ハリアー アルファード エクリプスクロスPHEV…大激戦区車の「買い」と「待ち」


 7年ぶりのフルモデルチェンジとなったトヨタ ハリアー、PHEVが好評の三菱 エクリプスクロス、販売好調のマツダ CX-30と、2020年(CX-30は2019年10月)に登場したSUVモデルが国内最激戦区に新風を吹き込み、ミニバンではアルファード、セレナといった定番モデルが更に存在感を見せている。

 実績が示すとおり、いずれも魅力的なクルマたち。だが気になる点がない…かといえばそうでもない。自動車評論家 国沢光宏氏、渡辺陽一郎氏が、優良モデルの「良いと点」と「考慮すべき点」を指南する!

ラインナップ
・トヨタ ハリアー
・三菱 エクリプスクロスPHEV
・マツダ CX-30
・スズキ ハスラー
・トヨタ アルファード
・日産 セレナ
・トヨタ シエンタ
・トヨタ ヴォクシー
【番外コラム】残価設定ローンの〇と×

【画像ギャラリー】ハリアー アルファード エクリプスクロスPHEV…優良モデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです。各車の「値引き額」は目標値で、流通ジャーナリスト遠藤徹氏調べ。店舗や時期などによりこの金額を引き出せない場合もあります。
文/国沢光宏、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■トヨタ ハリアー(価格:299万~504万円)

デビュー:2020年6月/全長4740×全幅1855×全高1590mm、ホイールベース2690mm、1680kg、2.4L直4+モーター、128ps/20.3kgm、120ps/20.6kgm(モーター)、WLTCモード22.3km/L(ハイブリッドZ・FF)

●オススメなトコロ…先代に対しすべてのスペックをバージョンアップしてきたのに同等の価格だったのだから驚いた。トヨタの価格戦略、割高感出てきたライバルメーカーが多いなか、際だった魅力を持つ。乗り心地も上質なインテリアもハイブリッドの走りのよさもモンクなしc 売れて当然でしょう。

●購入の際よく考えてみてほしいトコロ…今やハリアー=高級車というイメージになり始めた。クラウンから乗り換える人も少なくないのは、トヨタにとって想定外だったか? ここまで頑張ったのだから1日でも早くパワフルで静かで滑らかで環境にやさしいPHV仕様を追加してほしい。RAV4 PHVの40万円高なら激売れか?

●人気グレード
1)Z
2)ハイブリッドZレザーパッケージ
3)Zレザーパッケージ

●値引き目標額:25万円→→→まずまずの値引き状況

■三菱 エクリプスクロスPHEV(価格:384万8900~447万7000円)

デビュー:2020年12月/全長4545×全幅1805×全高1685mm、ホイールベース2570mm、1920kg、2.5L直4+モーター、178ps/22.5kgm、82ps/14.0kgm(前モーター)、95ps/19.9kgm(後モーター)、WLTCモード16.4km/L(P)

●オススメなトコロ…アウトランダーPHEVにも共通するのだけれど、使い勝手や街中での走りが素晴らしい! 電気自動車モードなら50km走って電気料金は110円くらいとランニングコスト超低い。ハンドリングも抜群です。熟成を重ねてきた車体ということもあり、完成度はとっても高い。

●購入の際よく考えてみてほしいトコロ…価格を考えたらひと回り広いキャビンスペースと、押し出しの効くエクステリアを持つアウトランダーPHEVを買ったほうがいいんじゃないかと思う。アウトランダーPHEV、値引きも拡大しており、見積もりを取ると支払い額はほとんど同じ。ボディサイズなども考えたら割高です。

●人気グレード
1)P
2)G
3)M

●値引き目標額:15万円→→→値引き引き締め傾向

次ページは : ■マツダ CX-30(価格:239万2500~371万3600円)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ