こんな時代だからこそせめてクルマだけでも主張したい! “漢”なクルマ2021

こんな時代だからこそせめてクルマだけでも主張したい! “漢”なクルマ2021

 もちろんジェンダー(社会的な性別)による差別は根絶されるべきだ。しかし、フィリップ・マーロウが言った、男は「優しくなければ生きている資格がない」という言葉にも学ぶものがある。

 とはいえ、昨今の男は女性に、そして社会に、過剰に迎合してはいないだろうか?

 自らの内に存在する“男成分”を極力抑え、あえて時代遅れな言葉を使えば“オンナコドモ”のご機嫌取りに終始しているうちに、気づいたら腑抜けで腰抜けな、男だか女だかよくわからない謎の生き物になっている──というのが、現代社会に生きる多くの男たちの実情ではないか。

 まぁそうなってしまう事情は確かに存在しており、かく言う筆者も時代に牙と毒を抜かれ、腑抜けになりつつある者のひとりだ。

 しかしだからこそ、せめてクルマだけは「男成分」「男気」にこだわり、それを運転すれば自然と男が磨けるようなクルマに乗るべきではないのか、いや、絶対そうだ! このままでは「男」は絶滅だ。だから男気あふれるクルマを紹介する。

※本稿は2021年6月のものです
文/伊達軍曹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年7月10日号

【画像ギャラリー】クルマは男子にとっては永遠の“玩具”。どうせなら燃えられる玩具を買いたい! 厳選漢の20台をギャラリーでチェック!!!


■漢のキーワードその1「力」

●男は「力」がなければそもそも生存不可能!

 民主主義と平等が尊ばれている現代社会では、「力の行使」は評判がよろしくない。「力ではなく、話し合いで解決しましょうよ」というのが現代のトレンドだ。

 それは確かにそのとおりだが、民主主義や基本的人権という考え方が確立されたのは、長い人類史から見ればつい最近のこと。人間を含む生物の本質は、やはり「弱肉強食」なのだ。それゆえ男は、いつだって「力」を持っていなければいけない。そうでない限り、本質的には生存不能となるからだ。

 とはいえ、その力をこれ見よがしに行使するのは愚の骨頂。特に弱者に対してそれを向ける者は、男の風上にも置けない。切腹モノである。

 圧倒的な力を有しているが、日頃はそんなことをおくびにも出さず、常にニコニコしている。子どもや女性、あるいは弱き者に優しい。普段は周囲からナメられても気にしない。が、いざとなれば「圧倒的な力」を行使する。それが、男ってもんだろ!?

●レクサス LX570

 言わずと知れたレクサスのフラッグシップSUVである。エンジンは5.7LのV8で、377psという最高出力も全長5065×全幅1980×全高1910mmという堂々たる体躯も、男のパワーを体現するものとしては充分以上。

 ただ、こういうクルマに乗るとクルマの力=己の力と勘違いし、傍若無人な運転を行う者も出てくるが、それはきわめてダサい。LXだからこそ、紳士的な運転が映えると知っておきたい。

2015年9月に発売されたレクサスのフラッグシップSUV。搭載エンジンは可変バルブ機構「Dual VVT-i」を搭載した5.7L V8 DOHCで、377psの最高出力と54.5kgmの最大トルクを発生。トランスミッションは8速AT、駆動方式はフルタイム4WDだ

●日産 GT-R

 力といえば、当然ながらコレも素晴らしい。今さら言うまでもないが3.8L、V6ツインターボが生み出す出力は570psである。このパワーと存在感を、自制心をもって充分に手懐けることができた時、貴殿は男としての完成形に近づく。

2007年12月発売の国産スーパースポーツ。価格は「Pure Edition」が1082万8400円で、最高値グレードは1463万6600円。値段的にも“漢”だ!

●ジープ グランドチェロキー

 過去の大戦を通じてわかったことのひとつは、「アメリカのパワーはマジで凄い」ということ。物量や体格といった面だけでいえば、我が国を完全に圧倒している。そんな国のパワーを我が身に注入したい場合には、コレなんかいかがだろう。現地のモノホンSUVと比べればやや小ぶりだが、日本の環境にはそこが逆にマッチする。過去には710psを誇る「トラックホーク」なんてのもあった。

ジープのラグジュアリーSUVで、エンジンは290psの3.6L V6。悪路走破性を高めた「トレイルホーク」もある

■漢のキーワードその2「孤独」

●孤独になれる仕組みを自ら積極的に構築せよ

 休み時間のトイレにすら連れ立って行くのが女子小学生の特徴だが、それと似たようなことを、大の男が恥ずかしげもなく行っている光景を時おり目にする。おいおい、無駄に群れてどうしようというのだ? そんなことで、男として何かを成し遂げられるとでも思っているのか?

 有名な人気マンガのように「最高の仲間」を大切にするのはご立派だが、それと同時に男は「しょせんは一人で生まれ、一人で死んでいくのだ」という“孤独の覚悟”も持たねばならない。男は本来、いつだって一匹の狼&ひと筋の流れ星。せいぜい愛する女が一人と、親友と呼べる男が一人でもいれば御の字なのだ。

 しかし、どうしても群れてしまう習性も持ち合わせているのが人間という社会的な動物。それゆえ、ここはひとつ自ら積極的に、自動的に孤独になるシステムを構築するのが、男を磨くうえでは効果的なやり方となる。そのためには、下記の2モデルが最適な選択肢となるだろう。

●マツダ ロードスター

 多人数が乗れるSUVに「仲間」とやらを乗せ、キャンプ場という「作られた荒れ地」を目指す。そんなことを真の男はやってはならぬ。真の男道を歩まんとする者は2座式オープンスポーツに乗り、沈む夕日を追いかけてどこまでも走っていくべきだ。

 それでも時おり孤独に苛まれる瞬間はある。そんな時は、愛する女を横に乗せて旅に出よう。ロードスターは、一泊旅行するぐらいの荷物なら普通に収容可能だ。

1989年に登場し、世界を震撼させた初代から数えて4代目のモデルとして2015年に登場。3代目でやや肥大化したボディをスリムダウンし、ほぼ初代同様のサイズ&重量へと原点回帰した。260万1500~333万4100円というまずまず手頃なプライスも、このクルマの魅力だ

●トヨタ GRヤリス

「痛快な走りを追求する」という面においては素晴らしいクルマだ。しかし……モテない! これに乗った男は「うわ、ガチすぎ」と異性から敬遠され、必然的に孤独になれる。それでいい、それでいいのだ(涙)!

272psの1.6L、直3ターボ+6MTのほか、120psの直3NA+CVTという2種のパワートレーンを用意。男は当然、272ps+6MTだ!

次ページは : ■漢のキーワードその3「動」