ライバルの後塵を拝し苦戦 新型ステップワゴンは2021年秋デビューが濃厚

 2Lクラスミニバンはかれこれ20年熾烈な販売合戦を展開している。現在はトヨタヴォクシー/ノア/エスクァイア、日産セレナ/セレナハイウェイスター、ホンダステップワゴン/ステップワゴンスパーダがしのぎを削っている。

 しかしかつてこのクラスの王者だったステップワゴンが現行モデルでライバルの後塵を拝している。

 ステップワゴンは現行モデルが5代目となるが、6代目の新型はいつ登場するのか? どんなクルマになるのか? について考察していく。

文:遠藤徹/写真:HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】2Lクラスミニバンのパイオニア的存在でけん引してきた歴代ホンダステップワゴン


2020年1月にハイブリッドがe:HEVと名称変更

2020年1月にハイブリッドモデルの名称がフィットと同じe:HEVに変更されたが、システム自体に変更はない

 現行モデルのステップワゴンは2015年4月にデビューし、2020年5月の段階で丸5年が経過したことになる。

 現行のデビューを含め大きな改良は以下のようになる。

■2015年4月/現行型デビュー
■2016年10月/ホンダアクセスが手掛けるコンプリートカーのモデューロXを追加
■2017年9月/マイナーチェンジ
■2018年12月/モデューロXをマイチェン

 ステップワゴンはライバルに対して走りの評価が高いため、モデューロXはミニバンとは思えないハンドリングでユーザーからも好評だ。

2016年にカタログモデルとして追加されたモデューロXはミニバンでもナンバーワンのハンドリングと評価が高く、新型にも設定されるはず

 2017年9月のマイチェンでは、ステップワゴン史上初となるハイブリッドをエアロタイプのスパーダにのみ追加設定(標準には設定されず)。

 ハイブリッドシステムはアコード、オデッセイに搭載されている2L、直4DOHC+2モーターのi-MMDが与えられた。

 これにより、トヨタヴォクシー/ノア/エスクァイアハイブリッドに対抗できる武器を得たように思えたが、大きく好転しなかった。

 ステップワゴンよりも後からハイブリッドのe-POWERを追加したセレナ/セレナハイウェイスターがe-POWERの追加で販売アップしたのとは好対照の結果となってしまった。

 2020年1月の改良で、ハイブリッドシステムは変更ないものの、ハイブリッドモデルはフィットと同じe:HEVの名称が与えられている。

セレナは2016年にフルモデルチェンジ
ステップワゴンの2020年の販売台数は、ノア、エスクァイアとほぼ同等で、セレナ、ヴォクシーの半分ということでかつての王者としては寂しい

ステップワゴンの現状

標準タイプは個性的なフロントマスクが与えられているが、押し出し感が弱く、地味な印象を与えるのが敗因と考えられている

 ステップワゴンは決して売れていないわけではない。販売台数も3000台レベルは安定してキープしている。しかし、強力なライバルにより苦戦しているように映ってしまうのも事実だ。

 都内のホンダカーズの営業担当はステップワゴンの販売について、

「ライバルも含め2Lクラスのミニバンは、エアロタイプが人気です。ステップワゴンは販売の約80%がエアロタイプのスパーダとなっています。標準タイプが地味で販売台数が伸ばせず、結果的にスパーダの比率が高くなっている形です。標準タイプの苦戦が、ライバルに対して苦戦している要因だと考えられます」

 と、コメント。

ハイブリッドは2017年のマイナーチェンジでスパーダにのみ設定された。アコード譲りのシステムゆえ、走りの質感は抜群に高い

 ステップワゴンは、ハイブリッドのe:HEVがライバルに対し価格設定が高いことも苦戦の要因ととなっていると言われている。

 ハイブリッドの価格はステップワゴンが342万7600~364万1000円、セレナe-POWERが299万7500~372万5700円、ヴォクシー/ノアが305万9100~334万7300円、エスクァイアが337万9200円となっている。

 単純比較はできないが、ステップワゴンのハイブリッドはスタート価格がライバルよりも高くなっている。

「現在は残価設定ローンを利用するお客様が増えているため、ライバルよりも高い価格設定がそれほどネガな材料になっているとは感じていません」(前出都内ホンダカーズ営業担当)

 そのほか販売面では、多人数乗車が必要な人はステップワゴンを選択する。しかし夫婦+子どもなど4人以下でしかクルマは使わないが、広いスペースを求めているユーザーは、N-BOX、フィットに流れている点も無視できない。

スペースユーティリティに優れたN-BOXだけでなく使い勝手のいい新型フィットにもステップワゴンのユーザーが流れているという

新型ステップワゴンは2021年のホンダの核の1台

 そのステップワゴンは2021年秋頃にフルモデルチェンジが有力視されている。2015年4月に現行型がデビューしているから、6年半で新型に切り替わることになる。

 まだフルモデルチェンジまで1年以上の時間があるため、販売会社にも情報は出てきていないが、いくつか有力な情報も存在する。

オデッセイは2021年5月にビッグマイチェンで押し出しの強いフロントマスクが与えられるという情報も入ってきている。ステップワゴンにも大胆なチェンジに期待

 2021年のホンダは、SUVのヴェゼル、ブランニューSUV、そして新型ステップワゴンが核となる。

 エクステリアデザインに関する情報はないが、販売会社のコメントにもあるとおり、現行が地味で華がないため、ガラリと変わるのは間違いないだろう。

 ちなみにオデッセイが2021年のビッグマイチェンで押し出しの強いフロントマスクに大幅変更されるという情報もある。ステップワゴンの大胆な変身を期待しているユーザーは多い。

 現行モデルの大きなセールスポイントのひとつの『わくわくゲート』は使い勝手のよさが売りだが、途中でレス仕様を設定したことからも新型には採用されない可能性が高い。

 現行ステップワゴンのボディサイズは全長4760×全幅1695×全高1840mmと標準もスパーダも5ナンバーサイズをキープしているが、ライバル同様にスパーダは全幅1740mm程度まで拡幅される可能性も充分にある。

 または、ホンダのクロスター戦略により、SUVテイストのステップワゴンクロスターが新設定され、フィット同様にフェンダーモールによりこのモデルが全幅1700mmを超えるというケースも考えられる。

フリードに初設定されたクロスター。新型フィットではノーマルとボディサイズで差別化していてユーザーからはおおむね好評。ステップワゴンへの設定に期待

新型の価格は現行より高くなる

 パワーユニットは、現行同様にガソリンエンジンとハイブリッドという2種類をラインナップするのは同じだろう。

 1.5Lターボは2.4LのNAエンジンよりもトルクがあるなど、性能面では充分だが、販社ではイメージ的にチープに感じるユーザーが少なくないと証言している。ただ排気量を2Lにアップすると燃費が厳しくなってしまう。

 ステップワゴンは2Lクラスミニバンでも走りのよさには定評がある。走りが楽しいスペースミニバンという歴代モデルが踏襲してきたコンセプトは新型でも変わらないハズ。

 今では新型で必ずアップデートされる安全装備は、夜間の歩行者対応衝突被害軽減ブレーキなどを盛り込んだ最新のホンダセンシングが搭載され、電子制御パーキングブレーキの採用により、ブレーキの保持の必要がないため快適に運転できるようになるのは間違いない。

 今のクルマに共通することだが、安全装備の充実などにより、価格は現行モデルよりも10万~20万円程度高くなると思われる。

鳴り物入りでデビューさせたわくわくゲートはレス仕様を用意したことからも、次期型では採用されない可能性が高い

【画像ギャラリー】2Lクラスミニバンのパイオニア的存在でけん引してきた歴代ホンダステップワゴン

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ