新型登場・価格判明で旧型にも注目!! 歴代フェアレディZ 中古車購入ガイド

新型登場・価格判明で旧型にも注目!! 歴代フェアレディZ 中古車購入ガイド

 今年1月に開催された東京オートサロンで、日本市場に導入される新型フェアレディZが公開。6月下旬から発売する240台限定特別仕様車の696万6300円という価格も発表された。本日4月25日には、カタログモデルの全グレードの価格も発表されている。

 型式はZ34のままなので、形式上は「ビッグマイナーチェンジ」となるが、外観デザインだけでなく、搭載するエンジンも3L・V6ツインターボと一新。しかし、車両価格はエントリーグレードでも524万1500円と新型はかなりお高め。

 であれば、中古車のフェアレディZはいくらほどの価格で、どんなクルマが狙えるのか? 歴代Zの最新中古車事情を紹介する。

●日産 新型フェアレディZ 価格一覧 ※いずれも税込
・フェアレディZ(6MT/9MT-ATx)…524万1500円
・同 Version S(6MT)…606万3200円
・同 Version T(9MT-ATx)…568万7000円
・同 Version ST(6MT/9MT-ATx)…646万2500円
・同 Proto Spec(6MT/9MT-ATx)…696万6300円

※本稿は2022年3月のものです。中古車流通量の目安は、★:30台以下、★★:50台以下、★★★:100台以下、★★★★:299台以下、★★★★★:300台以上、執筆時点のデータです
文/萩原文博、ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年4月10日号

【画像ギャラリー】歴代フェアレディZの価格・流通量・デザインをギャラリーでチェック!(15枚)画像ギャラリー

【CHECK 1】6代目(2008~2022)整備記録簿をチェックして、いい中古車を探したい!

Z34型の新車時価格は362万5500〜651万9700円

●6代目Zの基本解説

 2008年12月にフルモデルチェンジを行い、Z34型フェアレディZが登場。先代のシャシーを流用しているものの、ショートホイールベース化と大胆な軽量化により運動性能を向上。

 搭載するエンジンは3.7L・V6自然吸気で、世界初のシンクロレブコントロール付6速MTと7速ATが組み合わされた。

 2009年には電動開閉式のソフトトップを採用したロードスターを追加。専用開発されたパーツにより、ルーフを開けた時のリアスタイルの美しさは絶品だ。

●中古車購入ポイントは?

 現在、6代目Zの中古車の流通台数は約316台。価格帯は約105万〜628万円となっている。また、ロードスターの中古車は約25台しか流通しておらず、価格帯は約220万〜420万円だ。

 注意点としては、特にMT車はハードに走られている個体もあるので、メンテナンスの頻度がわかる整備記録簿でしっかりと確認したい。

●中古相場:約105万〜628万円/流通量:★★★★★

【CHECK 2】5代目(2002~2008)100万円以下から選べて中古車らしい“うまみ”あり!

●5代目Zの基本解説

 Z32型が2000年に生産終了となり、2年のブランク後、2002年に5代目となるZ33型フェアレディZが登場。プラットフォームを一新し、搭載するエンジンは3.5L・V6自然吸気のみだ。

 2by2はなく、2シーターのみとなったが、2003年に電動開閉式ソフトトップを採用したロードスターを設定した。6年間に約25万台を販売したヒットモデルだ。

●中古車購入ポイントは?

 新車販売台数が好調だった5代目Z。中古車の流通台数は約457台と歴代モデルで最も多く、価格帯は約26万〜412万円。オープンモデルのZロードスターも約62台流通していて、価格帯は約55万〜398万円となっている。

 100万円以下で購入できる中古車が最も多いモデルだ。しかしコンディションは良し悪しがあるので、オイル漏れなどに注意したい。

●中古相場:約26万〜412万円/流通量:★★★★★

次ページは : 【CHECK 3】4代目(1989~2000)ターボはオーバーヒートが弱点で狙い目はNA車か?

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ