ヤリス VS プジョー208…ほか12番勝負!! 日本市場最強のトヨタは輸入車にも勝っているか?


■ハリアー VS BMW X4

ハリアー…全長4740×全幅1855×全高1660mm、車重1650kg。直4、2.5Lハイブリッド(178ps+モーター120ps)、WLTCモード燃費22.3km/L、400万円(Gハイブリッド)
BMW X4…全長4760×全幅1920×全高1620mm、車重1880kg。直4、2Lディーゼルターボ(190ps/40.8kgm)、WLTCモード燃費14.0km/L、695万円(xDrive20d)

 この組み合わせは「いいクルマ」の基準をどうするかが問題。

 X4はクーペであることを前面に打ち出したBMWならではの自称「SAC=スポーツアクティビティクーペ」だ。スタイリングが命なので、視界や車内の広さはそれなりに制約を受けているし、走りもかなりスポーティに味つけされていて乗り心地は硬め。それらが気になるという点では、「いいクルマ」の条件から外れるといえなくない。

 かたやハリアーも、X4ほど奇抜ではないにせよ、かつてないほど思い切った。とはいえ基本的には万人向けのキャラなので、乗り心地や広さの面でそれほど気になることもない。

 走りもX4ほどスポーティさを追求しているわけではないが、TNGAも効いて、「走りがよい」という印象ががぜん高まった。そのあたりは積極的に評価してよいと思う。

 一部の層に「欲しい!」と思わせる力や、乗った人に「凄い!」と感じさせるなどクルマとしての面白味ではX4が上回り、完成度も高いことには違いないのだが、いわゆる「いいクルマ」のイメージに近いのはハリアーのほうかな。

(TEXT/岡本幸一郎)

●いいクルマ指数
・ハリアー…9
・BMW X4…8

■シエンタ VS BMW2シリーズグランツアラー

シエンタ…全長4260×全幅1695×全高1675mm。直4、1.5Lハイブリッド(74ps+モーター61ps)、WLTCモード燃費22.8km/L、246万4000円(Gハイブリッド)
BMW2シリーズグランツアラー…全長4585×全幅1800×全高1640mm。直3、1.5Lターボ(140ps/22.4kgm)、JC08モード燃費15.4km/L、423万円(218iグランツアラー)

 走行安定性、操舵に対する車両の反応、内装の質、シートの座り心地はグランツアラーの圧勝だ。その代わりシエンタは、薄型燃料タンクによって床が低く、3列目の居住性も快適だ。

 3列目を2列目の下側に格納すると、広い荷室になる。乗降性もスライドドアのシエンタが優れている。つまり走り関連はグランツアラー、使い勝手はシエンタが勝る。さらにシエンタの価格は、グランツアラーの約半額だから買い得だ。

(TEXT/渡辺陽一郎)

●いいクルマ指数
・シエンタ…8
・BMW 2シリーズ…5

次ページは : ■C-HR VS DS3クロスバック

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ