新型YZF-R7の2気筒は和製ドゥカティ!? 次は3気筒のYZF-R9で何を目論む?

新型YZF-R7の2気筒は和製ドゥカティ!? 次は3気筒のYZF-R9で何を目論む?

 「速さから楽しさへ」従来型から価値観を180度振ったヤマハの新型YZF-R7が発売された。エンジンは並列2気筒ながら、走らせてみると純粋にファンライドが満喫できるスーパースポーツの新たな可能性が感じられるものだった。

 既報の通り、新型YZF-R7の次には新型YZF-R9も控えているという情報もある。昨今のスーパースポーツはどのようなトレンドになっているのか? 新型Rシリーズの動向を通して探ってみたい。

文/市本行平、写真/YAMAHA、DUCATI、HONDA

【画像ギャラリー】新型YZF-R7=異形のスーパースポーツをマニアック解説(13枚)画像ギャラリー

新型YZF-R7は和製ドゥカティと言われたTRX850の後継

 1980~1990年代に「レプリカ」と呼ばれたフルカウルのスポーツバイクは、現在はスーパースポーツと呼ばれている。新型YZF-R7はこれの最新機種となり、日本のメーカーに従来なかったコンセプトで、新たな楽しみを提案している。

 新型R7は、乗ってみるとドゥカティを思い出させる走りを見せてくれた。2気筒エンジンの大型スーパースポーツは近年の日本メーカーで久しぶりの新作で、あまり比較対象がないことから「ドゥカティっぽい」という印象になったのだろう。

 ヤマハは並列2気筒ながらドゥカティが採用する90度V型2気筒(Lツイン)と同じ爆発間隔の「CP2」エンジンを2014年にリリース。今回スーパースポーツに初めてCP2エンジンを組み合わせることで、新型YZF-R7はドゥカティを彷彿とさせる走りとなったのだ。

 実は、CP2エンジンは1995年のヤマハ・TRX850がルーツとなり、実はTRXこそ元祖和製ドゥカティと言えるもの。新型R7はこれの後継モデルに位置づけられるだろう。

99万9900円という並列4気筒スーパースポーツよりも大幅に安価で発売されたヤマハの新型YZF-R7。並列2気筒688ccのネイキッドモデル「MT-07」をベースとすることでコストを抑えている
99万9900円という並列4気筒スーパースポーツよりも大幅に安価で発売されたヤマハの新型YZF-R7。並列2気筒688ccのネイキッドモデル「MT-07」をベースとすることでコストを抑えている
ヤマハが1995年に発売したTRX850は、並列2気筒エンジンのクランクシャフトを90度捩ることで、Lツインエンジンと同じ爆発間隔にした。さらにトラスフレームでドゥカティと同じ構成としている
ヤマハが1995年に発売したTRX850は、並列2気筒エンジンのクランクシャフトを90度捩ることで、Lツインエンジンと同じ爆発間隔にした。さらにトラスフレームでドゥカティと同じ構成としている
TRX850がお手本にしたと思われる1990年前後のドゥカティモデル。レースベースの851(写真)や空冷エンジンのSS900などと同じトラスフレームをTRX850は採用。今見ると外観もTRXと似ている
TRX850がお手本にしたと思われる1990年前後のドゥカティモデル。レースベースの851(写真)や空冷エンジンのSS900などと同じトラスフレームをTRX850は採用。今見ると外観もTRXと似ている

次ページは : 新型YZF-R7はドゥカティを超えたオリジナリティを持つ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号