ランエボ、STI、セリカGT-FOUR…全盛期だったWRCベースマシンは今が狙い目!


 ついにWRC、ラリージャパンの日本開催が決まった。開催日時は、2020年11月19~22日、愛知県内&岐阜県内にて開催される。

 ラリージャパン開催ということで、ランエボやインプレッサWRX STI、セリカGT-FOURといった、昔懐かしい往年のWRCベース車両たちを思い出した人も多いことだろう。

 これをきっかけにしてWRCベース車両が欲しいと思った人もいるハズ。思い立ったら吉日、ということで、往年のWRCベース車は、今いくらで買えるのか、中古車相場を徹底調査した。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部

■Rally Japan開催概要 ( 2019年10月10日現在)
・開催日時 2020年11月19〜22日(予定)
・大会名称 Rally Japan
・開催エリア 愛知県内(名古屋市・岡崎市・豊田市・新城市・長久手市・設楽町)および岐阜県内(中津川市・恵那市)の公道
・メイン会場 愛・地球博記念公園(長久手市:通称モリコロパーク)

【画像ギャラリー】栄光のWRC参戦マシンの雄姿


ランサーエボリューションV 

■中古車相場:80万~200万円
■1998年1月発売 総生産台数7617台
■2L、直4ターボ:280ps/38.0kgm

全幅1770mmというワイドボディを初めて採用したエボV
エボV GSRのコクピット。当時国産280psスポーツカーのなかで抜群の加速性能と走行安定性をみせつけた

「全盛期のWRC」というフレーズで思い出される国産車はインプレッサ/ランエボ/セリカGT-Fourなわけだが、まずは三菱のランエボから紹介していきたい。

 1998年シーズン途中からWRCに投入されたランサーエボリューションVは、市販車に比較的近い「グループA」規定の車両でありながら、改造範囲がかなり広いWRカーたちを向こうに回して計4戦で優勝。

 三菱としては初となるマニュファクチャラーズタイトルを獲得するとともに、エースドライバーだったトミ・マキネンはドライバーズタイトルを獲得した。

 そんなランエボVの市販バージョンは全幅1770 mmのワイドボディを初採用し、前身であるランエボIVより2kgm大きい38.0kgmの最大トルクをマーク。

 現在の中古車相場は、走行距離が延びている個体は80万~150万円といったところだが、距離少なめなモノだと200万円前後。ミントコンディションな(超程度がいい)物件は400万円近くの値札が付くことも。

ランサーエボリューションVI

■中古車相場/80万~250万円
■1999年1月発売 総生産台数7594台
■2L、直4ターボ:280ps/38.0kgm

エボVをベースに、さらに高次元な細部の熟成によるポテンシャルアップを図るとともに1999WRCラリーレギュレーションへ対応するための外観変更を含めた内外観のリフレッシュを図るため開発された。空気抵抗および冷却性能、またフロントリフトの改善を目的として、ナンバープレート位置を中央から左側に変更、フォグランプの小径化などによる前面開口部形状の拡大、リアウイングの2段化で空力が改善
前モデルのエボVで、硬めにセッティングされた足回りが街乗りには向かないことが不評であったため、フロントサスのロールセンター軸をエボV比で30mm低く設定することで、多少ソフトなセッティングに変更。しかし競技目的には向かず、全日本ラリーなどではエボVに勝つことができないという珍現象が起こった

 ランサーエボリューションVIのワークスマシンは翌1999年シーズンの第1戦「ラリー・モンテカルロ」からWRCにフル参戦し、その年は計5戦で優勝。

 トミ・マキネンは前年に続いて見事ドライバーズタイトルを獲得したが、マニュファクチャラーズタイトルは惜しくもトヨタが獲得するに至った。

 で、1999年1月に発売されたランエボVIの市販バージョンはエンジンのパワー&トルクこそエボVと同じだが、冷却系の改善により耐久性が向上し、競技用グレードである「RS」にはチタンアルミ合金製タービンが採用された。

 またナンバープレートの位置を中央から左側に変更されたことや、リアウイングが2段化されたことなどもランエボVIの特徴となる。

 現在の中古車相場は「ランエボVよりちょい高いぐらい」というニュアンスで、距離が延びている個体は80万~160万円ぐらい、走行距離が比較的短めの個体は170万~250万円あたりが目安となる。

次ページは : ランサーエボリューションVI トミー・マキネンエディション

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ