ハイエースの中古車事情に変化あり!! ミニバン界の雄は国内外で大人気!


■中古車相場は最安値更新中 一部ディーゼルモデルは注意が必要

 2020年6月上旬現在、現行型ハイエースバンの中古車の流通台数は約3200台。3カ月前の2020年3月上旬の時点では約2900台だったので、3カ月で300台も増加した。特にコロナウイルス感染が世界規模で拡大した4月から台数が増加しているのが特長だ。そして流通している中古車の走行距離は3カ月前の時点が約6.4万kmで、現在は約7万kmと延びている。

 このふたつの要素だけで、これまで海外に輸出されていた走行距離の延びたハイエースバンの中古車が海外の港が閉鎖されたため、国内市場に流入したことが想像できる。

 そこで、平均価格の推移を見てみると、3カ月前が約243万円だったが、現在は約227万円となり、3カ月で16万円の値落ちを記録している。平均価格の推移をもっと長いスパンで見てみると、2019年6月の時点での現行型ハイエースバンの平均価格は約230万円その後値上がりし、2020年2月にはピークの約243万円まで上昇。その後は一気に値落ちし、現在はこの1年で最安値を記録しているのだ。

こちらの写真をクリックすると「ハイエースバン(2014年以降)」の中古車情報が見られます

 現行型ハイエースバンの中古車の価格帯は約39万~約1065万円で、だいたい500万円を超えるクルマはキャンピングカーを含んだカスタムカーとなっている。グレードでは「2.0 スーパーGL」が約350台と最も多く、続いて約240台の「3.0ディーゼルターボ スーパーGLロング」、そして約200台の「3.0ディーゼルターボ DXロング」となっている。

こちらの写真をクリックすると「ハイエースワゴン(2014年以降)」の中古車情報が見られます

 2014年12月の一部改良以降で、人気の「2.0 スーパーGL」の中古車の価格帯は約140万円~予算200万円以下でも走行距離の少ない中古車が手に入る。ハイエースバンのディーゼル車は2007年8月以前のモデルは排気ガス規制により、都市部などでは登録できないので注意が必要だ。

 また走行距離が延びた中古車が多いのがハイエースバンの特長で、走行距離が多いことを気にするのではなく、どれくらいしっかりとメンテンナンスされているかどうかの確認が大切になってくる。

【画像ギャラリー】43年の歴史を持つ大人気車「ハイエース」を詳しくチェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ