クローラーに6輪車 タイヤが超個性的なSUV5選

クローラーに6輪車 タイヤが超個性的なSUV5選

 無限軌道と聞いて、何のことかわかる人は少ないと思うが、戦車やブルドーザーなどに装着されているキャタピラーと言えば、ピンとくるだろう。ちなみにキャタピラーは、アメリカのキャタピラー社の登録商標だ。

 無限軌道のひとつとして、クローラーというものがあり、金属製やゴム製のベルトを備えているため、雪道、泥濘路などでの走破性に優れている。

 豪雪地域やスキー場用などに、アフターでクローラーを装着したモデルやキットを発売しているメーカーはあるが、実は日本の自動車メーカーも純正で発売していたことがある。

 そのほか、究極のオフローダーを含め、タイヤに特徴のあるSUVを特集する。

文/ベストカーWeb編集部、写真/MITSUBISHI、TOYOTA、NISSAN、MERCEDES-BENZ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】SUVより衝撃的!! セダンにクローラを装着した日産アルティマが超絶カッコよすぎる!!


パジェロ4クローラー

1999年1月発表

1999年1月、パジェロのミッドルーフ車に設定されたパジェロ4クローラー。タイヤを取り外してクローラーに交換することができる
1999年1月、パジェロのミッドルーフ車に設定されたパジェロ4クローラー。タイヤを取り外してクローラーに交換することができる

 三菱は泥濘地、砂地での農作業、土木工事、スキー場などの積雪地域に向けて、必要に応じてタイヤとクローラーを交換することのできる特装車をミニキャブトラックに設定し、4クローラーとして1997年から販売を開始。

 そして1999年1月にフラッグシップSUVのパジェロのミッドルーフ車にも4クローラーが設定された。

 ミニキャブトラック4クローラー、パジェロ4クローラーとも、車検証にタイヤ装着時とクローラー装着時の2種類の諸元が記載され、パジェロは普通自動車、ミニキャブトラックは軽自動車として登録されるので、免許があればだれでも運転できる。

1997年11月に発売されたミニキャブトラックの特装車「4クローラー」。ベース車はミニキャブトラックの4WD/5MT仕様
1997年11月に発売されたミニキャブトラックの特装車「4クローラー」。ベース車はミニキャブトラックの4WD/5MT仕様

 また、最大の魅力はクローラーを装着したまま一般公道を走ることができる点だろう。

 ちなみに、クローラー装着時の接地圧は0.23kg/cm2と、タイヤ装着時の2.5kg/cm2の約11分の1なので、潜り込みなどの心配はなく、走破性を高めている。

 価格は542万9000~684万7000円で、ベースよりも250万円高の設定だった。

 ちなみに、タイヤからクローラーへの交換について、リリースには『ハブボルトにクローラーをはめ込むだけの容易な方式とした』、とあるが、1クローラーは約150kgだから、誰もが簡単に交換できるシロモノではない。

次ページは : トヨタハイラックスサーフクローラー&ランドクルーザープラドクローラー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ