2020年秋に登場!! 新型ノートにe-POWER搭載の3列シート派生車あり!! 全情報

 現行日産ノートは今夏でデビューから8年が経過する。これまで本Webでは2020年秋に新型ノートが登場し、3列シート5人乗り/7人乗りのスライドドアを採用するコンパクトカーになる可能性が高いと報じてきた。

 しかし、業績不振に陥っているところへ、さらに追い討ちをかけるようなコロナ禍による業績悪化で、新車販売計画が変更されるかもしれないという情報が入ってきた。

 そんななか、新型ノートは本当に3列シート7人乗りのスライドドア車になるのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が報告する。

文/遠藤徹
写真/日産
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】セレナ、スカイライン、エクストレイル…2019~2021年にかけて登場する天晴れな日産車8台!


コロナ禍で新型ノートの発売が延期される可能性あり

2012年にデビューしたノートは、2016年にビッグマイチェンを受けエクステリアデザインが大幅に変更されたと同時に、e-POWERを追加して大ヒットした

 日産自動車は、2020年4月28日に2020年3月期の連結業績の下方修正を発表した。

 2020年2月に公表した業績見通しでは、最終利益が650億円の黒字になると予想していたが、コロナ禍の影響拡大により最終利益が1500億~1600億円悪化する可能性があるとしており、通期業績がリーマンショック以来、11期ぶりに最終赤字になる見通しと発表。

 2020年3月期決算と中期計画見直しなどの内容については2020年5月28日に公表予定で、それまでわからないが、日産関係者から業績悪化を受け、新車の販売計画を見直し、新型ノートの発売が延期されるかもしれない、という話を聞いた。

 これまでの情報では、新型ノートは2020年秋にもフルモデルチェンジすることが有力になっている。

 入手した情報をまとめると、新型ノートは3列シート5人乗りもしくは7人乗りの”スライドドア車”になるという情報が有力だった。

新型ノートとは別に3列シートのスライドドア車をラインナップする線が濃厚!

新型ノートは、3列シート5人乗り、7人乗りのスライドドアになるという情報が有力だったが、これはノートとは別の派生モデルとしてデビューする線が有力だ(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 再度、新型ノートがどんなクルマになるのか、前出の日産関係者に聞いてみると、

 「従来の5ドアハッチバック車をなくすのはありえない。5ドアハッチバックボディにe-POWERを積んでベストセラーを続けてきたので、この路線は継承するがノート1車種では他社に対抗できないので、次の一手を打っていると聞いている」とコメント。

 つまり、新型ノートの3列シート5人ないし7人乗り車はないということか? これについては、

「次の一手です。ノートから派生したモデルです」。

 これ以上話は聞くことができなかったが、2019年末で生産中止になったキューブの後継モデルとして、新型ノートをベースにした5人乗りの背の高いハイトワゴンになるのか?

 それともキューブのホイールベースを170mm延長し、狭いながらも3列目シートを確保した7人乗りのコンパクトハイトワゴン、キューブキュービックのような3列7人乗りのコンパクトミニバンになるのか?

2代目キューブのホイールベースを170mm延長して3列7人乗りとしたキューブキュービック
惜しまれつつ2019年末に生産終了となった3代目キューブ

 いずれにしても新型ノートベースの派生車は、トヨタシエンタやホンダフリードに対抗させるといった戦略である。

 ホンダはフィットのファミリーモデルとしてステーションワゴンのシャトル、SUVはヴェゼル、ミニバンはフリード、セダンはグレイスの4車種を派生させている。

 これに対してトヨタはヤリスを起点として、今秋SUVの「ヤリスクロス」を設定する。従来モデルのヴィッツはコンパクトミニバンのシエンタ、5ドアハッチバックのハイブリッド専用モデルとしてアクアをそれぞれ派生させている。

 日産はこれまでサニーから兄弟車のパルサーを派生させ、3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、4ドアセダンなどを派生させた経緯がある。

 その後パルサー系を廃止し、サニーはハッチバックのティーダ、セダンのティーダラティオに引き継いだが、こちらもその後廃止し(海外ではラティオセダン、ヴァーサセダンが販売中)、5ドアハッチバックのみのノートに引き継ぎ、現在のラインアップに至っている。

 現在、日産のBセグメント用のプラットフォームであるVプラットホームはマーチ、マイクラ(日本未発売)、ノート、キックスが採用しているが、新型ノートおよび派生車もこのVプラットフォームを採用する見込み。

 話をまとめると、現在わかっている情報では、新型ノートはこれまでと同様、5ドアのハッチバックとなり、ノートから派生し、独立したモデルとして、スライドドアを採用した3列5人ないし、7人乗りのコンパクトミニバンがデビューする線が有力だ。

 しかし、コロナ禍による業績悪化で世界生産を2割削減することや、5月28日に発表される中期経営計画の見直し如何によっては、発売延期や派生車を含めた新型ノートの新車計画が変更される可能性があるため、現時点では流動的と言わざるをえない。

e-POWERを引き続き搭載する

2020年5月20日に発表予定の新型コンパクトSUV、キックス

 パワーユニットは大ヒットの牽引役となった、ワンペダル走行が可能な1.2Lのe-POWERを中心に、1.2L、直3NAガソリン、1.2Lスーパーチャージャーの改良バージョンを搭載する予定。

 3列シートの派生車はホイールベースを延長し、6~7人乗り車になるため、その分車重が増えるから、シエンタやフリードのように1.5L、NAエンジンを設定する可能性がある。

 2020年5月20日に発表、6月3日に発売予定といわれる新型SUV「キックス」にも1.2Lのe-POWERを搭載するが、このキックスと次期型ノートに搭載するユニットは異なるアレンジとしているようだ。

 キックスはボディサイズは大きく、車重が嵩むのでバッテリーの容量拡大やモーターのトルクアップを行っており、このキックス用の1.2Lのe-POWERがノート派生車のコンパクトミニバンに搭載される見込み。

キックスに搭載されるe-POWERユニット

証言:首都圏日産店営業担当者

 「今秋にノートがフルモデルチェンジして新型になるとの情報は最近メーカー筋から届きましたが、具体的な中身についてはまだ聞いていません。

 しかし、e-POWERについては、かなり改善されてエンジンの騒音、振動の低減やワンペダルの走行が大幅に改善されているようです。

 おそらく2020年8月の夏休み明けあたりから、新型ノートの事前の予約を受付け、2020年9月中旬以降に正式な発売になると思われます。しかし、新型コロナウイルスの動向次第では延期され、年末あたりにずれ込む可能性もあります」。

【画像ギャラリー】セレナ、スカイライン、エクストレイル…2019~2021年にかけて登場する天晴れな日産車8台!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ