将来高騰必至!! 「タイプR」を買うなら今でしょ!! 中古車市場のシビックR

歴代シビックタイプR中古車事情

 2022年7月21日、9月から販売開始される予定の新型ホンダシビックタイプRが世界初公開された。通算5代目のシビックタイプRは、ピュアガソリンエンジン車として最後のタイプRと予想されており、爆発的な人気となるのは必至だ。

 新型シビックタイプRの車両本体価格は500万円を切るという噂もあり、納車までの期間は長期となりそう。そこで、ここでは新型シビックタイプR登場を記念して、これまでのモデルを振り返りつつ、各モデルの最新の中古車事情を紹介する。

文/萩原文博、写真/本田技研工業株式会社、萩原文博

【画像ギャラリー】歴代シビックタイプRの詳細を画像で紹介(12枚)画像ギャラリー

リッター当たり116psを実現した初代モデル

初代シビックタイプRのフロントスタイル

 「EK9」という型式で呼ばれ、現在でも人気の高い初代シビックタイプRは1997年8月に登場。スポーティハッチバックとして高く評価をされているシビックをベースに走りの楽しさと運動性能を徹底追求した3 ドア・FFスポーツモデルだ。

 シビックタイプRは操る歓びを実現させるために、パフォーマンスロッドの採用などによるボディ剛性の強化をはじめ、車高ダウン、低重心化、ハードチューニングサスペンションの採用。トルク感応型ヘリカルLSDの搭載そしてタイプR専用ブリヂストンポテンザRE010タイヤを装着し、優れた旋回性能と安定性、制動力を確保し、人車一体感のある走りを実現している。

 搭載するエンジンは最高出力185ps、最大トルク16.3kg-mを発生する1.6L直列4気筒DOHC VTEC。当時自然吸気エンジンとして世界最高峰の高出力、リッター当たり116馬力を実現し、ドライバーの意志に即応する高出力、高回転域の痛快な伸びと加速感の良さを実現した。

 さらに、高速安定性を高める空力パーツ(前・後アンダースポイラー&リアスポイラー)をはじめ、ホールド性を高める真っ赤なレカロ社製バケットシート(可倒式)とコーディネイトしたインテリア、ショートストロークチタン削り出しシフトノブなどスパルタンなテイストと洗練された外観&コクピットデザインを採用しドライバーの気持ちを高揚させる装備を満載しているアグレッシブなモデルだ。

 現在、初代シビックタイプRの中古車は、約67台流通していて、平均価格は約269.3万円。中古車の価格帯は約169万~約498万円となっている。

 約1年前の2021年8月当時、初代シビックタイプRの中古車は約53台流通していて、平均価格は約294.3万円。中古車の価格帯は約177.8万~約798万円だったので、良質な中古車が減った影響などで、値落ち傾向となっている。

英国生まれの逆輸入タイプR

歴代シビックタイプR中古車事情
2代目シビックタイプRのフロントスタイル

 開発コンセプトは“Dangan(弾丸) Hot Hatch”という2代目のシビックタイプRは2001年10月に登場した。シビックタイプRの特徴である「走る・曲がる・止まる」という高い基本性能と、力強さを表現したデザインを誇るエキサイティングな3ドアハッチバックとして登場。

 この2代目シビックタイプRはホンダ車として初めて、英国・Honda of the U.K. Manufacturingで生産され、日本に輸出されるモデルであるのが特徴だ。
外観デザインは“ニュー・ブリットフォルム”をテーマに、エアロフォルムバンパー(フロント/リア)、ストレイキ一体型のサイドシルガーニッシュ、大型テールゲートスポイラーなどの専用パーツを標準装備し、エキサイティングなハッチバック・スタイルを追求。

 弾丸をイメージした個性的で存在感、躍動感のある力強いデザインの中に空力性能を最大限に盛り込み、高速走行時に優れた走行安定性を引き出すエアロダイナミックなフォルムを実現している。

 また、ボディはスポーツ走行時の応答性と限界性能の向上を目指し、ボディ骨格部材の約60%に高張力鋼板を使用。軽量化、ならびに徹底した高剛性化を図った新骨格ボディを採用。加えて優れた運動性とユーティリティを高次元で両立させる3ドアハッチバック専用のパッケージングとなっている。

 大人2名が十分にくつろげるリアシートをもつ広い室内空間を持ちながら、オーバーハング部を徹底的に短くし、高い運動性能を実現。また、ショートノーズながら、世界最高水準の衝突安全性を実現する高効率なパッケージングが特徴だ。

 インテリアは“ダイレクトドライビング”をテーマに、ドライバー優先のスポーティーでパーソナルな空間を創出。個性的なインパネ配置のアルミシフトノブは、操作性向上のため、形状、ストローク、操作荷重に至るまできめ細やかにチューニングされている。

 搭載するエンジンは、高回転時に吸・排気バルブタイミング・リフト量を切り替えるVTECと、吸気バルブタイミングの位相をエンジン負荷に応じて連続的に制御するVTC(Variable Timing Control)を組み合わせた最高出力215ps、最大トルク202N・mを発生する高回転・高出力型2.0L 直列4気筒DOHC i-VTEC。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTで、クラッチには超軽量鍛造クロムモリブデン鋼フライホイールを採用し、俊敏なエンジンレスポンスと鋭い加速性能を実現している。2004年1月にマイナーチェンジを行い、内外装を変更すると同時に盗難防止効果の高いイモビライザーを標準装備した。

 現在、2代目シビックタイプRの中古車は約42台流通していて、平均価格は約155.5万円。中古車の価格帯は約79.8万~約248万円だ。

 約1年前の2021年8月当時は約27台流通していて、平均価格は約132.6万円。中古車の価格帯は約98万~約248.9万円だった。中古車の流通台数の増加に伴い値上がり傾向となっている。それでも歴代シビックタイプRの中では最もリーズナブルなモデルだ

次ページは : シリーズ唯一の4ドアセダンのタイプR

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ