消滅するエスティマに対する現場の悲痛な叫び!! もう買えない??

証言1:首都圏トヨタ店

 エスティマはアルファードやヴェルファイアと違った商品性であり、同じコンセプトでフルモデルチェンジすれば必ず売れるようになると信じている。エンジンが古い2.4Lで、安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」も装備していないのであれば売りにくい。

トヨタはアルファードの販売好調に気をよくして、アルファードに一本化することを狙っているが、果たしてその思惑どおりにいくのか疑問視する声もある

 それでも根強いファンが存在し、生産中止が伝えられると最終モデルを買い求めてくれるお客さんが目に付く。

 よく売れている頃はアルファード、ヴェルファイアのトヨタ車同士が競合し、エルグランドやオデッセイなどとは滅多にぶつかることはなかったから、メーカーとしてはアルファードに一本化しても差し支えないとの判断があったものと思われる。

証言2:首都圏カローラ店

ノア/ヴォクシーからの上級シフトユーザーがエスティマを購入していたというが、手頃なサイズ感のエスティマはもうないとなるとトヨタも厳しいはず

 エスティマはこれまでノアの上級シフトユーザーの受け皿として手頃なサイズとコンセプトで人気が高かった。

 こちらの代わりは来年からアルファードになるようだが、すべてをカバーできない気がする。アルファードのほうが高過ぎるし、サイズも大きいから手が出せないユーザーが多いのではないかと考える。

 どうして現行エスティマをフルモデルチェンジしてくれないのか大いに疑問がある。現行モデルの売れ行きが悪いのは古くなっているからだ。モデルチェンジしアルファードのようなパワーユニットを積み、最新の「トヨタセーフティセンス」を装備すれば復活するのは間違いないと思う。

 スープラ、RAV4のように一旦生産中止しても近い将来復活させて再びヒットするようなモデルもあるのだから、エスティマも同じような道をたどればよいと希望している。

販売会社はエスティマが売れないのは手を入れていないから、と主張し、スープラが17年ぶりに復活したように、いったん休止後に復活することに期待を寄せている

★    ★    ★

 2019年いっぱいで消滅するトヨタ車としてエスティマのほか、マークXがあるが、この2車種では扱いが好対照なのが気になる。

 マークXは終了することを大々的に発表し、特別仕様車としてファイナルエディションも設定。それに対しエスティマは生産中止時期とともにオーダーストップまで早められるという始末。

 歴史の長さを考えると特別感はマークXとはいえエスティマの扱いが粗末すぎると感じている人も多いのではないだろうか。

現行エスティマの生産は2019年10月に終わりとなるが、次期モデルはMIRAIに続く燃料電池車の第2弾として登場するという噂は根強く存在しているから期待したい

 ファイナルエディションが設定されたマークXが今後復活する可能性がほとんどないだろう。それに対しひっそりと消滅することになったエスティマについてトヨタは消滅という認識は持っていないのかもしれない。

 モデル消滅して小休止後に復活するというケースは珍しくない。

 車種リストラにより合理化を推進するトヨタだから楽観視はできないが、これまでスクープしているとおり、燃料電池車として復活するための一時休止と考えられなくもない。

 エスティマの復活の可能性は充分にあると期待したい。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号