【スバル、MINI、フィアット…】 思わず二度見してほしい ざんねんなクルマたち


 いま子供たちに大人気。シリーズ累計200万部突破という破竹の勢いを見せている「ざんねんないきもの事典」という本がある(今泉忠明著/高橋書店刊/972円)。

 内容は、がんばっているのにどこか“ざんねん”な動物たちを紹介するもので、例えばインドコブラは音が聞こえないのに踊る(!)、アライグマは食べ物をあらわない(!?)、バンドウイルカは方言のせいで会話が通じないことがある、クラゲは口と肛門がいっしょ…などなど。

 実にためになることを面白く紹介しているのだが、クルマ界を見回してみると、こうした動物たちと同じように、どうしてそうなっちゃったの、というクルマがたくさんある。

 この企画ではそんな、「ざんねんなクルマ」たちを集めてみた。

文:ベストカー編集部
写真:Shutterstock.com、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年7月10日号


■ざんねんなクルマは、でも愛おしい

 クルマってのは大企業で作られる。だからいろんなしがらみがある。社内の人間関係、下請けメーカー、コスト…考えてみればいろいろ出てくるけど、それらが悪いほうに作用するとざんねんなクルマが誕生してしまうんだろうか? なんて企画担当は考えたりする。

 はたまた、努力の末に、ってこともきっとあるだろう。デザイナーが頑張りすぎた、環境対応を追求するために総力を結集して、営業サイドの要望をあますとこなく取り入れて…などなど、やっぱりさまざま事情はあるんだろう。

 だいたい見てくればかりが後世まで残っちゃうから悲しいけれど、背景まで考えたら他人事でいられない人はきっと多いはず。

 われわれベストカーだって、こういうクルマたちがいてくれるからこそ、こんな企画ができるわけで、何はともあれ、やっぱり愛すべきクルマたちなんです。

■セダン? ミニバン? SUV?

 2004年登場、韓国サンヨンの「ロディウス」。今回ご紹介するクルマのなかでもかなりぶっ飛んだ1台。果たしてこのクルマのカテゴリーはなんでしょうか。4列シートなのでひょっとするとバスかもしれません。エンジンはベンツの2.7Lディーゼルを搭載。

次ページは : ■デザイナーを小一時間ほど問い詰めたい

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ