狭い日本の大きな味方!! 超重要項目なのに案外注目されてない…最小回転半径が小さい&大きすぎる国産車


 あまり重要視されることがないが、普段使いのクルマにとって小回り性能は超重要だ。狭い駐車場での車庫入れや道幅が狭い場所での取り回しなど、日々恩恵を受けることが多い性能だからだ。特に日本は、狭い場所が多いことから、もっと重要視されていい性能だと思っている。

 「小回り性能」は、「クルマ(の幅や長さ)が大きいほどよくない」というものでもなく、ホイールベースのほか、フロントタイヤの最大転舵角も大きく影響する。カタログに記載されている「最小回転半径」という数値が、クルマの小回り性能を表す指標だ。

 今回は、国産メーカーの乗用車(軽含む)のうち、最小回転半径が小さなクルマ、ベスト5とワースト5をご紹介。意外に小回りが利かないクルマも!?

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU、LEXUS、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】狭い場所もお任せ!! 小回りしやすいクルマ ベスト5とワースト5


4.5m以下だと小回りが利くクルマ

 最小回転半径とは、右か左にハンドルを奥まで切った状態でゆっくりと旋回し、一番外側のタイヤの中心が描く円の半径のことをいう。自動車メーカーはこの数値を国土交通省へ提出し、認可を受け、クルマのカタログに掲載している。

 実はこの数値、実車で計測した値ではなく、計算式によって割り出す理論値だ。実車で測定をしない理由は、検査車両のばらつき、計測時の誤差、試験場の状態(気温、埃など)で変わるなど、予測不能の結果が出やすいから。この最小回転半径は、フロントタイヤの最大切れ角が影響するため、サスペンション設計者が割り出すことが一般的となっている。

 最小回転半径は、「4.5m以下だと小回りが利くクルマ」と一般的にいわれる。逆に、5.5m以上になると小回りが利かない、といわれることが多い。ちなみに、車幅は広いほうが有利、タイヤ幅は狭い方が有利、となる。なぜなら、車体のフロントサイドメンバーと、転舵時のタイヤのクリアランスを取ることができるためだ。

スズキアルトがトップ

 最小回転半径が小さいクルマ、ベスト5は以下の通りだ。

現時点(2021年5月)、国産乗用車(軽含む)のうち、小回り性能に優れるクルマ、ベスト5

 現時点(2021年5月時点)は、スズキアルトの4.2mがトップであった。「これぞニッポンの足車」アルトの1位は、「やはり」といったところであろう。

4.2mの最小回転半径で1位となった現行型アルト。メガネをかけたような可愛いフロントフェイスで、人気も高い

 続いて4.3mで、ホンダe。この理由は、後輪駆動が影響する。前輪が駆動輪の場合、ドライブシャフトの折れ角には限度があり、フロント転舵角を大きく取れない。後輪駆動だとそれを気にしないで済むため、フロント転舵角が大きくとれたことも理由だろう。

4.3mで2位にランクインしたホンダe。軽自動車が多いなかで、優秀な成績だ

 3位の4.4mになるとたくさんあり、スズキのスペーシア、ラパン、ワゴンR、ダイハツのミラシリーズ、ムーヴシリーズ、タント、ウェイク等がランククインする。スズキ、ダイハツそれぞれで、軽自動車用の共用プラットフォームを用いているために集中したものだと考えられる。

4.4mで3位にランクインしたタント。スペーシアもランクインしており、この辺りの数値を目指すのが、ハイト軽ワゴンには求められている

 4位の4.5mには、日産とホンダのハイト軽ワゴンのほか、なんとコンパクトカーのマーチもランクイン。マーチは、2450ミリという短いホイールベースと、165幅という幅細タイヤ(標準タイヤサイズは165/70R14)のため、この数値が実現できたのだろう。

最小回転半径4.5mが実現できたのは、2450ミリという短いホイールベースと、165幅という幅細タイヤが影響していると考えられる

 5位の4.6mとなると、パッソ/ブーンといったコンパクトカーのほか、ルーミー/トールいった「プチバン」と呼ばれるクルマも登場する。4.6mだと狭いところでもかなり取り回しがよく、これらのクルマが運転しやすいと好まれている理由もよくわかる。ちなみに、この大人気コンパクトカーのヤリスの最小回転半径は4.8mだ。

最小回転半径4.6mのトヨタルーミー。小回りが利き、狭い道での運転もとてもしやすい

次ページは : ワースト1位はハイラックス