新型アリア 新型エクストレイルほか 国内新投入の注目車7台全情報

 2020年7月28日、2021年3月期の連結最終損益が6700億円の赤字になりそうだとの見込みを発表した日産自動車。同3月期の6712億円に続く、大幅な赤字額だ。

 2期連続の巨額赤字にはお腹のあたりが冷え込む気持ちもするが、5月の会見での映像「NISSAN NEXT From AtoZ」で示された、日産の「これから」に期待する向きは、正直大きいのではないだろうか。

 企画担当的には、昨年8月の新型スカイライン発表時に感じた「新生日産」胎動への期待を、変わらず信じたい気持ちが強い。

新型スカイラインは「新生日産」を告げる狼煙(のろし)なのか?

 6月の中期的経営方針で示された新型車の概要と、これまでベストカーで独自に得ていた新型車開発スケジュールなどとを照らし合わせながら、日産が2023年度までに日本市場に投入してくる新型車の情報を整理した。今回ここでは、そのなかから7台を中心にお伝えしていきたい。

■2023年度までに日本市場投入がアナウンスされた12モデルの内訳
・e-POWER=6モデル(キックス含む)
・EV=3モデル
・内燃機関車=3モデル(ルークス含む)


■今後3年間で国内登場が目される日産の10モデル
・アリア
・エクストレイル

・フーガ
・フェアレディZ
・ノート
・軽EV(IMk)
・新型コンパクトミニバン
・セレナ
・IMQ
・エルグランド

【画像ギャラリー】アリアからエクストレイル IMQまで! 登場目される7モデルを中心に日産期待の新型車たちを詳報!!!

※本稿は2020年7月のものに適宜修正を加えています
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ