新型MX-30今秋導入! 混迷のマツダSUV戦略 住み分けできるか?


 マツダは2020年7月31日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された自動車イベント「オートモビルカウンシル2020」で、MX-30のマイルドハイブリッドモデルを発表。

 しかし気になるのは、EVモデルを投入するということで、国内でも注目されていたのだが、ここにきて主力をマイルドハイブリッドとして、EVはリース販売にとどめると正式アナウンスを出したことだ。

 さらに気になるのが、国内にCX-3、CX-30とすでに似たようなサイズのSUVラインナップがあるマツダ。ただでさえ、CX-3がCX-30との差別化に一時失敗し、そのパイを奪われたのに、なぜまた似たようなガソリンモデルを投入するのか?

 差別化を図るのであれば、MX-30はEV専用車として登場させるべきだったのではないだろうか? マツダがなぜこのような戦略をとったのか、今後のマツダに求められる変化とともに考察していく。

文/渡辺陽一郎
写真/MAZDA、編集部

【画像ギャラリー】どう差別化していくのか!? 発売が待ち遠しい注目SUV「MX-30」の詳細をチェック!!


■EVはあくまで欧州用!? なぜ似たようなサイズ感ばかり? マツダの戦略の不安

 マツダは東京モーターショー2019で、「MX-30」を世界初公開した。「マツダ初の量産電気自動車」と紹介され、欧州ではすでに正式発表されている。

 欧州向けのファーストエディションは、35.5kWhの駆動用リチウムイオン電池を搭載した電気自動車で、1回の充電により約200kmの走行が可能だ。価格はイギリス仕様を日本円に換算して約382万円になる。

 この価格は、40kWhのリチウムイオン電池を搭載した日産「リーフX」(381万9200円)と同等だ。1回の充電で走れる距離は、リーフがWLTCモードで322km、MX-30は約200kmと短いが、外観はSUVスタイルだ。中央のピラー(柱)をドアに内蔵させた観音開きとするなど、MX-30はリーフとは違う特徴を備える。

オートモービルカウンシルの会場で公開されたMX-30「e-SKYAVTIV G」。全体のフォルムはCX-30にも近い印象となっている
RX-8と同様の観音開きドアを採用したMX-30。基本的な部分は先行公開されたEV仕様と同様だ

 そこで日本でも電気自動車のMX-30が発売されると思われたが、2020年の秋に登場するのはマイルドハイブリッド仕様だ。直列4気筒2Lガソリンエンジン(スカイアクティブG)に、スカイアクティブXなどと同様のマイルドハイブリッド(Mハイブリッド)を組み合わせる。電気自動車仕様も登場するが、「2020年度中(2020年3月末まで)にリース販売を開始する予定」とされ、主力はマイルドハイブリッドになる。

 MX-30のボディサイズは、全長4395×全幅1795×全高1550mm(電気自動車仕様は1555mm)、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2655mmとされ、既存のマツダCX-30と比べると、全長/全幅/ホイールベースは同じ数値だ。全高もCX-30が1540mmだから、MX-30はわずか10mm高いに留まる。

 マツダにはCX-3も用意され、このサイズは全長4275mm、全幅1765mmだ。MX-30やCX-30に比べて少し小さいが、いずれも全長は4400mm以下。つまりマツダには、MX-30、CX-30、CX-3と3車種のコンパクトSUVがそろう。

 これらのうち、CX-30とCX-3は、ボディサイズが少し違うもののメカニズムに共通点が多い。2Lガソリンエンジンと1.8Lクリーンディーゼルターボは、両車ともに搭載する。

1.5Lガソリンモデル投入で、CX-30との差別化に成功した「CX-3」
販売好調の「CX-30」。ディーゼルやSKYACTIV-Xを主軸に据えたミドルサイズクロスオーバーだが、販売サイドとしては似たようなモデルが増え、売り方に苦心しそうだ

 そしてCX-30は2019年に登場したので、2015年に発売されたCX-3の後継車種に見えてしまう。次期CX-3は、CX-30との違いを明確にするようだが、少なくとも現時点では、魂動デザインとプラットフォームを刷新したCX-30が新型、CX-3は先代型に位置付けられる。

 そこにマイルドハイブリッドのMX-30まで加わるとわかりにくい。マイルドハイブリッドは、今ではガソリンエンジンの付加機能になり、特別なメカニズムではない。マイルドハイブリッドをノーマルエンジンと比べた時の燃費上昇率も、一般的には6~12%程度だ。

新パワートレインの名は「e-SKYACTIV G(イースカイアクティブジー)」。直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に、独自のマイルドハイブリッドシステム「M-HYBRID(エムハイブリッド)」を組み合わせた

 従ってMX-30をエコロジーを重視した新しい価値観のSUVとするなら、マイルドハイブリッドでは弱い。せっかく観音開きを備えたボディ、コルクを使った開放感の伴う内装など特徴を備えるのだから、電気自動車のみの設定にした方が世界観を表現しやすい。

■販売店も悩む差別化 どのように個性を感じさせるのか

 そこで販売店にMX-30について尋ねると、以下のような返答だった。

「MX-30に関して、2020年8月上旬時点で詳細な内容をメーカーから聞いていない。発売時期も2020年秋という漠然としたものだ。MX-30のボディサイズはCX-30と同等で、エンジンも2Lマイルドハイブリッドが中心になる。売り分けるのは難しいが、従来の魂動デザインには独特の個性がある」

「お客様によって好き嫌いが分かれるが、MX-30の外観は、CX-30とは印象がかなり違う。観音開きのドアも備わり、CX-30やCX-3が馴染みにくいお客様に適するかも知れない」

 今後の展開として、マツダはMX-30を皮切りに、新しいシリーズを構築するのだろう。今のマツダ車は、先代CX-5以降、外観がどれも似ている。マツダのホームページにアクセスして「カーラインナップ」の一覧を見ると、CX-3/CX-30/CX-5/CX-8の外観はどれもソックリだ。

 ここまでクルマ造りが硬直化すると、マツダファンはすべてのマツダ車を受け入れても、そうでない人には全部拒絶されてしまう。その結果、今のマツダの国内販売は伸び悩み「魂動デザイン+スカイアクティブ技術」の採用を開始した2012年以前の台数に届いていない。マツダは走行関連から安全面まで、優れた技術力を備えるのに、主にコンセプトとデザインに基づいて好調な売れ行きに結び付いていない。

「魂動デザイン」を初めて採用し、2010年に発表されたコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」

 この問題を解決するには、もうひとつの新しいシリーズを用意するのが効果的だ。その出発点がMX-30になる。2012年の時点で2つのシリーズをそろえたら、マツダのイメージが曖昧になったが、魂動デザインが浸透した今なら両立できる。

 現在用意されるマツダ2/3/6と、SUVのCXシリーズ、ロードスターは、すべて従来の魂動デザインに基づく。チーターなどの野性動物が獲物を追いかける時の生命感、躍動感がモチーフで、サイドウィンドウの下端を後ろ側に向けて持ち上げた。前輪駆動車でも後ろ足を蹴り上げるイメージで、ドライバーとの一体感に重点を置いた走りも表現されている。

こちらが魂動デザインを表現したデザインモチーフ。チーターなどの野性動物が獲物を追いかける時の躍動感と言われると、そう見える

次ページは : ■将来的にはコンパクトカー構想も… 今後どう変わるか? マツダのデザイン戦略

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ