日産シルビアはどこが凄かったのか? こんな車はもう出せない!!

 30年前、「コンパクトでカッコいいFRクーペ」といえば、真っ先に浮かぶのが、日産シルビアだった。

 今でも、30代から40代のクルマ好きや海外のスポーツカーファンの間ではシルビアの人気は高く、中古車業界では高額で取引されている。

 これほどまでに愛されているクルマシルビアとは、何が凄かったのだろうか。

 文:吉川賢一、写真:日産、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】歴代シルビアを振り返る


S15型シルビアの特徴は?      

 FRレイアウトのスペシャリティカーであったシルビアは、7世代あるうちのどの側面を切り取っても面白いのだが、今回は筆者の記憶に色濃く残る7代目のS15型シルビアについて、その魅力を振り返ってみよう。

5代目シルビア(S13)は歴代シルビアのなかでも最も人気の高いクルマだった。
6代目でのボディサイズが大きくなった。

 ボディサイズを大型化したことで不人気となった6代目シルビアの反省から、5ナンバー枠へダウンサイジングして1999年1月に登場したのが、7代目のS15型シルビアだ。

7代目シルビア

 NAモデルがスペックS、ターボモデルはスペックRと名付けられ登場した。スペックS のSR20DEは、2.0リットル直列4気筒NAエンジンで165ps/19.6kgfm、5MTであった。

 また、スペックR用のSR20DETは、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンで250ps/28.0kgfm、6MT。AT仕様も用意されたが、販売の主力としては、スポーツカーテイストの溢れるマニュアルトランスミッションの方だった。

 インテリアには、運転席側のAピラーにターボのブースト計(※NAは油圧計)が設置され、走りの雰囲気を盛り上げるのに貢献していた。

シルビア インパネ

 後席はエマージェンシー時の乗員用として、くぼみの付いたクッションが備わってはいたが、まったく実用的ではなく、荷物置き場と化すか、チューニング車ではもれなく外されてしまうシートだった。

 6代目シルビアの失敗をうけ、大刷新して登場したS15型シルビアだったが、時代はコンパクトカーやミニバンが大流行を始めた時代でもあり、コアなファンにはヒットしていたものの人気が再び復活することはなかった。

どこが凄かったのか? 

 何といってもS15の魅力は、そのボディスタイルであろう。

 つり目型のヘッドライト、低く構えたノーズ、FRクーペらしいボンネット長とキャビンのバランス、フェンダーのふくらみ、大型のテールランプなど、シルビア好きが好みそうなポイントをしっかりとおさえていた。

 車幅は1695mmと幅が狭いながらも、リアのフェンダーや、サイドのボディパネルの造形によって小さなボディには見えないのは、シルビアの魅力のひとつだった。

肥大化で失敗した6代目シルビア(S14)

 肥大化で失敗したS14型のボディスタイルを、誰もがカッコいいと思えるS15型のデザインに修正してきたのには、デザイナーのセンスとスキルの高さが伺える。

 そして、未だに人気がある理由としては、自分でカスタマイズしたくなる弱点が、S15にはあることも挙げられる。S15はデザインやエンジンのポテンシャルは高いのだが、どこかに自分で手を入れたくなる隙がある。

タイヤをインチアップしたりと自分好みで調整可能だった

 S15を手に入れたら、まずはタイヤをインチアップして、車高調を入れて、エアロパーツを付けて、エンジンのパワーアップをして…といったように、S15は、カスタマイズをする楽しみを持っていたクルマだった。

 よく言われることだが、今の時代のスポーティカーは、最初からメーカー純正のカスタマイズカーが設定されているなど、ユーザーが改造を入れ込む余地が殆ど無いクルマが多い。

 速く走るためのスペックは、もちろん大切なのだが、愛車に手をかけてますます好きになっていくというクルマ文化が昨今は失われてしまったように思う。

まとめ

 次期型シルビアの話題は、雑誌やWEB媒体で何度も出てくる。それだけファンが待ち望んでいるということであろう。

 日産の中で具体的なFRクーペ構想があるのかは分からないが、持てる技術を何でもかんでも織り込んで100点満点を追い求めすぎると、高級なシルビア像しか出てこない。

 標準タイヤなんて16インチでもいいのだ。プアなタイヤサイズに対して、ユーザーがカスタマイズする意欲が湧くようにすればよい。

 ファンはこうした遊び心が欲しいのだ。

 【画像ギャラリー】歴代シルビアを振り返る

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ