ハイパワー4WDマシン 6代目ギャランVR-4はいまいくら? 全国に5台! 絶滅危機か!?


 40代以上のクルマ好きのおじさん世代にとって、三菱といえば、ラリーやWRCという印象が強いはずだ。

 今でも多くの三菱ファンには、ランサーエボリューションがWRCを席捲した当時の記憶が脳裏に焼き付いているのはないだろうか。

 しかし、ランエボ前夜に、三菱WRCの基礎を築いたギャランの“Victory Runner 4WD”こと、VR-4のことを覚えている人はどれだけいるのだろうか?

 ギャランVR-4は、1987年10月、6代目ギャランに設定されたモデルで、当時最強の直列4気筒ターボエンジンに、ハイテク技術を結集した4WDシステムを搭載して、大人気となった。

 また、WRCのトップカテゴリーがグループAへ移行した時期と重なったこともあり、競技ベース車としても用意され、WRCでは篠塚健次郎選手によるWRC日本人初優勝を含む6度の優勝を獲得している。

 ギャランVR-4としては、280ps(ATは250ps)の2.5L、V6ターボエンジンや先進装備のAYCやASCが搭載された8代目ギャランVR-4(1996年~2002年)もよく知られているが、今回はラリーの印象が強い、6代目ギャランVR-4を取り上げてみた。

 はたして6代目ギャランVR-4は今、いくらで買えるのか? 中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカーWeb編集部 三菱

【画像ギャラリー】ハイパワー4WDマシン、ギャランVR-4を写真でチェック!


ラリージャパンが11月に開催!

篠塚建次郎選手がWRC日本人初優勝を遂げたのはギャランVR-4だった

  2020年11月19~22日、日本で10年ぶりに北海道から東海地方(愛知県、岐阜県)へと舞台を移してラリージャパンが開催される予定。

 コロナ禍で今後の予定はどうなるかわからないが、今のところ変更はないとのこと。今後は、WRC熱が盛り上がっていくと期待している。

 現在、国産メーカーではトヨタ1社がヤリスでWRCに参戦しているが、昭和から平成にかけては、日産、マツダ、三菱、スバルと多くの国産自動車メーカーがWRCに参戦し、輝かしい結果を残してきた。

 国産車がWRCで結果を残したというとトヨタセリカ、スバルインプレッサWRX、そして三菱ランサーエボリューションが思い浮かぶはず。

 特に1990年代に圧倒的な強さを発揮したインプレッサとランサーは改造範囲の狭いグループA規定を見据えて生産されたモデルであり、搭載されたエンジンがスバルはレガシィ、三菱はギャランVR-4によって鍛えられたのは間違いない。なかでもギャランVR-4は6度も優勝を飾るなど輝かしい結果を残している。

 ギャランVR-4はラリーで活躍した6代目ギャラン以外にも、1996年~2002年まで販売された8代目ギャランVR-4がラインナップしていた。

 280ps(ATは260ps)の2.5L、V6を搭載し、AYCやASCなど当時の先進技術を投入したモデルだったが、6代目ほどの人気を得ることができず、VR-4は2002年に販売終了。そして2005年12月、ギャランシリーズは、36年におよぶ日本国内の販売を終了することになった。

 今回は、ラリーのイメージが強い6代目ギャランVR-4にスポットを当て、今、中古車で手に入れることはできるのか、現在の状況を調べてみた。

1996年8月〜2002年9月まで販売していた8代目ギャランVR-4も名車の誉れが高かったが、販売は苦戦。2005年、日本におけるギャラン全体の販売が終了

国産ハイパワー4WDターボの元祖

1987年10月に発表されたギャランVR-4。発表された当時、205psターボを搭載し、ハイテク満載のハイパワー4WDとして人気となった

 1987年10月に発表され、12月に発売されたギャランのトップグレードであるVR-4は4WD、4WS、4輪ABSといった当時最新のデバイスを装着した。搭載されるエンジンは三菱を代表する名機、2L直列4気筒ターボの4G63型。

 このギャランVR-4こそが、ラリー用のプロトタイプで終わったスタリオン4WDラリーの意志を受け継いだ国産ハイパワー4WDターボの元祖で、1989年にデビューするスバルレガシィRSや日産スカイラインGT-R(BNR32)に2年先行してのデビューにより、大ヒットとなったのだ。

 MT車のデビュー当初の最高出力は205psだったが、1989年のマイナーチェンジで220psへパワーアップ。

 そして、1990年の一部改良で、タービンの変更やインタークーラーの大型化などにより240psへと出力が向上している。

 この4G63型エンジンと4WDシステムはランサーエボリューションに受け継がれ、市販車だけでなく、WRCでも大活躍する。

 三菱のラリーというとWRCのランサーとパリダカのパジェロのイメージが強いが、実はギャランも数々の栄光を手にしている。

 ギャランは1988年(本格参戦は1989年)~1993年のシーズン途中までWRCに参戦したのだが、6度優勝している。

 そのうちの2回は1991年、1992年のコートジボアールラリーで、日本人ドライバーの篠塚建次郎選手によるものだった。

 ドライバーやメイクスといったタイトルは獲れなかったものの、高いポテンシャルをギャランは発揮していたのだ。

 ベース車となった市販モデルのVR-4は標準モデルに加えてラリー専用車として、VR-4RやVR-4RSという限定車も設定。

 また、1989年のマイナーチェンジ時には4G63型2L直列4気筒自然吸気エンジンをAMGがチューニングしたギャランAMGモデルも設定。

1989年に設定されたギャランAMG

 さらに、1990年1月には前年のWRC RACラリー優勝記念モデルである2.0ターボスーパーVR-4という特別仕様車が設定された。

 1990年10月の一部改良ではVR-4モンテカルロを設定。そして、1991年にはVR-4RSをベースに、AMGと同じボディカラーを採用し、オートエアコンや電動リアスポイラーを採用したVR-4アームドバイラリーアートが発売されるなどVR-4ファミリーとしては多彩なラインアップを誇っている。

 1992年5月になると、ギャランは3ナンバーボディに一新して上級化を図った第7世代に移行する。同時に、ラリー直系のスポーツセダンという特性はランサーエボリューション(1992年9月発表)に引き継がれた。

 VR-4をイメージリーダーに、アグレッシブなスタイリングを持つ高性能なスポーツセダンとしてユーザーを魅了した6代目ギャラン。

 そのインパクトの強いキャラクターは、後に「歴代モデルのなかで最もギャランらしい世代」とファンから称賛されるようになった。

1990年に発売されたギャランVR-4モンテカルロ

次ページは : 全国にVR-4の在庫車はたった5台しかない!?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ