新型ランクルが8月登場なのに900万円オーバーも 現行ランクル200中古車高騰のなぜ?

新型ランクルが8月末登場なのに900万円オーバーも 現行ランクル200中古車高騰のなぜ?

 歴代モデルが、「値落ちしにくいクルマ」として日本だけでなく世界でも抜群の人気を誇るトヨタランドクルーザー。

 すでにインターネット上には新型の外観写真などが流出しているが、2021年6月9日20時30分(日本時間6月10日2時30分)に中東トヨタが新型ランドクルーザーを発表。

 日本では2021年8月末にフルモデルチェンジを予定しており、2007年9月に登場した200系と呼ばれた現行ランドクルーザーが、約14年振りに世代交代を行うのだ。

 しかし、そんな状況のなかにあって、現行ランドクルーザー200の中古車が高騰している。すでに2021年1月に受注が終了し、3月末に生産も終了。

 間もなく新型ランドクルーザー300が出るのになぜ中古のランドクルーザー200が高騰しているのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/トヨタ 

【画像ギャラリー】約14年ぶりにフルモデルチェンジする新型「ランクル300」と現行型「ランクル200」の写真をまとめてチェック!!


■新型ランクル300はどうなる?

世界初公開された新型ランドクルーザー300
ランドクルーザー300のリアスタイル。新型になりテールランプの形状が横長タイプに変更された

★ベストカーweb記事「世界初公開されたランドクルーザー300」

 すでに、ベストカーwebでも紹介しているが、新型ランドクルーザーはプラットフォームやパワートレインを一新。

 ボディの骨格にはTNGAのGA-Fプラットフォームを採用し、ボディサイズは変わらないものの車両重量は先代モデルに比べて、約200kg軽量化を実現している。

 搭載するエンジンはV8が廃止され、最高出力309ps、最大トルク700Nmを発生する3.5L、 V型6気筒ディーゼルツインターボと最高出力417psを発生する3.5L、V型6気筒ガソリンツインターボの2種類。今回、ハイブリッドの発表はなかった。

 組み合わされるトランスミッションは10速ATとなり、気持ち良い走りを実現する。乗車定員は5人乗りと7人乗りが設定され、最上級グレードのZXは、リニアソレノイドAVSをはじめ、VDIMに加えて、リアデフにトルク感応式LSDを採用し、フレーム車の枠を超えたオンロード性能を実現。

 また、ランドクルーザーシリーズ史上最高と呼ばれるオフロード性能を達成したGR-Sはリアデフロックに加えて、ランクル100系で廃止されたフロントデフロックを標準装備。

E-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)の採用により接地性向上

 さらにE-KDSSという電子制御によって前後サスペンションのスタビライザーを制御し、路面状況に合わせてスタビライザー効果を変化させ、オフロードの走破性と乗り心地そして安全性をすべて叶えたデバイスを導入。

 ランクル80系を超えるタイヤの浮きにくさと優れたサスペンション収縮性を実現している。加えて、トヨタ初の装備として、指紋認証システムによるセキュリティの対策強化、3Dマルチテレインモニターを採用している。

新型ランクル300のコクピット。洗練された最新のトヨタデザインを採用。先進機能を付与した最新の予防安全パッケージ、トヨタセーフティセンスを採用。クラストップレベルの安全性能を誇る
ランクル200のコクピット。クオリティの高い作りに定評がある

■ランドクルーザーの中古車は今どうなっている?

2021年1月に受注が終了し、3月末に生産終了した現行ランドクルーザー200

★ランドクルーザー200の中古車情報はこちら!

 一般的なクルマの場合は、新型車の登場がアナウンスされると先代モデルをはじめとした中古車は値落ち傾向となるのであるが、さすが「値落ちしにくいクルマ」の1台であるランドクルーザーの中古車相場は泰然自若だ。

 そこで、今回は新型ランドクルーザー登場を間近に控えたタイミングで、現行型の200系ランドクルーザーの中古車相場の動きをチェックしてみよう。

 現在、200系ランドクルーザーの中古車は約154台流通していて、中古車の平均価格は約459.6万円。価格帯は約220万~約1250万円となっている。

 2021年式、走行距離500km以下の「おろしたて中古車(またが登録済み未使用車」は約5台流通していて、約593万~約1250万円。最高値の中古車はドレスアップ済車で、これを除いても約939万円と新車価格を大きく上回るプレミアム価格となっている。

 平均価格の推移を見ても1カ月前は約430万円、そして3カ月前は約420万円と値上がり傾向となっているのだ。

 モデルチェンジすると値落ち傾向となることが多いが、新車販売台数ランキング上位のモデルはフルモデルチェンジ直前に先代モデルの在庫を中古車として大量に市場に放出することが多く、一時的に値上がり傾向となる。

 しかし、200系ランドクルーザーの場合は、このような「おろしたて中古車」は数台程度に留まっているにも関わらず、値上がり傾向となっている。これはV8エンジンが廃止されることや3月で新車の生産が終了されたことなど様々な要因によるものと考えられる。

次ページは : ■長いスパン、半年前から1年半前はどうだったのか?