スバルWRX STIを中古で買うなら歴代でいつのモデルが狙い目か


 「スバリスト」と呼ばれる濃い口なスバルファンから、今も昔も熱烈に支持されているスバル WRX STI。だがそれは、スバリストというほどではない「普通のクルマ好き」にとっても、大いに魅力的な存在だ。

 とりあえず生産終了となっているため新車での購入は(今のところ)不可能だが、ちょうどいい感じの中古車を手に入れ、毎日楽しく乗り回してみたいのである。

 だが当方はあいにくディープなスバルマニアではないため、代を重ねながら長らく生産されたWRX STIの「どの世代」を買えばいいのかが、イマイチよくわからない。

 そのため、SUPER GT BRZ GT300公式応援団長でもあるスバリストな自動車ライター、マリオ高野氏の助言を仰ぎながら、「今、中古車としてちょうどいい塩梅のWRX STIは果たしてどれなのか?」ということを探っていくことにしよう。

文/伊達軍曹
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】いまやレジェンド!「WRX STI」の登場から20余年の変遷を見てみよう!!


■ざっくりだと4世代に大別できるWRX STI

 まずは、スバル WRX STIというクルマのざっくりとした世代分けから。

 ちなみに、スバリストではない一般人向けにあえてざっくり行うので、細かな抜けはどうしても生じる。それゆえ「あのモデルが載ってないぞ!」みたいなマニアックで野暮なツッコミは、今回はどうかご遠慮願いたい。

●初代(GC型)|1992年11月~2000年8月

 「スバル インプレッサWRX」として登場。EJ20型エンジンの最高出力は当初240psで、1996年9月のマイナーチェンジで280psに到達。

初代GC「WRX」はWRCでの活躍で一気にブレイクしたモデルだ。今も六連星や555、故コリン・マクレー氏のステッカーを貼ったWRCカーをオマージュしたオーナーも多いモデルだ。写真はバージョンIII

●2代目(GD型)|2000年10月~2007年6月

・2000年8月に2代目インプレッサが登場し、WRX STiはやや遅れて同年10月24日に発売。最高出力280psで、変速機は6MT。当初のヘッドランプは丸目。

2代目GD型。問題? の初期の丸目フェイス。WRCに勝つため、ボディや駆動系の剛性アップが図られた。ちなみに今もスバル高性能車のシンボルカラー「WRブルー」は丸目に始まった

・2002年11月、フェイスリフト。ヘッドランプが「涙目」になり、STiは等長エキゾーストを採用。

表向き「フロント周りの空力改善」でいわゆる「涙目」に変更。丸目が不評で大幅改良となったことは間違いない。フードインテークやリアスポイラーも大型化され、WRカーのイメージに寄せてきた

・2005年6月、二度目のフェイスリフトでヘッドランプが「鷹目」に。STIの表記がすべて大文字となり、速度計は260km/hスケールに。

さらにフロントグリルが3分割され「鷹目」にチェンジ。車両としてはラリーイメージが前面に出ていたが、実際のWRCの成績は丸目以降は下降線をたどってしまった

●3代目(GR型)|2007年10月~2014年8月

・2007年6月、3代目インプレッサ(GH型)は5ドアハッチバックになって登場。その後WRX STI(GR型)はやや遅れて同年10月発売。最高出力は280psを超えて308psに。

3代目WRXはハッチバックで登場。ホイールベースの延長とリアオーバーハングの長さが改善され活躍が期待された矢先、WRCのワークス活動の撤退が決定(2008年)。それでもグループN等プライベーターでは圧倒的な戦闘力を誇った

・2009年2月、2.5Lターボ(300ps)+5速ATの「WRX STI A-Line」発売。

・2010年7月、4ドアモデル(GV型)を追加。カタログ等での表記では、車名からインプレッサがなくなって「スバル WRX STI」に。

追加モデルとして投入された4ドア。差別化のためかインプレッサの名が取れ、そのまま次世代にも受け継がれた

●4代目(VAB型)|2014年8月~2019年12月

 フルモデルチェンジで4代目に。さまざまな年次改良を重ねたのち、2019年10月にWRX STIとしての最後の特別仕様車「EJ20 Final Edition」を発売。その後、販売終了。

EJ20ファイナルエディション。プレミアもついて販売価格は800万円! と、もはや買っても、乗るより愛でるクルマと化してしまった。新型を待つのが吉だろう

 以上のとおり超ざっくり分けると「全部で4世代あるWRX STI」のなかから、今、中古車として買うならどの世代を選ぶべきか? というのが本稿の主題である。

■WRXは全モデルとも価格は上昇中。VABは特に高騰中

 で、ここから先はスバリストのマリオ高野氏にご登場いただくことにしよう。

――ということでマリオさん、ぶっちゃけどの世代が中古車としてはお薦めなんですか?

マリオ氏 WRX STIの中古車相場は昨今、世代を問わず全般的に上がってしまっています。なかでもVAB、つまり最後の世代は特に高騰していますので、「お買い得」とは言い難いですね。

――EJ20 Final Editonだと800万円以上ですし、そうではないフツーのVABでも350万円ぐらいはするみたいですね?

マリオ氏 はい、高いんですよ。しかし最終世代のWRX STIは今後もたぶん、大きく値落ちすることはありません。そのため、リセールも含めて考えるなら「決して高くはない」とも言えるのですが……やっぱり高いですよね(笑)。

――マリオさんも乗ってらっしゃる一番最初の世代、いわゆるGC8はどうですか?

マリオ氏 まったくお薦めしませんね! なぜならば、今やあまりにも古すぎて「メンテナンス地獄」に陥るからです! いや私は重度のスバヲタですので、あえてGC8をレストアしながら乗っていますし、大満足もしています。しかし、普通の人にはまったくお薦めできません(笑)。

GC型はもともとノーマルのスポーツバージョンが出発点。そこにWRCのイメージが着いてどんどん進化していったモデル。耐久性はいまひとつだった。今となっては「好きでないと乗れない」クルマだ

――なるほど(笑)。ではマリオさん的なお薦め世代は?

マリオ氏 ズバリ2代目(GD型)が、普通の方がこれから中古車として買う場合にはいいのではないかと思います。

――2代目というと、新車当時はスバルマニアから「肥大化した!」みたいな感じで非難されていた記憶もありますが?

マリオ氏 そうなんですが、それはあくまで2000年代前半の感じ方であって、2021年の今見ると、GD型は「普通に小ぶりで軽快なクルマ」なんですよ。スカイラインのR33型もそうじゃないですか? 新車当時は「デブになった」とか言われましたが、今見ると普通に小ぶりですよね?

 2代目のWRX STIもそんな感じです。そしてこの世代は、エンジンとトランスミッションの耐久性が大幅に向上したのもポイントです。

――初代の耐久性はイマイチだったんですか?

マリオ氏 初代は「打倒ランエボ!」みたいな感じで目先のパワー競争に執着したため(笑)、ハッキリ言って耐久性は今ひとつでした。

――2代目のWRX STIというとヘッドランプが「丸目→涙目→鷹目」と変わっていきましたが、そのなかのどれを選ぶといいですか?

マリオ氏 前期型の「丸目」は不人気だったため、今や中古車の数も激少です。そのため現実的な選択肢とは言えないでしょう。そして後期型の「鷹目」は、いいクルマなんですが、VABなどと同様に相場が上がってしまっています。

――ということは?

マリオ氏 ということで、中期型の「涙目」がいいんじゃないかと思いますね。タマ数も豊富ですし、内装の質感なども前期型と比べればずいぶん向上しています。また先ほども言ったとおりエンジンとトランスミッションの耐久性も上がってますので、チューニングのためのベース車としても使えると思いますよ。

――相場的には今、いくらぐらいでしょう?

マリオ氏 世代全体の相場は130万~350万円といったところです(※限定車を除く)。おおむね200万円前後のゾーンに、狙い目の個体が多いと思います。

次ページは : ■歴代STIではお薦めはGD型。価格も比較的手の届きやすい

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ