スープラ、レクサスLFA…日本を代表する自然吸気エンジン5選


■トヨタ2JZ-GE型/A80スープラ

トヨタスープラ
トヨタスープラ

 1991年、M型エンジンの後継機としてデビューしたのが2887ccの2JZ-GE型直列6気筒DOHC。その前年(1990年)には2491ccの1JZ-GE型直列6気筒DOHCも登場している。こちらは日産のRB系に対抗する形で用意された。

 3Lの2JZ-GE型エンジンはスクエア設計で、切れ味鋭い加速を見せつける。しかも実用域でトルクが太く、扱いやすいのが美点だ。応答レスポンスが鋭く、クルージング時は静粛性も高いレベルにある。

 プレミアムセダンだけでなく、スープラやアリストなど、スポーティモデルにも搭載され、好評を博した。

 この2JZ-GE型と1JZ-GE型エンジンは、1995年に第2世代に進化している。バルブタイミングを連続的に制御し、幅広い領域で高性能と良好な燃費を引き出せる連続可変バルブタイミング機構のVVT-iを採用し、ドライバビリティに磨きをかけた。21世紀には直噴システム(D-4)を採用したハイメカツインカムの2JZ-FSE型も登場する。

■三菱4G92型/ミラージュサイボーグ

三菱ミラージュ
三菱ミラージュ

 ミラージュは1985年から「ミラージュカップ」と名付けられたワンメイクレースを開催し、このレースにホッテストバージョンを送り込んでいた。

 1992年10月、V型6気筒エンジンも設定する4代目のミラージュに究極のホットハッチ、サイボーグRとRSを加えている。心臓は可変バルブタイミング機構にリフト機構を組み合わせた「MIVEC」エンジンだ。

 型式4G92の直列4気筒DOHC4バルブで、排気量は1597ccである。最高出力は175ps/7500rpm、最大トルクは17.0kgmをなんと7000rpmで発生した。

 ミラージュは1995年に5代目にバトンを託している。ZRを主役とするサイボーグシリーズにはモータースポーツ参戦のベース車両も用意された。

 搭載するのは、6000回転から上が刺激的な4G92型MIVECエンジンだ。スペックに変更はないが、全長とホイールベースを短くしているから、意のままの気持ちいい走りを存分に楽しむことができた。

 ホンダのシビック、日産のパルサー、トヨタのレビン/トレノと熱いライバル争いを繰り広げ、なおその中で頭ひとつ抜き出ていた。

次ページは : ■スズキG13B型/カルタス

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ