新型ヤリスクロス 10月発売濃厚!! 価格200万円台前半で「空白」を埋める

 2020年下半期最注目のブランニューSUV「ヤリスクロス」は10月下旬デビュー濃厚!

 2020年4月23日、オンライン上でサプライズ公開された新型ヤリスクロスが10月下旬にもデビューするという。

 ヤリスのSUV版に位置付けられる同モデルは、当初ジュネーブモーターショーで世界初公開が予定されていたものの、新型コロナ禍により発表延期。その後、突如4月23日にオンライン上で、その姿がお披露目された。

 同時に日本での発売時期は「2020年秋」とアナウンスされていたが、遠藤徹氏の取材により、10月下旬のデビューが濃厚に。気になる価格は? 以下、最新情報をレポートしたい。

文:遠藤徹
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】予想以上の差別化明快! 新型ヤリスクロス 写真で見る「全容」


ヤリスクロス 注目のデビュー次期は10月下旬が濃厚

4月23日、オンラインで突如発表された新型ヤリスクロス。予想よりも筋肉質なフォルムが印象的だ

 ヤリスの派生クロスオーバーSUV「新型ヤリスクロス」が、今秋の10月下旬にも衝撃デビューすることが濃厚になっている。

「ヤリス」の名称を冠することは、同車とかなりのパーツなど共用部分が多い仕立てと思われるが実際は大きく異なる。

 パワーユニットの1.5L系は共用するものの、ボディパネルは別設計の本格的なSUVシェルであり、ラフロードでの走破性もかなり高めている。

 ヤリスが丸みを帯びたキュートな5ドアハッチバックデザインなのに対してヤリスクロスは直線基調の背が高めのクロスオーバーシェルを採用する。

 ボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1560mmで、ヤリスの同3940×1695×1500mmに比べると、ひと回り大きく、3ナンバーサイズを採用し、背も60mmも高い。

ヤリスとは差別化されたリアフォルム。樹脂の素材感を生かしたオーバーフェンダーもSUVらしい雰囲気を演出

 最低地上高はヤリスの140~160mmに対して185mm程度と高くすることで、悪路での走破性向上に対応させている。

 プラットフォームは共用しているがホイールベースは10mm、トレッドも拡大している。ホンダがフィットをベースにヴェゼルを派生させたような手法で新たに仕立てているといえる。

 パワーユニットは1.5LガソリンNA、同ハイブリッドで、どちらも駆動方式は2WD/4WDが選べ、トランスミッションがCVTの組み合わせであり、ヤリスのように6MTは設定しない。ハイブリッドの4WDは電気式のE-Fourとなる。

 性能はヤリスの1.5系と同じだが、燃費はボディサイズがひと回り大きくなるのと車重が150kg程度重くなることからそのぶん悪化する。

価格はライズとC-HRの中間で200万~250万円の見込み

 車両本体価格は、ライズとC-HRの中間で200万~250万円あたりの設定となりそう。

 ライバルのホンダ ヴェゼルは1.5Lターボエンジン車を除くと211万~300万円であり、2021年はじめのフルモデルチェンジでさらに10万円程度の値上げとなるから、これを見込めばC-HRにかなり近い設定になるかも知れない。

 C-HRは背が低く、クーペ的なスタイリッシュなデザインで室内が狭いのがネックになっているが、ヤリスクロスは背が高く、室内が広いのでコンセプトの違いで棲み分けが可能になるともいえるだろう。

ヤリスクロスよりひと回り大きいC-HR。全長4385×全幅1795×全高1550mmで、価格帯は236万7000~309万5000円

 ホンダがフィットとヴェゼルを別名称としているのに対して、ヤリスクロスが同一ブランドにしたのはなぜか。

 グローバルではフォルクスワーゲンなど他の欧州車勢と国内ではフィットシリーズとのシェア争いでの対抗策で優位に駒を進める必要があるとの判断がありそう。

 また、トヨタは国内ラインナップを30車種と、2018年時点に対して半分に削減することを表明している。2020年5月時点では商用車を含めて52車種であり、あと22車種も減らす必要がある。

一方こちらはひと回り小さいライズ。全長3995×全幅1695×全高1620mm。価格帯は167万9000~228万2000円。

 ヤリスクロスを別ブランドにすれば、逆に増えてしまうことになる。ヤリスシリーズにカウントにすることで、トータルの販売台数に含めると、計画通りに販売できれば50%以上の上乗せになるので、ヤリスは銘柄別のトップブランド獲得を維持し続けることが可能になるともいえる。

 今後の展開スケジュールとしては8月の夏休み明けにも、詳細な商品説明をした販売マニュアルを傘下トヨタ系列店にウェブサイトで提示。

 9月初め頃には車両本体やオプション、付属品の価格を決め、事前の先行予約をスタートさせ、発表、発売日までには月販目標を上回る受注を確保する方針で臨むものと思われる。

現場の声「対ヴェゼルで従来の空白地帯カバーに期待」

新型ヤリスクロス日本仕様の内装。ホイールベース若干ながらヤリスより長く、特にリアの居住性がどのくらい使えるかにも注目が集まる

【証言1:首都圏ネッツ店営業担当者】

 今秋になればコロナ禍による自粛で営業の制限が多少解かれ、これにタイミングを合わせて発売される見通しなので、新型ヤリスクロスの発売には大いに期待している。

 ヴィッツからヤリスに代わり、専売を続けて来た強みがあるので、トヨタ系列店の中ではネッツ店が最も優位にある。

 これまでのC-HRは室内の狭さがネックで、ライズだと小さすぎ質感に不満があり、ヴェゼルやCX-3との競合では不利だったが、今後はオープンポイントをカバーできるので売り易くなるだろう。

【証言2:首都圏トヨタ店営業担当者】

 新型ハリアー、RAV4 PHVは6月に発売になるが、どちらも事前予約の段階で好調な滑り出しを見せ、納期が10月以降になっている。

 このタイミングで新型ヤリスクロスが発売になると、売る方も手が回らないほど超多忙な状態になるのではないかと心配している。

 SUVニーズがさらに高まっている時だから、この種の新型車が集中しているのだろう。ますますトヨタのシェアが拡大しそうな趨勢が感じられる。

左からヤリスクロス、GRヤリス、そして基準車のヤリス。ヤリスクロスの追加でヤリスファミリーの競争力アップは必至だ

【証言3:首都圏トヨペット店営業担当者】

 新型ハリアー、RAV4に次いでヤリスクロスと今年は3車種の有力SUVが扱い車に加わるので、新車販売の上乗せが可能になっている。

 しかしながら人気の高さとコロナ禍の影響でほとんどの扱い車の納期が大幅に遅れているので困っている状況もある。

 ただ、ヤリスクロスは生産工場が他と異なるので、供給状態はよい方だ。ヤリスクロスはヤリスシリーズの内数になるので、ヤリスそのものの販売は今後銘柄別販売台数のトップを長く続けることになりそうだ。

【画像ギャラリー】予想以上の差別化明快! 新型ヤリスクロス 写真で見る「全容」

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ