【ホンダe、アリア、ロッキー…】 東京モーターショー2019のみどころレポート!! 


 いよいよ11月4日(祝)18時で閉幕する東京モーターショー2019。開催概要はこちらをご参照いただくとして、本稿ではトヨタ、日産、ホンダなど各メーカーブース最大の見所を、ベストカーClub員の皆さんにそれぞれ紹介していただいた。

 なにしろ広大な東京モーターショー会場と各ブース。これを読んで「これを見にいこう!」と狙いを定めて遊びに行ってほしい。
文:ベストカーClub 写真:ベストカーClub、自工会、トヨタ


■ホンダブースのイチオシは「ホンダe」!!

ホンダ e(右ハンドルの国内仕様)

TEXT/涌村豊(ベストカーClub員)

 世界初披露となった新型フィット(市販型のフルモデルチェンジは2020年2月)も興味があったが、こちらは近所のディーラーでもすぐに並ぶと思い、年末にヨーロッパで先行発売されるホンダe市販モデルについて調査しました。

 以下、会場の説明員から聞けた「ホンダe」の概要です

・重量配分50:50、バッテリーを極力低くマウントしたリア駆動(RR)である
・フロントはエンジンが無く、軽いことからトラクションがリアのほうが掛かる
・リア駆動としたことでフロントタイヤが45度切れ、最小半径4.3mと軽四を上回る小回りを実現(=ドリフトもお手の物?)
・試乗しないとわからない、試乗するとすぐわかる楽しさ、スポーツ度
・雪道でのテストも十分、トラクションコントロールほか、電子デバイスでサポート+滑る楽しさもある

・1充電220㎞の連続航続距離は、電池の重量と大トルクモーターの出力特性で、スポーツカーを意識したもの
・重心が低いとサスペンションを硬くしなくてよい、ロールしない、乗り心地がイイ
・初代シビック、ゴルフをイメージしたツーボックスの不変なデザインを、2030年を見据えたものとし、男女区別なくカッコいいと思うスタイルを実現

ホンダe 運転席

・シートは適度に硬く、素材に拘る
・落ち着いた室内の雰囲気の内装
・ダッシュボードは横一列のモニターは運転者の視線に自然に溶け込むデザイン
・目線も他のモニターと一直線になるように配置
・パーソナルアシスタントが、なかなかいい
・双方向充電器で災害時の給電も可能
・ドアミラーはモニター&カメラ、ルームミラーも上位グレードではモニター&カメラ

■スバルブースの注目はやはり「次期レヴォーグ」

スバル 次期レヴォーグコンセプト

TEXT/石川一人(ベストカーClub員)

 以下、会場のスバル説明員より新型レヴォーグについて伺った内容です。

Q:ガラスが濃く中が見えないのですが、内装は出来ていないのですか?
A:そんなことはないのですが、発売が来年の後半を予定しており、まずはお客様に外観を観て感じていただくと言う趣旨です。

Q:シルバーの色合いが現行車と違うように感じますが
A:ショーでの見栄えを考えてショーでの展示車に用意した新色です。ただ、あくまで「今回はこの色で展示をした」と言うことなので、発売時もシルバーがこの色かはわかりません。

Q:プラットフォームが、やっとレヴォーグも刷新ですね。
A:はい。インプレッサ、フォレスターでは既に採用されていましたが、今回のレヴォーグでは新しいプラットフォームでやりたかったことがフル採用されているクルマになりました。期待していただきたいです。

 レヴォーグは、国内のスバルのラインナップではフラッグシップという位置づけなので、とても気合いの入ったクルマという印象を強く受けました。新しいエンジン・新しいアイサイトなど、期待値は上がるばかりで「早く乗ってみたいなぁ」と強く感じました。

 レヴォーグ以外では、大きなマイナーチェンジをおこなった新しいインプレッサも注目車で、外観だけでなく内装のパネルやメーターの文字、足回りのセッティングにも手が入っており、またディーラーへの展示車の配車はあまり進んでいないので、ぜひ東京モーターショーでのチェックをおすすめします(スバルブースは青海エリア)。

次ページは : ■ダイハツの「新型コンパクトSUV(ロッキー)」とファミリー向けのブース

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ