カッコよければ売れる!? “なんちゃってクロスオーバー”がいい!

カッコよければ売れる!? “なんちゃってクロスオーバー”がいい!

 SUV全盛の今、さまざまなSUVが百花繚乱状態で販売されているが、なかには、樹脂製のバンパーやオーバーフェンダー、アンダーガード、ルーフレールを装備して、クロスオーバーに仕立てた、いわゆる見た目だけクロスオーバーの“なんちゃってクロスーバー車”がラインナップしている。

 そんななか、日産ノートオーテッククロスオーバーが2021年10月7日に発売された。最低地上高をノーマルから25mmアップさせた145mmとして、艶消し黒の樹脂製フェンダーや前後バンパー、ルーフレールを装備した、クロスオーバー風のデザインを採用している。

 そこで、本企画では、こうした見た目だけクロスオーバー風にしたなんちゃってクロスオーバーには、どんなモデルがあるのか? なんちゃってクロスオーバー車はどんなモデルなのか?

 ノーマルに比べてワイルドで豪華に見えるクロスオーバー風の外観は、実際、カッコいいし、オフロードや雪道をあまり走ることもないので、実はなんちゃってクロスオーバーのほうがよかったりする説もあり!?

文/岩尾信哉
写真/トヨタ、日産、ホンダ、ダイハツ

【画像ギャラリー】人気の”なんちゃってクロスオーバー”を画像でもチェック!!(28枚)画像ギャラリー

■25mm車高アップの最低地上高150mm、ノートオーテッククロスオーバー登場!

ノートオーテッククロスオーバー。樹脂製フェンダーをはじめとする艶消しの外装加飾が、クロスオーバーSUVを感じさせる
ノートオーテッククロスオーバー。樹脂製フェンダーをはじめとする艶消しの外装加飾が、クロスオーバーSUVを感じさせる

 まずは2021年10月7日に発売された日産ノートの派生車種である「ノートオーテッククロスオーバー」から見ていこう。

 ノートオーテッククロスオーバーのスペックを見ると、全長4045×全幅1700×全高1545mmと標準のノートに比べると、全幅が5mm増加、最低地上高(FF)は120mm(後軸を電動モーターで駆動する4WDは125mm)からFFは145(4WDは150mm)と25mm増加した。

 クロスオーバーの定石通り、艶消しの樹脂製フェンダー(かなり小ぶり)や前後バンパー、サイドスカート、ルーフレールを装備している。

 そのほか、電動パワーステアリングやリアサスペンションのダンパー/スプリングなどのセッティングの変更などを受けた。

最低地上高は25mmアップの150mm(4WD)
最低地上高は25mmアップの150mm(4WD)


■日産ノートオーテッククロスオーバー
1:ボディサイズ/全長4045×全幅1700×全高1545mm
2:四輪駆動方式/リアモーター式
3:最低地上高/145mm(4WD:150mm)
ポイント:ノートの派生車種としてオーテックジャパンから発売されたクロスオーバー。「車高25mmアップ」を謳うが、ベースであるノートとのスタイリングの差異は控えめだ

次ページは : ■なんちゃってクロスオーバーSUVとはどんなクルマ?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ