現行セレナを買うのに最適な時機到来!! 値落ち傾向継続中!

 社内のゴタゴタに加えて、車種のモデルライフの長期化などにより、新車販売に危機感がある日産。

 その逆風の日産車のなかで、2019年の登録車の年間新車販売台数でコンパクトカーの「ノート」が第2位、ミニバンの「セレナ」が第6位にランクイン。この次となると、24位に「エクストレイル」なので、現在日産はノート、セレナに加えて、軽自動車の「デイス」「ルークス」が販売の中心車種という寂しい現状だ。

 しかし、セレナはトヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア3兄弟」、ホンダ「ステップワゴン」という強豪ひしめくクラスで最上位というのは、それだけ魅力があるということは間違いない。そこで、今回は販売開始から間もなく4年を迎える現行型セレナの中古車事情を紹介しよう。

文/萩原文博
写真/編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】検討している人はもう一度チェックしておきたい! 現行型セレナの詳細


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ