新車登録台数好調!! トヨタライズはなぜ天下を獲れたのか?

 トヨタライズが爆売れしている。

 11月5日の発売から一ヶ月間で受注台数は3万2000台にのぼり、11月の新車登録台数は、登録車全体で、カローラ シエンタ プリウスに続く第4位となる7,484台、12月は1位のカローラとわずか69台差で2位となる9,117台だった。ちなみにロッキーは11月4,284台、12月は3,514台。

 そして2020年1月、ライズは1万220台を販売して、ついに登録車の車名別販売台数で1位を奪取する(2位のカローラは8,480台)。

 SUVカテゴリ-でいえば、発売するやいなや、それまで絶好調だったRAV4やC-HR、ヴェゼルをはるかに上回る販売台数を記録し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで売れている。

 トヨタライズがここまでヒットしている理由とは何だろうか?そして、ライズに対抗するライバルは今後現れるのだろうか。

文:吉川賢一、写真:トヨタ、ダイハツ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】大人気SUV ロッキー&ライズをみる

ライズの強みとはどこにある?

ライズ

 「5ナンバーサイズ」「ややワイルドなSUVスタイル」「税込167万9000円から」――。もうこれだけで、売れる臭いしかしない。

 昨今はC-HRやヴェゼル、CX-30の様に、スタイリッシュなクロスオーバータイプのSUVが多かった。流線形のボディはクルマを近未来的にみせることができるし、空力的にも優れるので燃費にもいい。

 本来SUVには「タフギア=野でも山でも走れる」な要素が詰め込まれていたはずだったが、SUVなのに泥汚れを嫌うようなデザインが多くなっていたのだ。

 しかし、顧客側もそうしたデザインにはすでに飽き始めていたのではないかと思う。

RAV4

 そんな中、昨年登場したRAV4は、「タフでガシガシ使えるSUV」のスタイルをまとっていた。角ばったグリルやヘッドライトのデザイン、大げさなほどに張り出したフェンダー、大きなタイヤなど、市場ではその無骨さが新鮮に見えたのだろう。RAV4は大いに受け入れられ、大ヒットとなった。

 しかし、RAV4は大きい。全幅は1,865mm、全高は1,690mm、全長は4610mmもある。このサイズ感に「うっ」と思っていた方も多かったのではないだろうか。

 そこに登場したのが「ロッキー/ライズ」だったのだ。ちなみに筆者は、ロッキー/ライズを「ベビーRAV4」と呼んでいるが、それは「見た目」だけだ。走行性能はRAV4の足元にも及ばず、ロッキー/ライズにはまだ改善すべき点がある。

 特に、背高で幅が狭いことのビハインドをカバーしきれておらず、ピッチやロールといったボディモーションの抑えが足りていない。このあたりは今後改善されていくことを期待している。

なぜ他メーカーからライズ対抗車が出てこないのか?

 ロッキー/ライズの対抗車となる、5ナンバーサイズのSUVは、これまでありそうでなかった。小型の本格クロカン、スズキのジムニーシエラや、ぎりぎりクロスビーが対抗といえるかもしれない。

 すでに生産終了ではあるが、小さく見える日産ジュークでさえ、全幅は1770mmもあり3ナンバーサイズだ。

ヴェゼル(2019年SUV販売台数No.1獲得)

 今売れ筋のコンパクトSUVを見ると、ホンダヴェゼルは全幅1770~1790mm、C-HRは全幅1790mm、マツダCX-3は全幅1765mm、いずれもオーバー1700㎜だ。この理由は明確で、海外市場も視野に入れたモデルだからだ。

 国内の大手自動車メーカーは、今や全収益の70%~90%を海外市場で得ている。日本市場はライバルが多く、また需要も減少の意図をたどっている。

 一方、海外市場で日本車は、高品質、高耐久な商品として信頼されており、多少価格が高くても需要がある。そのため、「5ナンバー」というローカルルールのある日本市場だけに向けて、SUVを作るようなことは、普通はしない。

ダイハツロッキー

 それが今回できたのは、「ロッキー/ライズ」の開発主が、日本国内市場をメインとする、ダイハツだからだ。

どのメーカーならばライズを止められるのか?

 そのため、日産やホンダが、5ナンバーサイズのSUVを、わざわざ国内市場向けに作ることは、残念ながらない。

 彼らの主戦場はあくまで北米や欧州、アジア圏である。国内の5ナンバーサイズの需要には、ノートやフィットといった5ナンバーコンパクトカーに任せ、伸び伸びとしたデザインのSUVは海外物を国内転写するにとどめるだろう。

日産ノート

 可能性があるとすればスズキだ。デザイン力と企画力に溢れたスズキならば、競合車となる「5ナンバーサイズSUV」を出してきてもおかしくはない。

 新型ハスラーをベースにした「5ナンバーSUV」を出してくるのでは、と筆者は予想している。

(クロスビーよりもハードなスタイルと走行性能を持ち、ジムニーシエラ(3ドアのみ)にはない5ドア仕様を持つ) 1.1リッターターボエンジンとマイルドハイブリッドを積み、軽快に走る事が出来る、200万円前後のSUVは、大いにありうる。

 ただそれには、タイムリミットがある。旬を過ぎれば、「5ナンバーサイズSUV」も見飽きられてしまうだろう。

 おそらく1年以内に「5ナンバーSUV」を登場させるスピード感で動いていないと、どのメーカーでも、ロッキー/ライズの快進撃を止めることなんて、できないだろう。

【画像ギャラリー】大人気SUV ロッキー&ライズをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ