水だと腐る? 1回補充すると何回使える? 意外と深いウォッシャー液の使い方


 間もなく梅雨の季節を迎えますが、愛車のウインドウウォッシャー液(以下ウォッシャー液)はどれくらい入っているか把握していますか?

 雨ざらしで長期間駐車した青空駐車のクルマのウインドウや、まさに新緑の今にありがちな、高速道路を走った際に小さい虫が当たってこびりついてしまったフロントウインドウなどは、ウォッシャー液がないとキレイになりません。そんな時にウォッシャー液が入っていないと困りますよね。

 そもそもウォッシャー液をいつ補充したのか覚えていないという人や、ウォッシャー液がなくなっても水を入れればいいやと思っている人はいませんか?

 そんな人のために、水道水や家庭用洗剤を薄めた水でも代用できるのか、何回使うとタンクにウォッシャー液がなくなってしまうのかなど、ウォッシャー液の正しい使い方を改めて紹介していきましょう。

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部 Adobe Stock

【画像ギャラリー】タイプ別お薦めのウインドウウォッシャー液を写真でチェック!


いざという時のためにウォッシャー液点検のススメ

長期間、青空駐車していたり、高速道路で虫がフロントウインドウにあたってこびりついたりするとウインドウォッシャー液でないと取れないことが多い

 いざ使おうと思った時に切れていて困るモノにウォッシャー液がある。雨でも降らないかぎり、運転の度に毎回使うものではないだけに、たまに使っていると前回補充した時からどれだけ使っているかなんて、ほとんどの人は意識していないはずだ。

 使い切らなくても、わずかに残った状態でウォッシャー液が切れてしまった時のリスクが2つあるのをご存じだろうか。

 1つはウォッシャー液の噴射と連動してワイパーが作動するので、ワイパーがウインドウを乾拭きすることになり、砂粒などの硬い粒子とウインドウガラスをこすりつけてしまい、ウインドウにワイパー状のキズを付けてしまうことになる。

 もう1つはウォッシャー液を噴射させるポンプは作動時にウォッシャー液自体が潤滑や冷却も行なうので、空打ちしてしまうとポンプの寿命を縮めてしまう危険性があるのだ。

 もちろんウォッシャー液が出ない原因は、タンクが空になったのではない場合もある。

 ノズルやホースの目詰まりなども原因になるが、だからといって出ないウォッシャーを何度も作動させようとするのは、解決にはならないからやめた方がいい。

ウォッシャー液のタンク容量はどれくらい?

ウォッシャータンクの容量はクルマにもよるが2~5L。1回の噴射につき10㏄消費する

 特に欧米ではクルマの視界確保に対する要求が日本より高く、ユーザーのレポートも重視されてきた風土があるためにウォッシャータンクの容量は確保する必要がある。

 そのため、エンジンルームをコンパクトにしたいエンジニアは、どうにかしてウォッシャータンクの容量を確保するべく、サイドメンバーの下やフロントフェンダーの内部にタンクを設け、注入口だけエンジンルームまで延ばしている、というパターンも多い。それだけウォッシャー液は地味ながら重要なアイテムなのである。

 大抵のクルマで2~5Lの容量を確保している。容量が少ないのはクルマが小さく、リアウインドウにワイパーを装備していない仕様に多く見られる。

 容量が大きいのは比較的サイズが大きいクルマや寒冷地仕様車やヘッドライトウォッシャーを装備しているクルマ、さらにはメンテナンスの頻度が少なめなビジネス車(乗りっ放しにされてもある程度耐えられるよう)に使われるようだ。

 ただし、軽自動車はスペースの関係もあってタンク容量は少なめで、特にハイトワゴンの場合フロントウインドウの面積が広く、ワイパーが大きい割にタンク容量が小さいので、意外と早くウォッシャー液を使い切ってしまうので注意が必要だ。

 例えば平均的な4Lのウォッシャータンクをもつクルマの場合、1回に10ccのウォッシャー液を噴射させると400回は作動できることになる。

 1日1回毎日使っても1年以上は無補充で使い続けられると思ってしまうが、実際はもっと早い期間に使い切ってしまうことがほとんどだ。

 なぜなら、大抵は1回ウォッシャーを作動させただけでは十分に汚れを解消できず、何度か噴射させることになるハズだ。

 最初にウォッシャーを作動させると、ワイパーが連動して動いてウォッシャー液をガラス面に広げながら汚れを拭っていくが、1回数秒間の噴射ではワイパーの作動範囲全体までウォッシャー液が行き渡らず、中途半端に汚れが残ってしまったり、塗り広げられてしまう。

 そのためワイパーが作動している状態でさらにウォッシャー液を噴射させてワイパーの届く範囲全体をしっかり濡らして汚れを落とし切るからだ。

次ページは : ウォッシャー液は家庭用洗剤で代用できる?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ