【続々と失墜!! なぜ手を染める!?】北米重視になった名門車と売れなくなる事情

 日本で生まれ、多くのファンの心をつかんでいた名門車たち。しかし、時代の変化によって海外市場(特に北米)を主戦場とするべく改良を行った結果、ホンダ「アコード」「シビック」、日産「スカイライン」など、日本での販売が低迷してしまったというモデルがある。

 北米や新興国の市場が、国内よりも新車販売が活況なことを考えれば、経営戦略として海外に力をいれることは決して間違ってはいない。しかしその反面、国内でのファン離れが加速していることもデータから見て取れる。

 なぜ海外での販売を意識したモデルは、日本で売れなくなるのか? 日本でセダン市場が縮小しているなど以外にもあったその要因を、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA、NISSAN、SUBARU

【画像ギャラリー】復活を期待したい! 海外向けに舵を切ったことで日本での存在感を失ってしまった名門車たち


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ