消滅するエスティマに対する現場の悲痛な叫び!! もう買えない??


 2019年、ついにこの時が来てしまった。トヨタのスタイリッシュミニバンとして人気を博したエスティマの消滅だ。次期モデルの存在が出ては立ち消えを繰り返し、結局トヨタはモデルを消滅させるという道を選択。

 エスティマの生産中止が明らかになるとネットでも騒然となったようにその影響は小さくない。

 これは販売の現場とて同じで、エスティマの消滅を惜しむ声は大きい。遠藤徹氏がトヨタの販売現場を直撃!!

文:遠藤徹/写真:TOYOTA、ベストカー編集部


すでに買えない店も出現

【画像ギャラリー】歴代エスティマの雄姿

 エスティマは当初2019年12月に生産終了といわれていたが、早まり2019年10月から、そしてさらに繰り上がり、7月末にオーダーストップとなった。

 9月上旬現在では在庫一掃セールが最終段階にあり、扱うトヨタ店、カローラ店の中には売り切れてしまい、見積書の作成もできない店舗も出始めている。

2016年のマイナーチェンジでこの顔になったエスティマ。7月末の時点でオーダーストップとなっていてすでに購入できない店舗もある

 最終モデルとして発注したアエラスプレミアム2.4Lスーパーホワイト2WD&4WDの在庫が首都圏地区を中心に比較的多くあり、これ以外だと極端に少なくなる。タイミングよく見つかればナビ、ETC付きで45万円以上の値引きが可能な状況にある。

 首都圏の扱い店であるトヨタ店、カローラ店によると、「エスティマはフルモデルチェンジして世代交代すれば、人気が復活できそうなモデルといえる。お客さんから新型車発売の要望が多いが、メーカーによれば残念ながら次期型の投入はないという。とりあえず2020年初めにアルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジし、トヨタ店にはアルファード、カローラ店はヴェルファイアが新たに扱い車と加わるので両モデルに引き継がれることになる」と説明している。

シートアレンジひとつとってもアルファード、ノア/ヴォクシーとも違う世界観を持っていたエスティマだけに消滅を惜しむ声は多数
2006年デビューだから2019年で13年が経過するがミニバンとしてのプロポーションの斬新さ、美しさはまったく衰えない。トヨタ車で別格の存在感がある

将来的にはアルファードとなる

 2020年5月には全国規模で従来の4系列店は全トヨタブランド車を扱うことになる。この時点でヴェルファイアがなくなり、アルファードに一本化される方向にある。したがってエスティマの将来的な後継モデルは当面アルファードということになる。

アルファード/ヴェルファイアは2021年にフルモデルチェンジが予定されていて、その時にアルファードに一本化。エスティマのユーザーの取り込みも狙う

 1~7月の登録累計は5598台で前年同期に比べて2.7%のマイナス、月平均800台にとどまっている。しかしながら7月単月だと851台で前年同月比36.2%の大幅な増加となっている。

「生産中止が既納ユーザーに伝えられ、代替えが増えたため」(首都圏トヨタ店、カローラ店)と分析している。

 現行最終モデルを購入したいのであれば、可能な限り多くのトヨタ店、カローラ店を回り買い得の在庫を探すのに限る。グレード、ボディカラー、特別装備のオプションパーツに限りがあるので、好みのタイプを選ぶ余裕はないから要注意だ。

エスティマを新車で欲しいと思っていてもオーダーストップで残り在庫が少なく、選択肢が限られてきている。もはや選考発注ぶんを狙うしかない状況

次ページは : 証言1:首都圏トヨタ店

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ