ランエボ、STI、セリカGT-FOUR…全盛期だったWRCベースマシンは今が狙い目!

ランエボ、STI、セリカGT-FOUR…全盛期だったWRCベースマシンは今が狙い目!

 ついにWRC、ラリージャパンの日本開催が決まった。開催日時は、2020年11月19~22日、愛知県内&岐阜県内にて開催される。

 ラリージャパン開催ということで、ランエボやインプレッサWRX STI、セリカGT-FOURといった、昔懐かしい往年のWRCベース車両たちを思い出した人も多いことだろう。

 これをきっかけにしてWRCベース車両が欲しいと思った人もいるハズ。思い立ったら吉日、ということで、往年のWRCベース車は、今いくらで買えるのか、中古車相場を徹底調査した。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部

■Rally Japan開催概要 ( 2019年10月10日現在)
・開催日時 2020年11月19〜22日(予定)
・大会名称 Rally Japan
・開催エリア 愛知県内(名古屋市・岡崎市・豊田市・新城市・長久手市・設楽町)および岐阜県内(中津川市・恵那市)の公道
・メイン会場 愛・地球博記念公園(長久手市:通称モリコロパーク)

【画像ギャラリー】栄光のWRC参戦マシンの雄姿


ランサーエボリューションV 

■中古車相場:80万~200万円
■1998年1月発売 総生産台数7617台
■2L、直4ターボ:280ps/38.0kgm

全幅1770mmというワイドボディを初めて採用したエボV
エボV GSRのコクピット。当時国産280psスポーツカーのなかで抜群の加速性能と走行安定性をみせつけた<br>
エボV GSRのコクピット。当時国産280psスポーツカーのなかで抜群の加速性能と走行安定性をみせつけた

「全盛期のWRC」というフレーズで思い出される国産車はインプレッサ/ランエボ/セリカGT-Fourなわけだが、まずは三菱のランエボから紹介していきたい。

 1998年シーズン途中からWRCに投入されたランサーエボリューションVは、市販車に比較的近い「グループA」規定の車両でありながら、改造範囲がかなり広いWRカーたちを向こうに回して計4戦で優勝。

 三菱としては初となるマニュファクチャラーズタイトルを獲得するとともに、エースドライバーだったトミ・マキネンはドライバーズタイトルを獲得した。

 そんなランエボVの市販バージョンは全幅1770 mmのワイドボディを初採用し、前身であるランエボIVより2kgm大きい38.0kgmの最大トルクをマーク。

 現在の中古車相場は、走行距離が延びている個体は80万~150万円といったところだが、距離少なめなモノだと200万円前後。ミントコンディションな(超程度がいい)物件は400万円近くの値札が付くことも。

次ページは : ランサーエボリューションVI

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ