

ルーフに赤色灯がなければ、そもそも覆面パトカーとすら思えない
インプレッサファンならば、ぜひともリアスポイラーはほしいところだが、そういったオプション装備がないところが警察車両らしいところ

第2位 交通パトに続いて捜査パトも! NISSAN R34スカイライン25GT

 1998年頃に国費で配備され、全国の高速隊・交通機動隊で猛威をふるったスカイライン25GT-tの交通取り締まり用覆面パトカー。交通用としても珍しい車種選択で、当時のドライバーを驚かせた存在だったが、実は同じ時期に捜査用覆面も大量に配備された。グレードこそターボなしだったが、当時はじつに紛らわしい存在だった。

捜査用で全国に配備された捜査用のR34スカイライン。アルミホイールというところもパトカーらしくない
同時期に交通用として全国の高速隊や交通機動隊で活躍したR34スカイライン25GTターボ。ナンバー両サイドの前面警光灯が目印だった

【画像ギャラリー】秘蔵写真大公開 こんなパトカーなら一度は乗りたい捜査系スポーツパトカー

第3位 捜査用車の定番車となった SUBARU レガシィB4(BM)

 インプレッサWRXと同様に、エアインテークがいかにも走りを感じさせるレガシィB4。実はこちらも捜査用覆面だ。隠密行動にはやや不向きな印象だが、犯人を追走するときには、パワフルで安定感の高い走りが、捜査員を大いにサポートするに違いない。なお、BM型レガシィB4は、交通取り締まり用としても全国配備されており、慣れない人には判別が難しいかも。

捜査用として導入されているBM型レガシィの覆面パトカー。助手席よりにセットされたマグネット式赤灯で、捜査用ということがはっきりわかる
赤色灯を出していなければ、捜査用とほとんど区別がつかない交通取り締まり用のレガシィ覆面。徐々に引退が進んでいる

第4位 警視庁にはスペシャル交パが存在! TOYOTA マークX

 先代にあたるマークII時代は幹部用車として使われたが、イカツイ顔のマークXとなってから捜査用覆面として全国に大量配備されている。一方で交通覆面パトカーとしても全国で使われているため、なかなか紛らわしい存在だ。なお、警視庁にとっておきのスーパーチャージャー仕様の交通覆面が導入されている。

捜査用のマークX覆面パトカー。ルーフに載っているのはマグネット式の赤色灯
警視庁の交通機動隊に配備されている白のマークX覆面。スーパーチャージャー付きのハイパワー交通覆面だ

第5位「出会えたら幸運?」のレアパト TOYOTA クラウン(200系)

 パトカーの代表格ともいえるクラウン。警ら用、交通取り締まり用で多数使われているが、一部には捜査用車両もある。紛らわしいというよりも、出会えたらラッキーなレア車両。なお、アスリートのほうは幹部車として見かけることができる。

機動捜査隊の200系クラウン覆面。交通用覆面の場合は、フロントグリル内に前面警光灯が装備される
ここでしかお目にかかれない貴重なパトカー写真が満載!! 『平成~令和新時代 パトカー30年史』(講談社ビーシー刊)は全国書店および電子書店で絶賛発売中!!(kindle版も同時発売!!)

【画像ギャラリー】秘蔵写真大公開 こんなパトカーなら一度は乗りたい捜査系スポーツパトカー

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ