価格の高い人気のレクサスSUV 中古車になるとトヨタのSUVとの差はなくなる?


 2020年のトヨタ(ダイハツ、日野含む)の世界販売台数は950万台となり、VWグループの販売台数930万台を抑えて、世界一に返り咲いた。これだけの新車販売台数を実現する原動力となっているのは、営業力に加えてもちろん商品力がある。

 現在日本国内市場はSUVが人気となっているが、トヨタはライズをはじめ、ヤリスクロス、C-HR、RAV4、ハリアー、ランドクルーザープラド、ランドクルーザーそしてピックアップトラックのハイラックスまで充実したラインナップを誇っている。

 さらにプレミアムブランドのレクサスは最小サイズのUXをはじめ、NX、RX、LXを設定し、SUVのデパートといえるような品揃えとなっている。その一方で、価格帯こそ違うがボディサイズではトヨタブランドとレクサスブランドで車種がクロスオーバーしている。

 もちろんトヨタよりもレクサスのSUVのほうが価格は高いが、これが中古車になると、どうなるのだろうか? ハリアーやRAV4などトヨタの超人気車のほうが、レクサスのSUVより高くなっているということもありえる。

 そこで、今回はレクサスSUVとトヨタSUVの同じボディサイズで買取価格から中古車の価格帯はどれくらい違うのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ

【画像ギャラリー】トヨタとレクサスのSUV スタイルや内装を比較! 中古車の価格差はいかに…?


レクサスLX/トヨタランドクルーザー200

ランドクルーザーの上級モデルに相当するレクサスLX

レクサスLXの中古車情報はこちら!

現行のランドクルーザー(2007年~)

ランドクルーザー200の中古車情報はこちら!

 新車の時に、レクサスのほうが欲しかったのだけれど高くて諦め、トヨタのSUVにした……という人も多いのではないだろうか。

 今回、比較したのはプラットフォームが同一のレクサスLXとトヨタランドクルーザー、レクサスUXとトヨタC-HR。そして現行型のプラットフォームは異なるが、以前は同じモデルだった主力モデルのレクサスRXとトヨタハリアー。そしてほぼボディサイズが同じレクサスNXとトヨタRAV4という4車種で比較してみた。はたして、レクサスSUVのほうが中古になると高くなる逆転現象は起きるのだろうか?

 まずは各ブランドのフラッグシップモデルとなるレクサスLXとトヨタランドクルーザーから比較してみよう。2015年に登場したレクサスLXは国産SUVのなかで唯一車両本体か価格が1000万円を超えるプレミアムSUVだ。

 現在の車両本体価格は1135万6481円で、2列シート5人乗りと3列シート8人乗りを設定。搭載する5.7L、V8エンジンは最高出力377ps、最大トルク534Nmを発生するレクサスブランド最大排気量エンジンで、トランスミッションは8速ATが組み合わされる。

 一方のランドクルーザーは販売開始が2007年とトヨタSUVで最も古い。車両本体価格はエントリーモデルであるGXの482万6800円~ZXの697万4000円とレクサスLXの約半額だ。搭載するエンジンは最高出力318ps、最大トルク460Nmを発生する4.6L、V8で、トランスミッションは6速ATが組み合わされている。

 まずはレクサスLXとランドクルーザーの買取価格を比較してみる。3年落ちで今年車検を迎える2018年式ではレクサスLXが733万円。ランドクルーザーの最上級グレードZXが542万円。

 そして2度目の車検サイクルとなる2016年式では、レクサスLXが677万円、ランドクルーザーは541万円だ。もちろん新車価格が異なるので、残価率を出してみると、レクサスLXは2018年式が約64.5%、2016年式は約59.6%となった。

レクサスLXコクピット。レクサスSUVの最高峰に相応しいクオリティを誇る。搭載されるエンジンは5.7L、V8エンジンで最高出力377ps/534Nmを発揮する
現行ランクル200、ZXのコクピット

 一方のランドクルーザーの残価率は2018年式が約77.7%、そして2016年式が約77.5%となっている。残価率というのは人気の高いクルマほど高い数値となるので、レクサスLXでも十分高いが、ランドクルーザーは驚異的な数字であり、3年落ちと5年落ちの残価率がほぼ変わらないという結果となった。

 それぞれの中古車の状況を見てみると、レクサスLXの中古車の流通台数は約92台で、平均価格は約945万円。そして価格帯は約768万~約1390万円。

 一方のランドクルーザーは10年以上のロングセラーモデルだけに、流通台数は約154台。平均価格は約459万円で中古車の価格帯は約198万~約968万円と非常に幅が広く、新車価格を超えるカスタムカーも流通している。

レクサスRX/トヨタハリアー(旧型)

レクサスRX300

レクサスRXの中古車情報はこちら!

国内専用車として販売された3代目ハリアー(2013~2020年)

3代目ハリアーの中古車情報はこちら!

 続いては両ブランドのSUVの主力モデルといえるレクサスRXとトヨタハリアーだ。

 ハリアーは2020年にフルモデルチェンジを行い、TNGAを採用し、クーペスタイルのSUVへと進化しているが、まだ中古車市場の台数が少ないため旧型のデータとなる。

 現行型レクサスRXは2015年に登場。2017年には3列シート仕様のRX450hLを搭載した。日本導入モデルは現行型で2代目だが、海外展開されているモデルは4代目となり、初代と2代目は日本ではハリアーとして販売されていた。

 搭載されているパワートレインは450hが最高出力262ps、最大トルク335Nmを発生する3.5L、V6ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステム。

 そしてRX300は最高出力238ps、最大トルク350Nmを発生する2L、直4ターボエンジンを採用。トランスミッションはハイブリッド車がCVT、2Lターボ車は6速ATで、車両本体価格は524万~796万円。

 一方の旧型ハリアーは2013年~2020年に販売されていた先代(2代目ハリアー)まではレクサスRXと同じモデルだった。

 しかし先代ハリアーは国内専売車として、レクサスRXとは全く別のクルマとなったが、スタイリッシュなデザインで人気が高く指名買いをする人が多いのが特徴。

RX300には2L、直4ターボエンジン(最高出力238ps/350Nm)を、RX450hLには3.5L、V6ガソリンエンジン+モーター(最高出力262ps/335Nm)を搭載
旧型ハリアーの質感の高いインテリア。エレガンス以上のグレードには本革シートをオプション設定。搭載されるエンジンは2L、直4エンジンと2.5Lエンジン+モーターのハイブリッド。2017年6月には2L、直4のターボ仕様を追加

 搭載するパワートレインは2L、直4エンジンをはじめ、2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドそして、2017年6月に行われたマイナーチェンジで追加された最高出力231ps、最大トルク350Nmを発生する2L、直4ターボの3種類。車両本体価格は300万4100円~504万5700円だった。

 まず現在の買取価格だが、レクサスRXは450h Fスポーツ4WDの2018年式は約480万円、そして2016年式は約403万円だ。

 一方のハリアーはハイブリッドのプログレスメタルアンドレザーパッケージで調べてみると、2018年式が約253万円、2016年式は約202万円(プレミアムアドバンスドパッケージ)だった。

 残価率はレクサスRXの2018年式は約61.3%、2016年式は約51.5%。一方のハリアーは2018年式が約50.1%、2016年式は約44%となっている。

 一見するとかなり開きがあるが、レクサスRXが現行型なのに対して、ハリアーはフルモデルチェンジを行い先代であることを考えるとこの差はもっと縮まるのは間違いない。

 現行型レクサスRXの中古車の流通台数は約460台と豊富で、平均価格は約504万円。そして中古車の価格帯は約328万~約880万円となっている。

 旧型ハリアーの中古車の流通台数は約3000台と非常に豊富で、平均価格は約259万円。中古車の価格は約148万~約485万円とフルモデルチェンジしてもあまり値落ちが進んでいない。これは人気が高いということを示している。

次ページは : レクサスNX/トヨタRAV4

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ