【クラウン、マーチ…】時代の徒花スーパーチャージャーを積んだ名車たち


 子供の頃、「スーパーチャージャー」という響きに憧れた。なにしろ「スーパー」な「チャージャー」だ。きっと搭載車はすさまじいパフォーマンスを持っているに違いない。どうやら普通のエンジンにこの機構を追加すると、さらなるパワーとトルクを与えてくれるそうだ。

 そう思って大人になった頃、「スーパーチャージャーは効率がよくない」と言われるようになっていた。そんなバカな。スーパーでチャージャーな装置なのに。

 全盛期には多くの名車に搭載されていた。特徴的なパワーの出方で、そのクルマの走行性能を個性的に彩った。今はほとんど採用するモデルがないという。ロストテクノロジーだ。

 確かに効率はよくないかもしれない。しかしこういう技術があったということ、多くの名車に搭載されていたこと、そして何より個性的な走りを演出した技術は、長く語り継いでゆくべきだ。

そう考えて、自動車ジャーナリストの片岡英明氏に、スーパーチャージャーの概要と、その搭載車6選をチョイスしていただきました。

文:片岡英明


■なぜスーパーチャージャーは搭載され、廃れたのか

 限られた排気量のなかで、エンジンの出力を高めるために考えられたのが「過給機」だ。圧縮すれば、排気量以上の空気をシリンダーに送り込むことができ、燃やせる燃料の量も増えるから出力を高められる。

 吸気を圧縮するにはポンプを使うが、その動力源にエンジンの回転を利用するのが「スーパーチャージャー」だ。ターボより低い回転域からパワーとトルクを発生させることができ、(ターボよりも)タイムラグも抑え込むことができる。

 実用域のドライバビリティはいい。だが、高回転はあまり得意ではなく、メカニカルロスが大きくなる。そのためターボと比べると魅力は薄かった。また、燃費や生産効率も今一歩。

 1989年に物品税に代わって消費税が導入され、3ナンバー普通車の維持費が軽減されている。大排気量のDOHCエンジンやターボの技術が一気に進んだこともあり、そのうまみが薄れた。

 これ以降、上級クラスからスーパーチャージャー搭載車が一気に消えるのである。現在、国産車では唯一、日産のノートが採用するだけだ。

 そうしてロストテクノロジーになりつつあるスーパーチャージャーだが、80年代には画期的な技術として多くの名車に搭載された。ここではそんな、スーパーチャージャーを搭載した名車を紹介していきたい。

■トヨタ7代目クラウン

トヨタクラウン
トヨタクラウン

 7代目のGS120系は「いつかはクラウン」のキャッチフレーズが話題をまいたモデルだった。

 エンジンの主役は新世代の直列6気筒。DOHC4バルブ方式の11G-GEU型直列6気筒エンジン(1988cc)に、ルーツ式スーパーチャージャーを装着した1G-GZE型は1985年9月に登場している。動力の伝達を行うために電磁クラッチを採用した。

 1G-GZE型エンジンはスーパーチャージャーの助けを借りて160ps/6000rpm、21.0kgm/4000rpmを発生した。しかもレギュラーガソリン仕様だ。

 電子制御4速ATを採用するクラウンの100km/h巡航は2800rpmだった。

 アイドリングのちょっと上からすぐにパワーとトルクが立ち上がり、力強い加速を見せていた。だが振動とノイズは大きかった。それでもその強烈な走りは、クラウンに乗るユーザーたちにプライドをもたらした。

 1987年9月に登場した8代目のGS130系クラウンにもスーパーチャージャー仕様が用意されていた。

次ページは : ■トヨタ初代MR2