新車アルファードが買えなくなってきた今こそ考える、新車のいいところ中古のいいところ

大人気車アルファード、中古のほうがいいこと、新車のほうがいいこと

 2023年にフルモデルチェンジを行うという噂が出ているトヨタアルファード。現行モデルは2015年の登場から7年が経過しているが、2021年の年間新車販売台数で9万5049台も販売し、第4位にランクインしている。

 現在、アルファードの新車の納期は半導体不足によりナビゲーションやディスプレイオーディオの生産が追いつかず、ガソリン車、ハイブリッド車ともに6~9カ月となっている。

 ここでは、大人気ミニバンのアルファードを購入するとしたら、新車と中古車どちらがいいのか、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみる。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】現行型アルファードの詳細を画像で紹介(9枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ