アジアではまだまだ大人気!! 各国で異なる「モーターショーの華」コンパニオン事情

 世界的に見ても、モーターショーになくてはならないのは“コンパニオン”の女性たち。しかし、先進国を中心に男女共同参画社会の実現などが声高に叫ばれるようになってきたこともあり、欧米のモーターショーではほとんど見かけることはなくなった。

 とはいえ、筆者はおもにアジアとなるが、新興国で開催されるモーターショーを多く取材すると、モーターショーにおけるコンパニオンは、“ショーの華”としていまも大活躍している。そこで筆者が訪れた各国のモーターショーにおけるコンパニオンの傾向を述べてみたい。

文・写真/小林敦志

【画像ギャラリー】モーターショーに華を添える美しきコンパニオンの世界(全40枚)


■アメリカ/自由奔放な姿勢が目立つ

アメリカのモーターショーではもはや数えるほどしか見かけなくなった

 人種や性別などによる偏見のない多様性のある社会の実現が重んじられる国だけに、基本的にコンパニオンは会場内にはほとんど見かけないものの、いくつかのブランドで少人数ながらコンパニオンを採用していることがある。

 自分が担当している展示車に近づくひとがいたら気軽に声をかけたりしている。さらには、周囲の目も気にせずに来場者とおしゃべりに熱中するなど、実に自由奔放な姿はさすがにアメリカである。

 アメリカでは市販されていないものの、デトロイトショーでは毎回のように中国メーカーがリサーチも兼ねているのだろうかブースを構え、コンパニオンがいたりするのだが、本国でのモーターショーと比べるとその数もほんのわずかでひっそりとなっている。

■中国/北京、上海ショーでは存在しない?

コンパニオンが禁止となった上海や北京では「車両説明員」と呼ばれる女性がブースに待機するようになった

 年間を通じて中国全土でモーターショーは開催されているのだが、そのなかで世界的にも注目されているのが、交代で隔年開催となる北京ショーと上海ショー、そして毎年開催となる広州ショーの3つとなる。

 “1級都市(中国では都市にランクがつけられている)”で開催される北京、上海ショーでは、プライドを重んじる中国政府の意向もあり、コンパニオンというものをショー会場で使ってはいけないことになっている。

 15年ほど前あたりから、北京と上海ショーは世界的にも注目され、開催規模も拡大していった。

 もともと会場には多数のコンパニオンがいたのだが、毎年のようにコスチュームの露出が激しくなり、会場内には多数の“カメラおじさん(中国ではカメラ機材が高いこともありおじさんが多い)”が溢れ、“格式”というものが軽んじられるようになり、政府が「コンパニオンはダメ」ということになったのである。

 その代わり、“車両説明員”として若い女性をブースに置くことが許された。その車両説明員になるには、単なる容姿だけでなく、応募するメーカーの商品知識などに関するペーパーテストも行われ採用されているとのことだ。

 そのため、衣装もビジネススーツや日本の企業でよく女性社員が着ているような制服といった清楚な衣装がメインとなっている。会場で見ていると、文字通り車両説明員として、来場者の展示車への質問に答えていることも多く、それを邪魔せずに撮影をお願いするのが結構大変である。

車両説明員というからには、当然商品に対する知識などが問われることになる

 二級都市である広州市で開催される広州ショーは、相変わらずなんの制限もなく会場にはコンパニオンが溢れ、コンパニオンを撮影するカメラおじさんも目立つ。

 中国メーカーのなかには地元で採用(もしくは地元出身者)したコンパニオンを使うケースも多いと聞く。

 例えば長安汽車の本拠地は重慶市なので重慶市及び近郊で、吉利(ジーリー)汽車は杭州市が本拠地なので、杭州市及び近郊で若い女性をコンパニオンとして採用し、モーターショー会場でコンパニオンとして活躍してもらうということらしい。

広州モーターショーでは、車両メーカーの地元近くに住む女性をコンパニオンとして採用することもある

 また“金髪”、つまり白人女性のコンパニオン人気が中国人民の間ではかなり高く、多くのブランドでは白人女性のコンパニオンも活躍している。

 中国式“男女平等”の現れなのか、少数ながら“筋肉ムキムキ”の“マッチョお兄さん”がいたりもするブランドもある。

 また、下位の中国メーカーになると、コンパニオンのなかに経営者の“愛人”が混ざっているといったことも、まことしやかに情報として流れている。

 少し前の話だが、広州ショーの会場取材をした日の晩に、縁があって広州市内にある日本人向けの“接待の伴う飲食店”に行くことがあった。

 日本語の話せるママさんに「モーターショーの取材に来ました」と話すと、「私の店に、コンパニオンやってる女の子いるね、呼んであげるよ」と、たまたま休日だったその女性を店に呼んでくれた。

 冗談だろうと思いながらも話を聞くと、重慶の出身で広州市内に住んでおり、長安汽車のブースでコンパニオンをしているとのことであった。

■タイ/“ほほ笑みの国”ではショーの顔的存在

タイのモーターショーではコンパニオンがショーの顔として活躍し、“キャンギャル大行進”と銘打ったイベントも開催される

 まさに、コンパニオンの洗練度とその数では東南アジアでも随一といえるのが、毎年春に開催される“バンコクモーターショー”。毎年“ミスモーターショー”も選抜している。

 さらに、プレスデーの夕方には“キャンギャル大行進”と銘打って、全ブランドのコンパニオンが会場内の目抜き通りを行進するイベントも開催されている。

 コンパニオンはカメラを向けると、ニコっと笑顔を見せてくれて快く撮影に応じてもらえる。

 トレードショー的色合いの強いショーとなり、会期中は会場内に多数のセールスマンがいて熱心に新車を地元のひとに売りこんでいるが、そのようななか、コンパニオンがほどよい“癒し”効果を会場に与えているようにも見えた。

■インドネシア/最初は素朴なイメージが強かった

国の経済成長とリンクするようにコンパニオンも洗練されていったインドネシア

 筆者が初めてインドネシアのモーターショーの取材に出かけたのは2015年。その当時のコンパニオンはとにかく“素朴”なイメージが強かった。

 当時、タイから出張にきていた某日系メーカーの駐在員のひとに話を聞くと、「洗練度では圧倒的にタイのほうが上です。おっしゃる通り、インドネシアはまだまだ素朴ですね」とのことであった。

 とはいうものの、ASEANでの重要な自動車生産拠点であり、経済大国でもあるインドネシアでは2019年にアジア競技大会を開催するまでに経済発展した。国の経済的成長とリンクするようにコンパニオンもタイに限りなく近いまでに洗練されるようになった。

■ベトナム/社会主義国家の割には露出目立つ!?

10年前の中国を彷彿とさせる街並みの中、それと対照的にあか抜けた雰囲気のあるホーチミンのコンパニオン

 南北分断時代には、南ベトナムの首都として栄えたホーチミン(サイゴン)市での開催もあるのか、現在社会主義国家となっていることを考えると露出度の高い衣装を着ているケースが目立っていた。

 あくまで私見とはなるものの、街の様子は“10年前の中国”といったイメージが強いなかでは、コンパニオンのお姉さまはすでにインドネシアレベルぐらいまでになっているように思えた。

 道路を見れば、まだまだ二輪車が幅を利かし、四輪車の本格普及はこれからといった様子となっているので、四輪車のモーターショー自体が“ハイクラスなイベント”ということもあるのか、ハイクラスなコンパニオンを採用しているのかもしれない。

■インド/販売不振で親しみやすいタイプ増えた

どちらかというと親しみやすい雰囲気のあるデリーのコンパニオン

 隔年開催となる、“オートエキスポ(デリー)”は、筆者が2020年に唯一訪れることができたオートショーとなった(新型コロナウイルス感染拡大のため)。

 しかし、インドではより厳しい排気ガス規制の導入や、ノンバンク最大手の破綻など、いくつかの理由が重なり、ショー開催の時期は“どん底”といっていいほどの新車販売不振となっていた。

 そのため、2018年ですら出展メーカーが減少していたのに、2020年にはさらに出展ブランドが減る事態となった。

お国柄か、世界標準とくらべて「ポチャッ」としたタイプも目立っていた

 それでも、2018年比で目立って減少することなく、会場内にはコンパニオンが多くいた。ただ傾向としては2018年に比べると、2020年のコンパニオンはどちらかといえば“親しみやすい“タイプが目立っていたといっていいだろう。

 “スレンダー”な世界標準的といってもいいコンパニオンのなかで、“ポチャっと”した“インドドメスティック”と呼んでいいタイプのコンパニオンも目立ち、インドではそのようなタイプの女性のほうが男性は親しみを持つのかなと感じた。

■ロシア/美女の多い国らしくハイクオリティ

絵に描いたようなロシア美人が多いロシアのコンパニオン

 スラっと背が高いスレンダーボディに金髪、そして“クールビューティ”といったところがロシア美人のイメージ。

 世界的にもロシア美人が有名なのはいまさらの話だが、モスクワの街を歩いていると、とにかく美人と多くすれ違う。ファストフードのレジの女性であっても、“どこかのモデルクラブに所属しているのか?”と思うほど美人が多いのがモスクワである(モスクワ以外は行ったことがないので)。

 隔年開催となるモスクワモーターショーであるが、過去数回は西ヨーロッパやアメリカと政治的対立が強くなっていることもあり、ほとんどのヨーロッパブランドだけでなく、アメリカや日系ブランドが出展していない。

 ロシアブランドのラーダのほか、2018年開催では西ヨーロッパブランドはルノーだけ。あとは韓国系、中国系そしてアゼルバイジャンなどのブランドがブースを構えるにとどまっている。

 それでも、会場内では多数のコンパニオンに出会うことができた。モスクワショーでのコンパニオンの特徴は、カメラを向けると次々とポーズを変えてくれること。シャッターを押した数だけポーズが違うといってもいい過ぎではないところは驚かされる。

 ただ、地元モスクワっ子の男性は美人を見慣れているのか、“カメラ小僧(おじさん)”などはいなく、会場にほとんどいないアジア人の筆者ひとりがコンパニオンを撮影していて、筆者はまさに“恥を忍んで”とばかりに撮影を続けた。

【画像ギャラリー】モーターショーに華を添える美しきコンパニオンの世界(全40枚)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ