クローラーに6輪車 タイヤが超個性的なSUV5選


 無限軌道と聞いて、何のことかわかる人は少ないと思うが、戦車やブルドーザーなどに装着されているキャタピラーと言えば、ピンとくるだろう。ちなみにキャタピラーは、アメリカのキャタピラー社の登録商標だ。

 無限軌道のひとつとして、クローラーというものがあり、金属製やゴム製のベルトを備えているため、雪道、泥濘路などでの走破性に優れている。

 豪雪地域やスキー場用などに、アフターでクローラーを装着したモデルやキットを発売しているメーカーはあるが、実は日本の自動車メーカーも純正で発売していたことがある。

 そのほか、究極のオフローダーを含め、タイヤに特徴のあるSUVを特集する。

文/ベストカーWeb編集部、写真/MITSUBISHI、TOYOTA、NISSAN、MERCEDES-BENZ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】SUVより衝撃的!! セダンにクローラを装着した日産アルティマが超絶カッコよすぎる!!


パジェロ4クローラー

1999年1月発表

1999年1月、パジェロのミッドルーフ車に設定されたパジェロ4クローラー。タイヤを取り外してクローラーに交換することができる

 三菱は泥濘地、砂地での農作業、土木工事、スキー場などの積雪地域に向けて、必要に応じてタイヤとクローラーを交換することのできる特装車をミニキャブトラックに設定し、4クローラーとして1997年から販売を開始。

 そして1999年1月にフラッグシップSUVのパジェロのミッドルーフ車にも4クローラーが設定された。

 ミニキャブトラック4クローラー、パジェロ4クローラーとも、車検証にタイヤ装着時とクローラー装着時の2種類の諸元が記載され、パジェロは普通自動車、ミニキャブトラックは軽自動車として登録されるので、免許があればだれでも運転できる。

1997年11月に発売されたミニキャブトラックの特装車「4クローラー」。ベース車はミニキャブトラックの4WD/5MT仕様

 また、最大の魅力はクローラーを装着したまま一般公道を走ることができる点だろう。

 ちなみに、クローラー装着時の接地圧は0.23kg/cm2と、タイヤ装着時の2.5kg/cm2の約11分の1なので、潜り込みなどの心配はなく、走破性を高めている。

 価格は542万9000~684万7000円で、ベースよりも250万円高の設定だった。

 ちなみに、タイヤからクローラーへの交換について、リリースには『ハブボルトにクローラーをはめ込むだけの容易な方式とした』、とあるが、1クローラーは約150kgだから、誰もが簡単に交換できるシロモノではない。

トヨタハイラックスサーフクローラー&ランドクルーザープラドクローラー

1999年10月発表

1999年10月に発売されたハイラックスクローラー。価格は465万7000円
1999年10月に発売されたランドクルーザープラドクローラー。価格は524万円

 三菱のパジェロ4クローラーの約9か月後、トヨタからもタイヤを外してゴム製のクローラーを装着できるハイラックスクローラーとランドクルーザープラドクローラーの2車種が発売された。

 この2車種とも、パジェロ4クローラー同様に特殊車両ではなく普通車登録のため、普通免許で運転できた。

 パジェロは外観上の変更はほとんどなかったが、ハイラックスクローラー、ランドクルーザークローラーとも、クローラーユニットが車体から突出するのを防ぐために、ビッグオーバーフェンダーやプロテクターが装着され、ノーマルモデルと差別化されていた。

 クローラーを装着時とタイヤ装着時では、外径が変わるため、スピードメーターに誤差が出る。その対策として、それぞれの装着時に合わせてスピードメーター表示を切り替えるスイッチが装備されていた。

 ベース車はハイラックスサーフはSSR-X、ランドクルーザープラドはTZ。エンジンはともに3.4L、V6DOHCで、価格はハイラックスサーフクローラーが465万7000円、ランドクルーザープラドクローラーが524万円だった。ともにベースに対し180万円高。

次ページは : 日産ジューク

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ